TEARS OF TRAGEDY, Hydrangea@大塚Deepa

Malygnant cycle ~Girl's side~ 大塚Deepa (2013/1/19)

TEARS OF TRAGEDYHydrangeaのライブを観に行ってきました。場所は大塚Deepa、初めて行く会場です。この日は計9バンドの出演で、かなり長めのイベントでした。私は体調があまり優れなかったので、目当てのバンドに絞ってヒット&アウェイ戦法(?)でいくことにして、遅めの時間に会場入りしました。時間が合えばACTROIDを見たかったんですけど、後で聞いたら2番目の出番だったらしく、無念。

Hydrangea
この日は気管支炎でドクター・ストップのかかったVo・ラスマの、Hydrangeaにおけるラスト・ライブ。クソゥ、このバンドの事、知ったばかりだったのに…。そのラスマは喪服を思わせる黒い衣装、他のメンバーの衣装もモノトーンで統一されていて、“葬送”って感じの雰囲気を感じたのは気のせいか…。
セットはいきなりのキラー・チューン、With The Secretから!ちょっと機材トラブルがあったり、必殺のツインGtハモリ・フレーズで一瞬ミスったりというのはありましたが、やっぱ良いバンドだわぁ。
会場のお陰か、バンドの力量か、はたまた両方か、非常に音がクリア。各楽器の住み分けが非常にはっきりしていて音に塊り感がない分、音圧は控えめですが、メンバーが何をしているか良く分かるこの音像は非常に私の好みですね。フロア狂乱状態になってめちゃくちゃ盛り上がるというようなタイプの音ではなく、じっくり鑑賞したい音。そして、やはり2本のGtの妙技に目を奪われます。特に、たかのりの運指はとてもスムーズ。で、キメのフレーズのところで俊(Ba)を含めた弦楽器隊3人が(これ見よがしじゃなく)スッと寄り添うのがカッチョイイ!3人ともイケメンだし。そして、激しく叩くザイキさん(Dr)の眼鏡取れないか心配になる(笑)。前回ライブで、裸眼だとほとんど見えないって言ってたので…。
ラスマは有終の美を飾れるかどうかというステージでしたが、非常に素晴らしかったですね。前回より全然パワフル、CDよりも声出ていたのではないでしょうか。確か前回はアバラ骨折してたんですけど…。ラスト曲のLeft Of Truthの途中で涙ぐむ場面もありました。
このバンドのMC、やはり面白いですね。メインVoが喋らないという珍しいバンドで、智史(Gt&Vo)が喋って俊が突っ込むor訂正するという役割分担。そこから生まれてくる笑いが、脱力系というか苦笑だったりするのですが(苦笑)。智史はMCだとそっけないけど実は恥ずかしがりだとみてる(笑)。自分のブログだとめっちゃ感謝の言葉を伝えてるしね。
新たな(女性)Voが見つかるまでは智史(Gt&Vo)がメインVoも担当するそうです。それはそれで楽しみではありますね。ライブやってくれぇ!
<セットリスト>
1.With The Secret
2.Indistinct
3.Motion
4.Blindfold(新曲) ←キャッチー&テクニカル、かっこいい!
5.Left Of Truth
※緑のレーザー照明が使われていてめっちゃ綺麗でした。


TEARS OF TRAGEDY
この日のトリ。トリを飾るに相応しい、堂々としたパフォーマンス。初っ端のThe Arclight Of The Skyの出だしが(機材トラブルで)グダグダだったのは珍しいハプニングでしたが、その後はTORUのGtサウンドも抜けてきて非常に安定していました。「安定」と言えば、正式加入したリズム隊のYOHEI(Ba)とHIDEYUKI(Dr)はめちゃめちゃ安定していて素晴らしいですね。土台がしっかりしているお陰で、バンドとしての格が1段上がっている感じ。
フルセットのライブでワンマン公演をやるとなると話は別ですが、現時点で30~45分のライブとしてはこれ以上望むのが贅沢すぎるような大満足のライブ。あとはもうちょっとKeyの音の住み分けが出来れば良いかな、とは思いますが。HAYATO(Key)作曲のSilence Oceanでは効果的なKeyの使い方が出来ているとは思うんだけど…。
未発表の新曲・リバースが本編ラストを飾るまで成長(?)してくれて、今年出るはずの2ndアルバムが非常に楽しみですね。
スポンサーサイト

COMMENT 0