スティーヴン・キング『1922』

スティーヴンキング_1922
スティーヴン・キング『1922』 (横山啓明・中川聖 訳、文春文庫)

スティーヴン・キングの『1922』を読みました。これはキングの作品集『Full Dark, No Stras』に収められた4編のうち、「1922」と「公正な取引」を収録した作品です。あと2編は『ビッグ・ドライバー』というタイトルで近刊予定とのこと。

8年前、私は息子とともに妻を殺し、古井戸に捨てた。殺すことに迷いはなかった。しかし私と息子は、これをきっかけに底なしの破滅へと落下しはじめたのだ……罪悪のもたらす魂の地獄! 恐怖の帝王がパワフルな筆致で圧倒する荒涼たる犯罪小説「1922」と、黒いユーモア満載の「公正な取引」を収録。巨匠の最新作品集。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

まずは「1922」。
舞台は御馴染みのメイン州ではなく、ネブラスカ州。農場を営む「私」は土地を巡る問題で妻と対立、息子を協力させて殺してしまう。その殺害までの様子とその後の「私」と息子の顛末を、「私」自身の手記による形で紡ぐ。こりゃ、怖いわ。スーパーナチュラルな要素が無くともキングは怖い。いや、よりリアルに感じられる分、スーパーナチュラル要素を排除した方が怖いかも…。実際は物語の後半に差し掛かって、殺したはずの妻がドブネズミと共に戻ってきたりというシーンもありますが、これはもう錯乱している「私」の手記自体の信憑性が現実と妄想のあわいをぼやかしているようにも感じられて、これまた怖い。物語の後味は最悪ですね。←褒めてますけど。
物語の筋もウンザリさせられるんだけど、キングの描写がまた小憎らしいくらい上手くて、ウンザリさせられまくる(笑)。農場での日常生活の描写が、隣人付き合いの描写が、時代背景の描写が、……全てが真綿で首を絞められるようにジワジワと読者に閉塞感を感じさせるように働いている様で、秀逸。


「公正な取引」
キング愛好者にとっては名前が出てくるだけでニヤリとさせられる(?)、デリーの街が舞台。キャッスルロックの崩壊を描いた『ニードフル・シングス』にも似た、不気味な余所者による悪魔の契約モノ。「あなたの望みを叶えてあげるからその代わりに…」系の話です。こちらはまぁ、それなりに出来かなぁ。
スポンサーサイト

COMMENT 0