島田荘司『リベルタスの寓話』

島田荘司_リベルタスの寓話
島田荘司『リベルタスの寓話』 (講談社文庫)

島田荘司の『リベルタスの寓話』を読みました。表題作と『クロアチア人の手』の2編を収録、共にボスニア・ヘルツェゴヴィナ(周辺)の民族紛争を背景にした作品です。

以下コピペ。
やっぱり、御手洗!
人間はかくも残酷になれるものなのか――。民族紛争がもたらした怨念が胸を抉る、超絶スケールの傑作2編!
ボスニア・ヘルツェゴヴィナで、酸鼻を極める切り裂き事件が起きた。心臓以外のすべての臓器が取り出され、電球や飯盒の蓋などが詰め込まれていたのだ。殺害の容疑者にはしかし、絶対のアリバイがあった。RPG(ロールプレイングゲーム)世界の闇とこの事件が交差する謎に、天才・御手洗が挑む。中編「クロアチア人の手」も掲載。



以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

トリックの無茶してる度で言うと屈指の2編です(笑)。こんなハウダニット出来るわけねえだろ!というトンデモ系のトリックです。特に『クロアチア人の手』の方は凄い。ちょっと無理矢理に見えたトリックでも「あ、あり得るかも…」と思わせるのが島荘の実力というか魔力ですが、今回ばかりはその神通力も通じず、か?伏線の回収も十分とは言えないですねぇ。

でも私はそんなこと割とどうでもいいんですけどね(苦笑)
2編とも民族紛争における怨念が事件の動機になるのですが、そのサイドストーリーの描写、現代の事件への折り込み方、他の要素(例えばここでのRMTや血液型の問題やピラニア…)と超強引な方法で結びつけるウルトラC級の技、他の誰にも考え付かないような無理矢理トリック、題材への真摯な視線。さらには御手洗潔様も登場して「今忙しいんだよ!」的展開を繰り広げてくれるのだからもうお腹いっぱいです。

島田荘司に本格推理のトリックのキレを求めるかどうかで評価が変わってくる作品ですね。
私は非常に面白く読めました。島荘ファン、御手洗ファンなんで(笑)
スポンサーサイト

COMMENT 0