山田正紀『おとり捜査官3 聴覚』

山田正紀_おとり捜査官3聴覚
山田正紀『おとり捜査官3 聴覚』 (朝日文庫)

山田正紀のおとり捜査官シリーズの3作目、『おとり捜査官3 聴覚』を読みました。
1作目『~1 触覚』の感想は → コチラ。
2作目『~2 視覚』の感想は → コチラ。

おとり捜査官の北見志穂は、凶暴な殺人犯を射殺したことで追いつめられ、軽度の神経症に陥っていた。直後、誘拐事件が発生し、犯人は志穂を名指しで身代金の運搬役を命じた。犯人は志穂の「双子の妹」? 精神を極限まで蝕まれた志穂は、いないはずの「双子の妹」のことが頭から離れない。<世界最小の密室>の謎に挑む驚天動地の本格推理シリーズ第3弾!

3作目になってもそのアイデアは衰え知らず、大盤振る舞い。面白い。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓
ただし「囮捜査」というタイトルからは相当離れてきましたなぁ。今回は別に囮捜査なんぞしません。“みなし公務員”としての北見志穂個人を描いており、リンカーン・ライム・シリーズ的であったチームプレイもほとんどありません。志穂の相棒であるオッサン刑事・袴田は大活躍するけどね。

誘拐事件、個人情報の売買、多重人格等々、それほど長くない尺の中に様々なテーマとアイデアを投入、伏線も(強引な面はありながらも)見事に回収する切れ味鋭い作風。ただし、そのラストに辿り着くまでは刑事モノというよりサスペンス色が強めの印象です。多重人格を疑われる志穂が苦しみもがく様子を描く作者の筆致が、ミステリをやや離れ、ともするとSF的・幻想小説的にもなっており、そのトーンが作品全体をどんよりと覆っています。それだけに謎解き部分が鮮やかに感じられるという仕掛け。

余計なエピローグを付けず、スパッと断絶するかのような無愛想なラスト・シーンが前作以上に強烈!
スポンサーサイト

COMMENT 0