奥泉光『シューマンの指』

奥泉光_シューマンの指
奥泉光『シューマンの指』 (講談社文庫)

奥泉光の『シューマンの指』を読みました。印象的な装丁。

音大のピアノ科を目指していた私は、後輩の天才ピアニスト永嶺修人(まさと)が語るシューマンの音楽に傾倒していく。浪人が決まった春休みの夜、高校の音楽室で修人が演奏する「幻想曲」を偶然耳にした直後、プールで女子高生が殺された。その後、指を切断したはずの修人が海外でピアノを弾いていたという噂が……。

哀しくて美しくて、怖い話。
途中、この作者っぽくない作風だなぁと思いながら読んでいたけど、やっぱり「奥泉光」だった。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

「奥泉光」っぽくないと思っていたのは、この作者によくある現実と幻想のあわいが不確かになるような描写やパラレルワールドのようなSF的要素の導入がなかなか登場しなかったからです。まぁ筆者の作品を全て読んでいるような熱心な読者ではないですし、全てが全てそうではないのかもしれませんが、私の中では奥泉光は突拍子も無い地点に着地する作家なのですよ。
でもやっぱり、「跳躍」してましたね、ラストで。ややありがちとは言え、衝撃。「手記」という形をとっている以上、予想して然るべき結末だったかもしれませんが、私はな~んも考えずに読んでますのでね(苦笑)

ある程度話題になった作品(本屋大賞ノミネート等)故に、また広告の文句と文章冒頭にミステリ(謎)の提示があるが故に、ミステリ(推理小説)として読まれがちな本だと思います。まぁどのように読んでもかまわない訳ですが、相手は曲者の奥泉光氏。

ミステリ(謎)の提示とその解決が主眼、というかメインディッシュではないんじゃないか?

文中で繰り返し言及されるシューマン論。そのシューマンが目指したのが「音楽を文学で、文学を音楽であらわそうとした」(解説より)こと。シューマン生誕200周年の年に刊行された本書は正に「音楽を文学で」あらわそうとした作品のように感じられます。私は作者独特のユーモアが発揮され始める中盤以降(鹿内堅一郎登場以降)が好きですが、序盤から、そしてメインの謎となる殺人事件の場面に至るまで繰り返し描写されるのは、目に見ることのできない「音楽」を紙の上に具現化しようとする試み。そのシューマンの音楽を描写する筆致の美しいこと。

私はシューマンはおろかクラシック音楽さえほとんど聴いたことがありません。少なくとも意識的に一人の作曲者を網羅してみるという聴き方はしたことがありません。そんなクラシック音楽に暗い私でも、そしてこのブログ上でささやかながら音楽を言葉にするという行為の真似事をしている私としてもこの作品は刺激に富んでいて、また再読してみたいと思わせられますね。ミステリ的トンデモ展開はともかく(笑)、この「音楽」描写のお蔭で私にとっては『シューマンの指』は傑作です。


文中、若き天才ピアニスト・永嶺修人が繰り返し言及するのが、
「音楽」は既にこの世界に存在し、それを演奏することはその「音楽」を台無しにするかもしれない ということ。
その修人の言葉を踏まえた上で語り部「私」がこう語る(思う)シーンが印象的。

「音楽」にただ奉仕すること。ひたすらに尽くすこと。その姿勢への徹底が、修人の、あの素晴らしい、奇蹟のような演奏を産み出したに違いなかった。
わたしもそうであろう。自分が何かを「表現」するのだとは考えずに、私も精一杯「音楽」に奉仕してみよう。力は足りずとも、一歩でも「音楽」に近づき、その美しい裳裾に触れてみよう。どのみち完璧な演奏など人間にはできないのだから。
そのように発想できたとき、無明の闇に一筋の光が差し込んだように私は感じたのだった。


この「私」の吹っ切った姿があるからこそ、終盤の展開は哀しく、怖いのだが。

ミステリ/推理小説好きではなく、音楽好きにこそ読んで欲しい小説かな。
スポンサーサイト

COMMENT 0