山田正紀『おとり捜査官4 嗅覚』

山田正紀_おとり捜査官4嗅覚
山田正紀『おとり捜査官4 嗅覚』 (朝日文庫)

山田正紀のおとり捜査官シリーズの4作目、『おとり捜査官4 嗅覚』を読みました。
1作目『~1 触覚』の感想は → コチラ。
2作目『~2 視覚』の感想は → コチラ。
3作目『~3 聴覚』の感想は → コチラ。

連続放火事件の捜査現場で女性の全裸死体が発見された。全身のムダ毛を剃られ、日焼け止めクリームをくまなく塗られた遺体の傍には被害者を模したユカちゃん人形が……。犯人の狙いは何か? そして2つの事件の接点は? やがて第2、第3の遺体もユカちゃん人形とともに発見された。人形に込められた意味は何なのか? 好評本格推理シリーズ第4弾!

めちゃめちゃ面白い。これがシリーズ中、ベストかな…。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓
久々の囮捜査、人呼んで「お色気作戦」開始ッ!……なんですが、囮捜査では真犯人は引っかかりません(苦笑)。なので前作同様チーム捜査や刑事モノというより北見志穂を主人公とする探偵モノっぽいです。また、「無能な刑事」呼ばわりされる(志穂の相棒)袴田が単独捜査をして別筋の事件の真相に迫る様子はハードボイルドに近い感触があります。袴田さん、かっこいい!その操作の過程で意識不明の重体に陥ってしまう袴田を案ずる志穂の葛藤も読み処。

連続放火事件とユカちゃん人形(完全にリカちゃんのことですな)に見立てられた連続殺人事件、特に後者の事件の不可思議さはまるで島田荘司のような“奇想”を体現しており、2つの事件の絡みと共に謎が解明されるカタルシスはかなりのもの。志穂以外の捜査官が何も貢献していない様に感じられるのが玉に瑕ですが、それを遥かに上回る語り口の上手さ。
哀しくも強烈なラストは今回も素晴らしい余韻を残します。

気になる点としては、繰り返し発生する停電の影響が以上に小さいことやその原因と殺人事件の関係に納得いく説明が無いこと、取調べ室でカツ丼は食わせねぇだろ、ってことでしょうか。

本筋とはまるで関係ありませんが、志穂と小倉検事とのロマンス(笑)の行方も気になる。
次回、どうなってしまうのかー!?(笑)
スポンサーサイト

COMMENT 0