UNISONIC & GOTTHARD@渋谷AX

UNISONIC Special Guest:GOTTHARD 渋谷AX (2012/9/6)

UNISONICGOTTHARDのライブを観に行って来ました。キャリアの長いGOTTHARDの方が「Special Guest」ということで日本ならでは、って感じですね。彼らのファンからしたら噴飯物かしら?GAMMA RAYRAGEの公演の時を思い出すなぁ…(苦笑)。
※これから彼らのツアーに参加する方で、ネタバレしたくない人は注意してください。


GOTTHARD
彼らのライブはLOUD PARKで一度観た限りです。その時は故Steve Leeの歌の上手さと観客のコントロールっぷりに驚きました。今回は新ヴォーカリストにNic Maederを迎えてから初の来日公演です。観客の入りは7割程度でしょうか、ちょっと寂しく、「スイスの英雄を迎えるのにそんなんでいいの!?」って感じですが、私如きの言うセリフでもないし、翌日金曜日の公演の方が客の入りは良いでしょう。
そもそも私はGOTTHARDの熱心なファンでもないし、オリジナル・アルバムは数枚しか持ってないし、好きな曲は全てバラード(笑)なので、大した感想も書けないのですが、結果から言うと素晴らしいライブだったと思います。1曲目の前半はバンド・サウンドがぼんやりとした感じでしたが、すぐに改善。ギター2本にキーボード(Keyの人はサポートですかね?めっちゃバンドに馴染んでましたが)、時にはNicがギター持ってトリプル・ギター状態でしたが、音の整理がなされていてごちゃごちゃせず、とてもパワフルで“ビッグ”なサウンドです。こんな真っ直ぐなHRを生で聴いたのは何時ぶりだろう、もうハードロック直球です。某誌の言う「BFMVがアリーナロック」とかはピンとこない私ですが、彼らはまごうことなきアリーナロック、そしてライブバンド。
注目の新Vo・Nicですが、彼がまた素晴らしい!若き日のJon Bon JoviにGary Cherone(EXTREME)を足して(つまり口デカイ)2で割った感じの容姿で溌剌としたパフォーマンス。「オゥ、イェ~」で始まるMC、シャツの胸元の空き具合、全てが80年代丸出し(←褒めてます)!1971年生まれらしいので40歳超えているくらいですが、めちゃめちゃ若々しいです。肝心の歌唱ですが、これまた素晴らしい。Steveほど八スキーさはありませんが、高音域も自由自在で力強い。私が言うのも嘘くさいですが、これ以上ないって程の後任Voでは?会場のファンにも十二分受け入れられていたようです。「偉大なヴォーカリストに捧げる」的なMCで始まった、ピアノのみをバックに歌ったOne Life, One Soulでの歌唱に思わず涙してしまいました。あと「Tokyoー!」のこなれ方にもビビりましたね(笑)。「トキオー!」って感じじゃなくてしっかり「トーキョー!」。やるな、Nic。
ほとんどがアッパーな感触の曲で占められたライブ向けの選曲は、正直直球過ぎて私の好みではなかったのですが、約1時間、完成度の高いライブだったと思います。こういう何のてらいのない音楽をたまに聴くと、自分の中の音楽に対する態度がリセットされるようで、これもまた良し。

<GOTTHARD 9/6 セットリスト>
01.Dream On
02.Gone Too Far
03.Starlight
04.Top Of The World
05.Remember It's Me
06.Sister Moon
07.Fight
08.Hush
09.One Life, One Soul
10.The Story's Over
11.Mountain Mama
12.Right On
13.Lift U Up
14.Anytime Anywhere
※某掲示板からいただきました。合ってます?



UNISONIC
さて、私にとってはLOUD PARKで見逃したリベンジでもあります。目的はズバリHELLOWEEN曲(笑)。事前情報によるとI Want OutFuture WorldMarch Of Timeはプレイしそうですが如何に…。
彼らの出番になる頃にはフロアは8割強くらい埋まってきたでしょうか。大仰なイントロを経てUnisonicからショウが始まりました。お、めちゃめちゃメタリックだ。AVANTASIAで来日した時よりよっぽどメタル的音像です。その音の尖り具合はCDでのメロハー風味を吹っ飛ばすほど。いい意味で言うとライブっぽいラフさがあるが、逆に言うとキンキンして音にまとまりがない。非常にまとまっていてかつパワフルだったGOTTHARDの後だと余計にそう感じます。私はフロアのど真ん中にいたんですが、場所によってはもっと酷かったのでは?なんでそんな事が気になるかというと、Michael Kiske(Vo)の調子がかなり良かったからなんですね。AVANTASIAの時は本調子じゃなかったKiskeですが、この日はかなりイイ!Kiskeはハイトーン・ヴォーカリストなんじゃなくって、「ハイトーンも得意」なヴォーカリストというのが私の認識ですが、(余人には代えがたい)中音域の何とも言えないふくよかな感じが非常に発揮できていたと思います。それを演奏が邪魔しやがるんだ!リズム隊は音がデカ過ぎ、Mandy Mayer(Gt)の音は聞こえないし、Kai Hansen(Gt)はノイズ・コントロ-ルがまるでできてなくてキンキンするし。メンバー本人達というより技術屋の問題だとは思いますが…。Kiskeのヴォーカルを生かす事がこのバンドの生命線だろ、と私は思ってるのですが勘違いなのか?ギターはKaiだけが悪者かと思いきや、Mandyもやりやがる(笑)地獄のギター・ソロ・タイムです。元々Kaiがかなりフラッシーに鳴りっぱなしのギターを弾くことは分かってましたが、Mandyのソロ・タイムが酷いのなんの。スライドバーを使って轟音でウォーンウォーンやっているだけのノイズ地獄。もっと味のあるプレイをする人だと思っていたんだけど、非常にがっかりです。いつにも増しての私の罵詈雑言ですが、Kiskeのヴォーカルを邪魔することの罪はそれほど深いのですよ。

