乃南アサ『ボクの町』

乃南アサ_ボクの町
乃南アサ『ボクの町』 (新潮文庫)

乃南アサの警察小説(と言ってよいのか?)、『ボクの町』を読みました。

警視庁城西署・霞台駅前交番に巡査見習いとして赴任した高木聖大は、研修初日から警察手帳に彼女のプリクラを貼っていたことがバレるような、今風のドジな若者。道案内、盗難届の処理、ケンカの仲裁などに追われるが、失敗の連続でやる気をなくしていた。が、所轄の同期見習いが犯人追跡中に大ケガを負ったことで俄然、職務に目覚める。聖大の成長をさわやかに描くポリス・コメディ!

主人公がチャラい。非常にチャラいよ!


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

乃南アサの、女刑事・音道貴子シリーズは大好きです。氏の作品でそのシリーズ以外の作品を読んだのは今回が初めて。
街の交番という着眼点と作者らしい木目細かな描写は非常に素晴らしいです。刑事でも鑑識でもなく内勤でもキャリアでもない、町の治安を守る交番勤務の巡査。かっこいい場面や派手なシーンは無くとも丁寧に日常を綴ることで物語を進める。その様子が興味深く読めますし、詳細な取材力にも驚かされますね。

ただちょっと長いかな。「所轄の同期見習いが犯人追跡中に大ケガ」という、転機となる事件の発生が物語の終盤なので、そこに辿り着くまでに散々チャラ男の我儘っぷりを堪能するハメになります(笑)。私はそこそこ楽しめましたけど。
しかし、別に正義感に燃えて改心するわけじゃないんですよねー。たまたま一緒に犯人捜索することになった婦人警官に惚れて燃え上るってんだから少々興醒め。この主人公の奮起シーンがエヴァンゲリオンみたいなんだわ(笑)。碇シンジ君(=主人公)とアスカ(=婦人警官)って構図。婦人警官・小桜巡査、しっかり「馬鹿じゃない?」って言いますし。
あんたバカぁ? 「あんた、バカぁ?」
本作終了時点では、今後小桜先輩との仲が進展しなかったらまた元のチャラ男に戻って「自分は警察官に向いてないから辞めようかな」って言い出しかねない雰囲気が漂ってますね聖大くん。続編があるみたいですが、さてどうなっていることやら。


しかし、「あのピアスの穴を開けている若いお巡りさん」(=主人公のこと)って市民から言われる場面が何回かあるんですが、そんなに(付けてない状態の)ピアスの穴って直ぐに気付いて人を表す特徴になるもんですかね?
スポンサーサイト

COMMENT 0