DOLL$BOXX「DOLLS APARTMENT」


DOLL$BOXX「DOLLS APARTMENT」 (2012)

LIGHT BRINGERのFuki(Vo/以下ふっきーと言わせてもらいますとも!)とGacharic Spinの合体ガールズ・バンド、DOLL$BOXX(略して“ドル箱”。略してねぇか/苦笑)のデビュー・アルバム。DVD付・限定プレス盤、買いました。以前ウチのブログでも興奮気味に記事にした通り、個人的には今年最後の大注目盤とも言える作品です。なんせまだバレてないと思いますが、私はラブリーもガチャピンも大好きなんで。あと、ふっきーの声も彼女が書く歌詞も大好き。バレてないと思いますが。

さて、その音楽性はLIGHT BRINGERでもGacharic Spinでもない、正に「合体」って感じ。どちらかというとガチャピンに近い。作曲してるのはガチャピンのメンバーなので当然と言えば当然ですが。非常にパワー感に溢れる作風で、色んな要素が盛り沢山の“カラフル”な作品でもあります。また、ふっきーのVoの強みを最大限生かそうとしてるのがよく分かりますね。メンバーの力量の点からみると、女性バンドでは至高の存在と言えると思いますし、性別を超えて相当高いレベルにあるので、それ相応の音が出てくるのは当然ちゃ当然だし、順当。実際に、出てきた本作は「凄い」アルバムだと思います。
メンバー5人のバランスは均等で、とてもバンドっぽい印象で良いですね。これは曲を取りまとめたマルチプレイヤー・はな(Dr&Vo)の手腕ゆえかなぁ?FチョッパーKOGA(Ba)の目立ちっぷりはガチャピンより低いようですが、どっちかというとガチャピンがブリンブリンバキバキし過ぎなだけ(笑)で、こっちの方が普通のバランスだと思う。
文字通りの「力作」ですね。


確かに「力作」。
…パワー漲って、強引にこちらに振り向かせるような問答無用の迫力を備えた、ある意味デビュー盤に相応しい作風ながら、個人的には諸手を挙げて歓迎できない部分があるのも事実で、そこらへんについてちょっと書きたいと思います。

まず、音が悪い。と言うよりヘンな音になってる。はっきり言うと「下品」な音作りに感じます。特にDrとKey。わざとそうしてるのか不明ですが、自然な楽器の音からは程遠い、無機質な音。そのせいか全体のバンド・サウンドもごちゃごちゃしているように感じますね。実力のある演奏陣だからこそ、より生の音に近い音作りをしてほしかったかなぁ。まぁ、ジャケとかPVを見るとメンバーがフィギュア、“DOLLS”を模していたりして、ある種の「人工的な感じ」を出した方がバンド・コンセプトには合っているのかもしれませんが。
この「引き」がない、「押せ押せ」の音のせいで、逆に目一杯感が出ているような気もします。バンド始動時にふっきーは「メタルじゃないものを!」って言ったみたいですけど、この「押せ押せ」音、この音圧と爆発力と押しつけがましさはメタルっぽいかもなぁ…と思ってもみたり。ただし「ロック」してる音じゃない(無機的なので、ね)のでHRからは距離があるように思えるし、ポップスとは言えないし…。これってかなり「オリジナル」な音ですか、もしかして?(笑)

2点目。先ほど「ふっきーのVoの強みを最大限生かそうとしてる」と書きましたが、コレ生かし過ぎ(笑)。「伸びやかなハイトーン」ってとこに囚われ過ぎてないかなぁ?そして多くの曲でそれを全開発揮してるので、1曲の中でのメリハリ、アルバムの中での起伏が乏しく感じれられてしまうのよね。

3点目。個人的にはこれが一番の問題点ですが、歌メロがつまらん(曲がある)。特にサビメロがつまらん(曲がある)。サビのメロディに「ひねり」や「意外性」が少なくて、サビの「入り」の印象がそのままサビの最後まで続く感じ。「オォ!こう来たか!」という驚きが少ないメロディ・ラインと言うべきか。サビ途中で「ひねり」が欲しいねぇ。その「ひねり」がフックになるのに。コード進行の問題かな?制作期間が短すぎて練り不足だったかな?



