島田荘司『写楽 閉じた国の幻』

島田荘司_写楽閉じた国の幻_1 島田荘司_写楽閉じた国の幻_2
島田荘司『写楽 閉じた国の幻』 (新潮文庫、上・下)

島田荘司の『写楽 閉じた国の幻』を読みました。

世界三大肖像画家、写楽。彼は江戸時代を生きた。たった10ヵ月だけ。その前も、その後も、彼が何者だったのか、誰も知らない。歴史すら、覚えていない。残ったのは、謎、謎、謎──。発見された肉筆画。埋もれていた日記。そして、浮かび上がる「真犯人」。元大学講師が突き止めた写楽の正体とは……。構想20年、美術史上最大の「迷宮事件」を解決へと導く、究極のミステリー小説。

謎の浮世絵師・写楽の正体を追う佐藤貞三は、ある仮説にたどり着く。それは「写楽探し」の常識を根底から覆すものだった……。田沼意次の開放政策と喜多川歌麿の激怒。オランダ人の墓石。東洲斎写楽という号の意味。すべての欠片が揃うとき、世界を、歴史を騙した「天才画家」の真実が白日の下に晒される──。推理と論理によって現実を超克した、空前絶後の小説。写楽、証明終了。


この作品が「このミステリーがすごい!」で2位になった時はちょっと興奮しましたね。私は島田荘司が大好きで初期作も最近の作品も楽しめるんですが、現役のミステリ作家としてはとっくに“旬”は過ぎているという認識かもしれませんし、中には初期数作しか認めないという人もいると思います。そんな御大、過去最高の2位!島荘死なず!(笑)
まぁ「このミス」のランキングって首を傾げるようなのもありますし、勿論自分の趣味との相性もありますので諸手を挙げて歓迎できないかもしれませんが…、
これは素晴らしい!傑作!


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓


殺人事件が起きて、犯人を捜して…という所謂本格ミステリものとは趣を異にします。しかしミステリらしい「謎」は強力なものが用意されていて、それは「写楽とは何者だったか?」というもの。フーダニットものと言ってよい体裁をとってはいますが、物語の過程でその正体は薄々分かってきちゃいます。それでも失われないリーダビリティが素晴らしいですね。本書の結末の説得力とそこに含まれたロマンティシズムは、そのまま作者の御手洗シリーズにも通じるものがあると思います。つまり、オイラ好みだ。

内容は、「写楽論争」(って言い方でいいのか?)に一石を投じる“ぶっ飛び説”の発表!っていう論文に近いです。ミステリとしての結末が、イコール作者の写楽論文の結論になっているという構造。そして、その結論に至るまでの過程が物語で綴られることにより、写楽論の体系がド素人にもすんなり理解できます。また、各写楽論の検討と問題点の焙り出しを繰り返しながら真相に迫ろうとする現代編と、寛政の改革当時の風俗を生き生きと描いた江戸編が相互に並ぶ構成も良い。ラスト近く、江戸一の版元である蔦屋重三郎とある人物の別れを描いたシーンでは思わず涙しました。あのシーンの叙情はこれぞ島田節たるもので、彼以降の新本格と言われる作家からは得ることのできないものだと思います。

しかし主人公・佐藤貞三のウジウジ具合はかなりのもので、石岡先生にまるで引けをとっていないなぁ(笑)。こういうキャラ書くの得意だよな島田御大。あと物語の中に唐突&半ば無理矢理気味に六本木ヒルズの回転ドア事件を捻じ込む手腕にも島田節を感じますね(苦笑)

作者自身のあとがきによると、ページ数や価格設定等諸々の事情で端折らなくてはいけない部分がかなりあったそうです。事実、結局どうなったのか謎のまま中途半端に置いてきぼりをくったモチーフもありますし、何でこの人物はこのような行動をとったのか等、腑に落ちない点があります。※作者自身も続編を描きたがっているよう…。
また、連載していたのものを単行本(本書は文庫ですが)化する際にあまり手を入れなかったのか、繰り返しの描写が多いのも難点。

しか~し、そんなゴツゴツと体裁が整っていない事を差し引いても島荘らしいパワーと魅力に溢れる本作は傑作です!
スポンサーサイト

COMMENT 0