荻原浩『噂』

荻原浩_噂
荻原浩『噂』 (新潮文庫)

荻原浩の『噂』を読みました。

「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、足首のない少女の遺体が発見された。衝撃の結末を迎えるサイコ・サスペンス。

あまりミステリ畑の作家として認知されていないような気もするんですが、本書はがっつりミステリです。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓





本書の帯タタキは「えっ、と思わず声が出る衝撃のラスト1行」というもの。
誘われはしますが、そこにのみスポットが当たってしまうことにもなりかねない、諸刃の剣的な売り文句です。

実際になかなかのインパクトを残すラストだと思います。ただ、どんでん返しの切れ味はなかなか強力でありながら、個人的にはあまり好きなひっくり返し方ではないかな。ラストに行き着くまでに自分が「いいなぁ」と感じてたポイントを裏切られるというか、台無しにされた感があるから。
まぁそれも登場人物に感情移入しているからこそ、かもしれませんね。小暮と名島の刑事コンビは好き。

主人公は刑事です。でも本作、警察小説のフォーマットに則ってはいても、その実、警察小説ではない。というか、警察小説っぽくはありません。
組織の掘り下げが甘く感じるし、捜査陣営の描き方が薄っぺらく説得力に欠けるので。こんな見当外れの方針ばかり打ち出す、バカな捜査本部は無いでしょうよ。つか、一般人のいる電車やタクシーの中で、刑事がペラペラと事件のことを喋るんじゃあない(笑)
あと、小暮はかつて警視庁捜査一課にいたという設定ですが、その経歴に説得力を与えるようなエピソードがあれば良かったかなぁ、と感じました。

そんなリアリティの欠如のせいか、小説を読んでいるというよりは、軽めのテイストのテレビ・ドラマを見ているような心持ちでページをめくってました。
読み物としては面白いけど、心に深く響くものは無かったな…。


スポンサーサイト



COMMENT 0