各曲についての印象カキカキ。
①Loud Twin Stars
Voも演奏もとにかく「ツイン」なアッパー曲。「もう勘弁して」ってくらい音を詰め込みまくり。グロゥルも入ってるよ。この曲が一番耳障りな音作りかも。Drがカシャンカシャン(?)してるんだよなぁ。GtとKeyがツインで攻めるソロは熱い!
②Merrily High Go Round
この曲イイ!アレンジに安保一生が関わってます。サビの突き抜けっぷりは本作随一。気持ちいいです。「メリィ!ハィゴー、ラゥン!」の掛け声もライブで盛り上がりそうですね。「内側に君を乗せて 重い思い振り落していけ」は、ふっきーらしい歌詞。
③Take My Chance
個人的に一番メロディが引っかかってこない曲。歌詞も気に食わない言葉使いが多い(苦笑)
④monopoly
ふっきーとはなのツインVo掛け合いがスリリング。演奏もスリリング。歌メロはそんなに好きじゃないけど(苦笑)
⑤ロールプレイング・ライフ
ふっきーの声を最大限生かそうという試みが一番結実してる曲かも。ドラマティックな演奏とシリアス絶唱と絶品のGtソロ。このアルバム(というかこのバンド)、TOMO-ZO(Gt)大活躍だよ。メロディ展開にもうちょっと緩急ついてほしいが、この曲は(好き嫌いは置いといて)圧倒される。
⑥fragrance
この曲もイイ!ヘヴィなバックにオレオレオナ様(Key&Vo)の端正なピアノが効いてる、バラード調の佳曲。ふっきーの力の入り過ぎない素直な歌唱と、ラップ調パートが明けるときの「パッ」と広がる感じがいいね。ファルセットの捌き方が甘いものの、絶品のサビメロをなぞる歌唱が見事。そして歌詞がめっちゃ良い。「風が香りをはこんだ 跡形もなく消えていった わたしだけ残して」「少しずつ消して 少しずつ忘れて」
⑦KARAKURI TOWN
アルバム一勢いある曲か。イントロのメタリックなリフがかっこよく「オォッ!」と身を乗り出すが、一本調子のメロにやや醒める。サビが弱いかな。Gtソロは◎。「甘い顔して言い寄るなら 背中の銃を渡してよ」って歌詞はふっきーらしい冴えを見せていると思う。
⑧おもちゃの兵隊
キラー!安保一生が作曲とアレンジ。図太く印象的なリフ、ヴァースは抑えて、ブリッジでテンポアップして、サビで爆発するというアレンジが素晴らしい。サビ裏のBaランニング、捻じ込むピロピロGt、そしてGtソロが超絶かっちょえぇー!曲の終り方が唐突過ぎるけど。この曲の音が一番生っぽくて良いかな?歌詞が微妙に切ない名曲。「すれ違いも食い違いも つまるとこ勘違いだ」はふっきー節全開。
⑨Doll’s Box
バラード。歌詞は泣けるし、バンド名を掲げた気合の入った(はずの)曲だが残念、あまり歌メロが面白くない。勿体ないなぁ…。
⑩ヌーディリズム($ヴァージョン)
ガチャピンの名曲、ふっきーVoカバー。伸びやかなVoパフォーマンスによって実に爽快感ある仕上がりになってますが、個人的にはアウト。張り詰めた緊張感こそがこの曲の肝だったと私は信じていますが、それが台無しに。ふっきーの余裕のある歌いっぷりが、原曲のVo(はな&オレオ)が醸し出す“ギリギリ”の切なさを打ち消してる。緊迫感の感じられない「illusion♪」とか「emotion♪」が何だよソレって感じ。「自分だけが取り残された様な」illusionなんだぞ!「忘れかけてた強い」emotionなんだぜ!?もっとも当の本人達(=ガチャピン・メンバー)が「良し」としてるならいいのかもしれませんが(笑)?
それはともかく、ふっきーに「脱ぎ捨てろ」「さらけ出せ」なんて命令されちゃあ、喜んで脱いでさらけ出すしかありませんがね!(え!?)


全10曲、43分弱のアルバムの長さが丁度良い感じですね。この作風ですから、13曲とかあったら聴き疲れしちゃうと思います。
色々文句も書いた記事でしたが、好きじゃなかったらこんなに長々と書きませんし繰り返し聴きません(笑)。実は結構高評価してたりもします。次回、(外部ライターの手も借りて)2ndアルバムを時間掛けて制作したら、とんでもない傑作が生まれてきそうな気もしますねぇ。その期待もしていますわ。

②Merrily High Go RoundのPV → コチラ。
クソッ、ふっきーの動きがいちいち可愛いな。KOGAちゃんがガチャピンの時の「頭ガクガクヘドバン」をやりたいけど我慢してるみたいなとこ要チェックや。TOMO-ZOがふっきーに次いで目立ってるゥ!コスモス畑の中でふっきーを中心に5人が揃う“絵”はめっちゃかっこええ。凄ぇいいPVだと思う。オレオ様のヘンな髪型を除いて。
①Loud Twin StarsのPV → コチラ。
ライブ演奏シーンを基にしたPVですが、めちゃめちゃカッコ良過ぎて困リング。特にドカドカ叩きながら歌う、はな兄さんに惚れそう。ライブが凄いってのが如実に分かる作りだと思う。勿論ふっきーには萌え萌えに決まってんだろ!わざわざ言わせんなよな!(笑)

【お気に入り】
⑧おもちゃの兵隊
②Merrily High Go Round
外部ライターの関わった2曲が特に良いってのは痛し痒しだなぁ…
⑥fragrance
⑤ロールプレイング・ライフ
スポンサーサイト

COMMENT 8

ギルト  2012, 12. 15 [Sat] 23:02

レポお待ちしていました(笑)
僕も最初聴いた時にう~ん、これ何と言うアルバムなんだろうと思ったので(汗)
まぁ2回目からは好きになりました。♪
オレオ様?(多分はなさんでもないような)のデスボ入ったり濃い感じです。