というわけで音の悪さが極上のメロハー・テイストを台無しにする彼ら本来のレパートリーは置いといて(笑)、やはりHELLOWEEN曲ですよ、奥さん。「昔に戻ろう。まだロングヘアーだった頃の曲だ」的MCの後、一発目の南瓜投下!

「I'm Alive」の曲コールに一気に沸き立つフロア、っていうか俺!
ガァァアアアアーー!
ここでMarch of Timeが来ると思っていた私にまさかの選曲のI'm Alive。正直前者の方が好きなんですが、後者はKiskeの「デビュー曲」として特別ですからね。南瓜曲ではメタリック過ぎる音像が苦にならない、というか興奮して音の悪さが気にならない(笑)!あぁ、あぁ!少々ラフながら今までCDで聴いてきた通りのヴォーカルが、あの声によるあのメロディーが!Kiskeの口から放たれ、渋谷AXの空気を振動させ、俺の外耳道を通って鼓膜を震わせるゥ!緩む涙腺!ブリッジのメロディが絶品過ぎる…
「I'm Alive~!」
「I'm Alive~!」

「俺は生きてるよ!」
めっちゃ興奮しましたが、結局March of Timeは演奏しなかったのでそれは非常に残念でしたね。I'm Aliveがギタリストの為の曲だとしたら、March Of Timeは完全ヴォーカリストの為の曲ですからね。あの超ハイトーンの続くサビをKiskeのVoで聴きたかった…(涙)別日程ではプレイするかな…?

で、事前情報の通り、アンコールはFuture WorldI Want Out連続南瓜投下!意外性がなかったからか、それとも夢のようで実感が伴っていなかったからか、号泣するようなことはありませんでしたが至福のひとときでした。「信じられん!」ってのが一番近い感情ですね。「本来の声」で自分の大好きな曲が歌われていることも、自分がその場に実際いたことも、KiskeとKaiが隣り合ってステージに立っていることも、何もかも信じられん…。あぁ…夢のようだ…。

<UNISONIC 9/6 セットリスト>
01.Unisonic
02.Never Too Late
03.King For A Day
04.I've Tried
05.My Sanctuary
06.I'm Alive (HELLOWEENカバー) ←天国
07.No One Ever Sees Me
08.Star Rider
09.Guitar Solo ←地獄
10.Souls Alive
11.We Rise
12.Never Change Me
ENCORE
13.Future World (HELLOWEENカバー) ←成仏
14.I Want Out (HELLOWEENカバー) ←涅槃
※某掲示板からいただきました。

Never Change Meで一部Kaiが歌ったんですが、やはり「下手だなぁ」と思って吹き出しちゃいましたねぇ(笑)GAMMA RAYだとまるで気にならないんですが、Kiskeとの対比効果でつい…。

はっきり言ってGOTTHARDの方が良かったです、バンドとしては。しかしKiskeのヴォーカルでHELLOWEENの曲が聴けた、これに尽きます。私、南瓜バカなんで許してください。このバンド(UNISONIC)が継続するとして、次作のツアーに参加するかは南瓜曲の割合に依りますね。正直なところ。
スポンサーサイト

COMMENT 2

kazz_asai  2012, 09. 07 [Fri] 21:43

Unisonic悪くはないですが

Keeperの曲をキスクVoで聴く…
これがいかに至福であるか。私も南瓜バカですのでよくわかります。
あと数曲はKeeper欲しいところです。
しかしキスクがいてもカイは歌うんですね。
Iron Saviorでも1曲だけ歌ったりしてたけど…。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2012, 09. 08 [Sat] 10:04

kazz_asaiさん、

UNISONICが順調に活動していったら、南瓜曲は少なくなるような気もするんですよね…。現状でも少ないからこその「オオオォォォオオ!」を生み出せているような気はします。

Kaiが歌ったのはブリッジパートの少しだけですので、全体としてはスパイスのようなものかと…。ただそのスパイスがあまりにも強烈に効くんですがね(笑)さすがゴッドヴォイスです(笑)

Edit | Reply |