伊坂幸太郎『終末のフール』

伊坂幸太郎_終末のフール
伊坂幸太郎『終末のフール』 (集英社文庫)

伊坂幸太郎の『終末のフール』を読みました。

以下コピペ。
八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。

こりゃ面白いよ。

以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

1章にひとつの話で、全部で8章。それぞれが同じ団地の住人の話で、それぞれが緩~く繋がりがあります。上の紹介文ほどしゃちほこばった内容ではなく、切り口はいつもの伊坂節です。

伊坂幸太郎の小説は、彼の文章や表現が大好きなので(個人的には)ハズレはありません。全作品読んだわけじゃないんですけど(苦笑)。当たり前のこと言ってるように思えるかもしれませんが、如何に彼の小説の面白さがプロットやトリックでなく、登場人物の会話や心理描写の妙に依っているかを示すものだと思います。(一般的に)トリック次第で面白い/面白くないという評価が左右される作品は山ほどありますし。極端な事を言えば、私は伊坂幸太郎が(彼なりの表現を発揮して)書けば、推理小説だろうが冒険小説だろうが恋愛小説だろうがエッセイだろうが伝記だろうが哲学書だろうが取扱説明書だろうが面白く読めると思うのですよ。多分。

ノン・ミステリである本作は、伊坂幸太郎の「登場人物の会話や心理描写の妙」という魅力をダイレクトに味わえる作品だと思います。描かれるのは、「死」という“終末”が○年後に来るという前提の世界での、人々の「今まで」と「今」と「これから」と「緩い繋がり」。これしかない物語なのだが、もう素敵としか言いようがないです。印象的な人物とエピソードのオンパレード。キリがないのでいちいち例は挙げませんが、「このくだり、イイ!」「この表現が美しい」という箇所がゴロゴロ転がっています。


“こちら側”にあるのは、「現実」や「予定調和」や「ありがち」。
そして“向こう側”にあるのは「ファンタジー」や「偶然」や「突拍子も無い事」。
伊坂幸太郎の小説は、“こちら側”“向こう側”の行き来の仕方や分量の配分が絶妙。

一見ありそうだけどありそうもない出来事や会話。
一見ありそうもないけどありそうな出来事や会話。
一見いそうだけどいそうもない人々。
一見いそうもないけどいそうな人々。
作中で起こる出来事や登場人物のやり取りを通じて、“向こう側”へ触れる事に憧れながらも“こちら側”の安定感にほっとしたりもする。こんな会話がしてみたい、あんな人に会ってみたい、そんな偶然あったらなぁ、と思いながらも(陳腐な言い方だが)みんなそれぞれの悩みを抱えてんだよなぁ…と安心(?)してみたり。

伊坂幸太郎の小説を読むのはこんな感じなのですよ、私にとっては。
(↑わかりにく!)
スポンサーサイト

COMMENT 0