僕的に好きな曲は、ロールプレイング・ライフ、Take my chance、Loud Twin Starsですね。
後はこのアルバム聴いて、オリジナルのヌーディリズムもいいなと思いました。


そう言えば、明日は東京でライブですね。楽しんで下さい。(^^)
こちらの方では仕事無理かもしれないので、まだ保留にしています。

Edit | Reply | 

フレ  2012, 12. 16 [Sun] 00:05

ほっほ〜ん

なるほど…。

ヤヴァいくらいに同感(笑)。
さっき自分とこの記事書き終えたんですけどね…、ま、公開はちょっと先伸ばしにしますが、ほぼ同じこと書いてる感じ(笑)。

らぶりーの…ってかKazuの曲でこそ生きる歌声なんだなぁ…とつくづく。

Edit | Reply | 

ドイツ特派員  2012, 12. 16 [Sun] 08:37

同じ意見でござる

ヒゲ・スカイウォーカーさん、

ちゃんと最後に壊れて下さってありがとうございます(笑)。そう、好きだから書いちゃうんですね。確かに音がどうしても納得できないですし、ラブリー視線でないとどうなるか、もうそういう客観的な判断は出来ないですが、少し想像したりします。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2012, 12. 16 [Sun] 11:05

ギルトさん、

観る前からなんですけど、ライブは凄いと思いますよ。お仕事のご都合ついたら行かれては。東京公演は聴き込む時間がなくてバタバタですが、大阪公演まではまだ時間ありますし。

ギルトさんの好みが、「ガツン」とくる系の曲にあるのがよく分かるコメントですね(笑)

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2012, 12. 16 [Sun] 11:10

フレさん、

フレさんの記事、超楽しみなんですけど~。

まぁ「器用さ」「多彩さ」についてはふっきー、これからだと思うので、こういう活動を糧にして成長してほしいですね。
KAZUのような、ぴったりハマるソングライターが現れる方が珍しいと思うので(苦笑)、自分の幅を広げて対応力を上げる、と。それができればラブリーにも大いにプラスになって返ってきますし。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2012, 12. 16 [Sun] 11:16

ドイツ特派員さん、

如何に壊れるか?
これがこの手の記事の命題です(笑)結構悩んでるんですよ、唐突に壊れても面白くないし、文脈の中でどう壊れるか、ってところ(笑)

確かに文句はタラタラなんですが、記事を書くためにリピートしているというより自然にリピートしてるので、やはり「好き」な部分の魅力ってのはデカイですね。飛ばす曲も出てきてはいますが…(苦笑)

Edit | Reply | 

ざっく  2012, 12. 17 [Mon] 09:28

なるほどです!

記事、お待ちしていました(笑
いつも通りの深い分析、楽しく堪能させて頂きました!

ガチャピンもラブリーも好きだけどファン歴がまだまだ浅い自分にとってはなるほどと唸らされることの連続でした。しかも、最後にきちんと(期待通り)壊れるヒゲスカさんの姿勢が素敵です。

やっぱり(おそらく製作期間の短さから来る)練り込み不足が痛いんでしょうか。突き詰めるとこのアルバムの問題は
・ サビは何とか及第点ながらも、ヴァースやブリッジのメロが弱く盛り上がり不足だったり曲展開が唐突な曲が散見される問題。
・ せっかく、アップテンポな名曲1,2で盛り上がったところで、退屈な3,4が続いて興奮が冷めてしまう曲構成の問題。
の2点でほぼ説明できるような気がしています。


それ以外に思ったのは
・ ヌーディリズムはガチャピンバージョンの方が数段優れているのは全く同感です。オレオ様とはな兄のヴォーカルの力量や声質が似ているが故に生まれる絶妙な緊張感が無くなってしまったのが惜しい。でも名曲は名曲だし、ふっきーは頑張ってる。
・ メンバーの華も実力もこれだけハイレベルで揃っているバンドは珍しいし、5人がそれぞれ個性をフルに発揮したときの超絶破壊力には疑う余地が無い。
という感じでしょうか。

どちらも本業があるので微妙なんですけど、一回限りで終わらせるのは惜しいなあと思った次第です。あと、Loud Twin Stars のPVが異様にかっこよかったので、きっとライブは素晴らしかったんだろうなと推察します。

レポート、お待ちしています(ずうずうしい)

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2012, 12. 19 [Wed] 00:03

ざっくさん、

返事、遅くなって申し訳ないです。
結局、全曲について触れちゃいましたね~。ガチャピンはライブでこそ、本来の姿って感じですが、その「熱」だったり「勢い」みたいなものがそのまま封じ込められてる作品のようにも感じますね。なので、勢い重視でメロディ的にはやや弱い、ような…。

ざっくさんの視線とは共通するものがあるので、コメントいただいた点は概ね納得なんですが、人に聞くと全然違う曲が良いという声も聴きます。それだけドル箱の音楽が多方向にアピールする可能性があるってことでしょうか。

まだ、爆発はしていないように思います。彼女らなら、まだイケますよ。

Edit | Reply |