DRAGON GUARDIAN「THE BEST OF DRAGON GUARDIAN SAGA」


DRAGON GUARDIAN「THE BEST OF DRAGON GUARDIAN SAGA」 (2012)

国産RPGクサメタル・ユニット、DRAGON GUARDIANのベスト・アルバム。今までの5枚のアルバムから選ばれた曲に新曲が2曲追加収録されています。過去曲に関しては(基本)ヴォーカルはそのままに、こっ恥ずかしい台詞とナレーションは排除されてソロパートに入れ替え、またバックの演奏も録り直されています。1st「聖邪のドラゴン」の楽曲はkalonという人によって歌い直されていますが、まぁこれは(原曲の)歌唱力の問題でしょうね。声自体は原曲と同タイプかな。
さて新曲ですが、まずはPV(→コチラ)のチープさが話題になったとかならないとかという④追憶の黒き魔剣士。Voを担当した鈴木このみは、アニソン関連の大会(?)でグランプリを獲ったらしいです。ギターはなかなか泣いていて印象的なプレイをしていると思いますが、歌メロがちょいと弱いかな。
もう1曲の⑨運命の女神はなんとHEAD PHONES PRESIDENTのANZAがVoです。と言っても、イタコが乗り移ったかのようなトランス・モードVoではなく、凛とした気品のある透き通った声を披露しております。通常ドラガの曲って大まかに言うと、ストーリーテリングはナレーションが担当し、歌メロが登場人物とそれが関わる出来事を描写するという感じだと思うのですが、この曲は歌メロ(=歌い手)が登場人物視点ではなく、神の視点というか物語の語り部であるナレーションを担当しています。キャラを演じるわけではないこの曲に彼女の声はピッタリ合っていると思いますね。もっともANZAでなきゃダメなのかといったら、そんなことはないですが…。曲自体はスピードメタルではなく、テンポアップはするものの割と淡々と進行します。これも歌メロが地味ですねぇ。
ベスト盤に収録された新曲への評価ってのはやはり難しく、どうしても見劣りというか聴き劣りしてしまうのは仕方の無いところ。という点からするとやっぱBON JOVI「CROSS ROAD」は凄かったなぁ、と。

旧作からの曲は改めて聴いても、名曲揃いです。歌い手の違いによる好みはあれど、そしてほとんどの曲が疾走曲ということで起伏に乏しい傾向の作品でありながらも、一気に聴けてしまう。そのメロディの充実度は怖ろしく高く、如何に名曲を数多く作ってきたかが分かりますね。ただしこのユニットの場合、「メロディの良さ」っていうのがほとんど歌メロとテーマ・メロに依っていると思うので、個人的にはDrを生で録り直したり、(ムード統一の為に)語りをGtソロに差し替えたりしても、新たな特別な魅力は生み出せていないと思います(一部楽曲は別)。それどころか、特に名曲②暗黒舞踏会の間奏の“舞踏会”的パートを「FAIRYTALE」でやったようなファミコン風ピコピコサウンドにしてしまった罪(?)は重い。
反対にリアレンジが最も成功していると感じるのが⑩旅立ちの朝。曲自体もふっきーのVoの強みを最大限に生かした名曲ですが、これは間奏パートが良い!安っぽい音色が少々気になるもののKeyソロの入りが実にスリリングだし、そこからGtソロへ繋げる流れも◎。台詞&ナレーションの入れ替えによってスペシャルな聴き処を産み出すことが出来ていない当ユニット(苦笑)には珍しく、この間奏があることでさらに曲がレベルアップしているように感じます。あと、男前コーラス(笑)が目立つようになった③神話もめっちゃヒロイックで惚れ直しましたわ。

複数いる歌い手の中で最も多くその「声」が収録されているのは、当然(!)ふっきーなわけですが、「Dragonvarius」(2009)収録曲と「真実の石碑」(2010)収録曲ではその歌唱法がかなり異なります。歌い出しの部分なんて別人のように感じるくらい。LIGHT BRINGER研究家として御高名なドイツ特派員さんに依りますと、前者が「Cute Fuki様♡」、後者が「Strong Fuki様♡」と評されるスタイルという事になりそうです(笑)


