D_Drive@厚木Thunder Snake

Glowlamp presents "Shall We Pop?" vol.12 2nd Mini Album 「ナナイロシンドローム」 Release Party!! 厚木Thunder Snake (2013/3/23)

菅野美穂結婚の報に未だ動揺しまくる管理人、D_Driveのライブを観に行ってきました。場所は彼らお馴染みのハコ、厚木Thunder Snake。このライブハウス、音響は良いし、ステージは高くて観やすいし、スタッフはテキパキ転換速いし、と都内からの距離が遠いことと分煙されていないこと以外は素晴らしいハコ。あ、飲み物の種類は、私ソフトドリンクしか頼まないのでよく分からないっす。
この日は上手最前列で待機。


D_Drive
この日の出番は6バンド中5番目。事前情報で、この日はYuki姫(Gt)作曲の新曲を披露するとのことでした。ワールドプレミア(笑)。
Thunder Snakeお馴染みのシャッタ-が上がると、あら、メンバーが後ろ向きじゃなくって正面向きでスタンバっている。そしてHyper Drinvng HighM16という定番の流れでなく、いきなりのキラー・チューンRussian Rouletteで始まるゥ!ズキュゥゥゥゥン!高血圧気味になったらD_Driveのライブ行けなくなっちゃうなぁ、興奮してどっかの血管切れちゃうよ。続いてAmong the DistractionScrew Driverという完全“攻撃モード”の選曲。イイネ!
で、お次は「緊張します」とのMCからDrive in The Starry Nightと題された新曲へ。お、メインリフはキャッチーでやや乾いた感じ。アメリカっっぽいドライブ感を感じます。NAMMショーでアメリカ行った体験が曲作りに影響してるかな?(←適当ぶっこき) でも彼らのこと、シンプルな疾走感に留まらないテクニカルなオカズをちょいちょい入れてくる感じか。凄いのがメインリフの裏のDr。何ナノこのよく分からない複雑なパターン!鬼畜ドラム・Chiiko!いや、鬼畜なのはそれを要求する作曲者か!?(笑)そしてリフの後、わけわからない程様々な展開が待っていました。バラード調のパートやBaも含むソロパート、ツインによる怒涛のタッピング…etc…。とても1回じゃ把握できませんし、演奏する側もこりゃ覚えるだけで大変だわ。キャッチーですぐ耳に馴染むタイプの曲ではないように思いますが、ラスト、メインリフに回帰して(彼らにはやや珍しく)大仰にキメて終わる楽曲の演奏しきった感/聴き終わった感は、なかなかお腹一杯。ま、初めて1回聴いただけなんで、いい加減な印象ですが(汗)
Among the Distractionを聴いてから、楽曲制作の“変態度”に関しては「Yuki>>>>>>>Seiji」だと薄々感じておりましたが、この日確信いたしました。Yuki姫の書く曲の方がえげつないです(笑)
新曲披露の後、ラストはM16。この曲のメインリフが開けた後の、Yuki姫が歩き回りながらメロディライン弾くところめっちゃ好きー。この動き、オッサンがやったら酔っぱらった千鳥足にしか見えないかもしれませんが、やる人がやりゃファッションショー的にもなるのですよ。この曲で締めるというのも“攻め”のセットリストを象徴しているようですね。短いながらも超充実の5曲でした。
この日、Seijiさんと花粉症Shimataroさんはフジゲンモデルで通して、Yuki姫はフジゲンとKuhlを使い分けていましたね。音響良好、足元の機材も(前の方なら)見える、厚木Thunder SnakeでのD_Driveのライブは楽器をプレイする人ならとても興味深く観れるのではないかな、と思います。私は別にバンドとハコのマワシモノではありませんが。好き勝手マワシテるだけです。
あ、この日のファッションチェック(笑)、全身黒Yuki、Sexyモードでした。


つ・い・き♡
  ↓
気になったバンドを簡単に紹介。

Over Limit Emblem
初見。ソリッドなメロコア系バンド。Gtがヴォーカルも担当するトリオ編成。なかなかタイトな演奏で、サビではBaとDrもコーラスを担当、GtソロではいきなりHR/HM色が前に出てくるのが特徴かな。小太り気味(笑)のBaの人のパフォーマンスが強烈で、とにかく落ち着きがない(笑)。お母さんから「じっとしててッ!」って怒られたタイプだな。痙攣気味に演奏していたかと思いきや、所狭しとウロウロ動き回ったり、観客を煽ったり、ベース回ししたり、ハァハァして汗拭いたり…。ボクサーが試合の為に減量するかの如く、そのステージパフォーマンスの為に増量してるんじゃないか、って疑うほどの芸人っぷり(褒めてる)。長身ロッカー風のVo&Gtとのキャラ立ちの対比も秀逸。曲もキャッチーで覚えやすいし、良いバンドだと思います。もうすぐ1stミニアルバムを発表するよう。


GREEN EYED MONSTER
以前渋谷REXでのイベント(その時もD_Driveと対バン)で観たことあったバンド。厚木出身なんだね。Over Limit Emblemと同様メロコア系のバンド(女性VoがGt兼任のツインギター編成4人組)ですが、こちらはメロディやバンドの発する雰囲気が完全に陽性。前回観た時も観客を巻き込むエネルギッシュかつ真摯なパフォーマンスが印象的でしたが、うん、良いバンドですね。メンバー自身がめちゃめちゃ楽しそうにプレイしてるのがとても素敵。何だかライブハウスのステージを学園祭のステージに変えてしまうような、そんな空気を発する。よく言われる「学園祭レベルの…」と揶揄されるような意味では勿論なくって、楽器を始めた頃のトキメキをそのまま届けてくれるようなバンド。ストップ&ゴーのメリハリがついてくるともっと良くなると思うなぁ。


Glowlamp
本イベントの主催バンド、初見。やたらキュートで可愛い女性Voを擁するバンド。曲調はポップスですが、演奏陣がセッション等で活躍する実力者揃いらしく、単なるポップスに留まらないアイデア豊富でボトムの効いたサウンド。特に、ロックギターではないものの多彩なプレイが光るGtは良いですね。カッティングが超小気味いいし、短いながらソロではタッピングも披露したり。元JUDY AND MARYのYUKIに似た声質で歌われるメロディはキャッチーで、フロアを上手くノせるパフォーマンスもあってなかなか楽しめました。電車の時間の関係で、アンコールは見れずに退散。




あ、カンノさん結婚おめでとうございます。
おしまい。
スポンサーサイト

COMMENT 0