MAHATMA@渋谷DESEO

【almoSphere 4th Single[Destiny Game] release party!!】 MAHATMA 渋谷DESEO (2012/11/2)

LOUD PARK12の余韻冷めやらぬ管理人ですが、渋谷DESEOに行って、テクニカル・雑食ロックバンドMAHATMAのライブを観てきました。4回目かな。前回も渋谷DESEOでしたね。

MAHATMA
この日は持ち時間が長めでしたので私の観た中では最も曲数が多く、非常に充実したライブでした。私の一番好きな1stからメロディック根暗チューン(褒めてる)アナタノメイニチが聴けたのは嬉しかったですね。逆に新曲ヒカリとカゲリは聴けず…。これは一度しか聴いてませんがメチャメチャ好みだった記憶があるし、CDにまだ収録されてないので聴きたいのぉ。そして最強チューン、希望の光、この日もプレイせず!地元(群馬)ではプレイしているようなんですが、東京ではプレイしないと決めているのか私への嫌がらせなのか群馬に来いと言っているのか(笑)分かりませんが、是非生で聴いてみたいですねぇ。まぁ短い持ち時間でのセットなので、アレもコレも満たすのは難しいですが。因みに民間調査会社・HSRI(Hige Skywalker Research International)に依ると、LIGHT BRINGERHearn's Heavenを好きな人は希望の光も好きなはずとの結果が出ています。曲調は全然違うんですが、哀感が似ているのよねぇ~。いや、似ているとの調査結果が出ています。
ライブ自体は盤石の出来。サポートBa、Hibiki(LIGHT BRINGER)の存在感があり過ぎるベース・サウンドはもはやバンド・サウンドの一部になっているので他の人のプレイが想像もできないほど。バラード、キヲクはNaNa(Vo)とRieko(Key)の二人でプレイされましたが、これは長めのセットならではという感じでしょうか。ここでのNaNaのヴォーカルは素晴らしかったですね。惜しむらくはこの曲レベルの声がライブの頭から発揮されない場面があることで…。この日もライブ立ち上がりのヴォーカルは若干弱かったですね。あとRiekoは数曲でショルダー・キーボードを使用してましたが、音がほとんど聞こえん…。個人的にはショルキーってあまり好きじゃないし、限られたスペースをいっぱいに使って大きめアクションで弾くRiekoの姿が好きなので、ショルキーいらないです。ゴメンよ(笑)
彼らのライブを観ていて、その演奏力、耳触りのいいフックに富んだメロディ、ライブで盛り上がる仕掛け等、見所聴き所満載のステージに触れていると、まだまだアピールすべき客層にアピールできていないように強く思いますね。聴いたら気に入るであろう人がまだまだ聴けていない。実際、HibikiがMCをとって、ラブリーの名前を出しても反応は皆無に等しいんですよ、会場でよくお会いするTwitterのフォロワーさん達以外は。私自身もそのフォロワーさんからMAHATMAを教えてもらったような経緯はあるんですが。いっそのこと「嬢メタル」と言われるバンド群と一緒に対バンした方が知名度向上には良いと思いますね。来年3月にラブリーと対バンする(つまりHibikiは2バンドでプレイか?)のが決定してます(ARK STORMのツアーに同行という形)が場所は高崎なんで、そういうのを東京でもバンバンやる、と。単純に私がそういうの観たいだけという説もありますが…(苦笑)。
<11/2セットリスト>
1.Departure
2.アナタノメイニチ
3.Passion
4.キヲク
5.Clap!!
6.DREAM
7.Revival


almoSphere
さて今回のイベントはalmoSphereのシングル発売記念ライブということで彼らがトリです。私は初見。誠実なバンドだ。いや、そんな感想が何の音楽性の説明にもなってないのは分かってますが、ライブを観て、MCとか客の煽り方とかからそう感じちゃったんだからしょうがない。そして演奏めちゃめちゃ上手い。相互リンクしていただいているkomaさんのブログ「鋼鉄低音変拍子委員会」を読んでいてその演奏力について念頭にはあったんですが、実際生で観て驚きました。音楽性はテクニカル&メロディックで歌メロはキャッチーなヘヴィロック/メタルコアでしょうか。まぁメタルコアほどブレイクダウン・パートはありませんが、発するムードがそんな感じ。ヴォーカルは(グロゥルじゃなくて)シャウト+クリーンの切り替え、クリーン多め。二つの落差はそれほど無し。
お客さん、フロア前の方は女性、後ろの方はバンドマンとかのプレイヤ-志向の人達って感じでした。激しくも聴き易い音楽で、ライブでも盛り上がるしもっと売れててもいいのになぁと感じましたし、総じて私も好評価ですが、難点を言えばちょっと同期音源を使い過ぎかな。打ち込みのKeyにしろ、バックのコーラスにしろ、曲の印象を決定付けるパートが演者ではなく流している打ち込み音源というのはいただけない。それならKey担当のメンバーを入れ、楽器陣はコーラスもとれるように練習した方がいい。やってる音楽は「メタル」だし、メタルシーンで勝負していきたいのなら、できるだけステージ上の人達で再現できるところまでもって行った方が良いと思います。あと、楽器陣、特にギターは弾き過ぎかなぁ。1曲の中での緩急の「緩」が少ないんですよね。Gtはタッピングを交えたテクニック志向のプレイに加えて、ソロではジャジーなフレーズもカマしてきたりして幅広い素養を感じさせて驚かされましたが、ピロピロが多すぎる気がします。ここぞという時にピロピロした方がその破壊力も印象も増すと思うんだけどなぁ。私の感性がオッサンなだけかもしれませんが…(汗)
バンド自体のレベルは非常に高いと思ったので、注文も厳しめになってしまいましたが、「もっと売れててもいい」。これは非常に感じましたね。
スポンサーサイト

COMMENT 0