最後に収録曲と元のアルバムを合わせて載っけておきます。
 ①序曲(『Dragonvarius』)
 ②暗黒舞踏会(『Dragonvarius』)
 ③神話(『遙かなる契り』)
 ④追憶の黒き魔剣士(新曲)
 ⑤漆黒の将軍レギウス(『真実の石碑』)
 ⑥魔法の書(『聖邪のドラゴン』)
 ⑦炎の魔石(『聖魔剣ヴァルキュリアス』)
 ⑧砂漠の餓狼(『真実の石碑』)
 ⑨運命の女神(新曲)
 ⑩旅立ちの朝(『Dragonvarius』)
 ⑪聖魔剣ヴァルキュリアス(『聖魔剣ヴァルキュリアス』)
 ⑫我らが嘆きのカルミア(『聖邪のドラゴン』)


管理人としては台詞も演奏もそのまんまでいいから全曲ふっきーのVoで録り直してもらっ、、うわなにをするやめqあwせdrftgyふじこlp.....
スポンサーサイト

COMMENT 4

ドイツ特派員  2013, 03. 04 [Mon] 20:35

研究家ではないですが

どうもです。実は私、Dragongurdianは「暗黒舞踏会」をYouTubeで聴いた以上のものが無いんですよ。Unlucky Morphuesもそうなんですが、どうもピンとこない。その来なさが何処からかは良く分からないんですよ。若しかするとバックの打ち込み感が駄目なのかも。

ただ、ある間に物凄く歌が上手くなったのは確かで、そこがCute→Strongの変化だったわけですな♪

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2013, 03. 05 [Tue] 20:01

ドイツ特派員さん、

勝手に引用しちゃってすみません(汗)
私はどれも好きですが、ふっきーの歌唱で言えば、「ラブリー>ドラガ>あんきも」の順ですね。
本人も以前何かのインタビューで言ってましたけど、あんきもでは比較的ストレートなメロスピなので真っ直ぐ勢いを重視した歌唱をしてる、的な。変な例えですけど、あんきもではスペシウム光線打ちまくってるウルトラマンみたいな感じで捉えてます。←得意な必殺技の連続。
で、ドラガではストーリーや登場人物への感情移入があってもうちょっと緩急あって、ラブリーでは(曲が求めるものが)もっと多彩。必殺技だけ出してる訳にいかない、みたいな。

Edit | Reply | 

kazz_asai  2013, 03. 07 [Thu] 23:11

今後に期待

早くもベスト盤…1stの英語歌詞再録の記憶も新しいのに、ちょっと企画に走りすぎているのが気になりますね。
しかし、原曲での台詞や効果音を削除してGソロなどに差し替えることによって、既存曲との差別化が図られているために、私にとっては単なるベスト盤以上の価値を見出せました。またKNIGHTS OF ROUNDとのプロジェクトに興味を抱けないという私的感情からも嬉しい内容でした。
ともあれ「神話」や「旅立ちの朝」のように、台詞や効果音の有無にかかわらず魂に訴える楽曲を聴かせてくれる限り、彼らを追い続けることでしょう。新しいVoの起用は今後のDragon Guardianの動向に期待を抱かせしめます。


Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2013, 03. 08 [Fri] 20:50

kazz_asaiさん、

ワーカホリックなのか、勇者アーサー氏は常に何かしら作ってますね。新譜は色々調整が大変だと思いますが、企画盤なら割とサクッとできるというのもあるかもしれません。

私は、ドラガはアニメ声っぽいVoよりも凛とした感じのVoでやってほしいと思ってます。曲は良くてもかなりVoの声質に評価が左右されそうだな、と自己分析してます。

※KoRとのコラボは私も何故かほとんど引っかかってきません(苦笑)

Edit | Reply |