米澤穂信『儚い羊たちの祝宴』

米澤穂信_儚い羊たちの祝宴
米澤穂信『儚い羊たちの祝宴』 (新潮文庫)

米澤穂信の『儚い羊たちの祝宴』を読みました。装画が美しいですね。タイトルもかっこいい。
やたら評判が良いのを知ってはいたんですが、短編ってあまり得意ではないので、後回しにしていました。

夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が。優雅な「バベルの会」をめぐる邪悪な五つの事件。甘美なまでの語り口が、ともすれば暗い微笑を誘い、最後に明かされる残酷なまでの真実が、脳髄を冷たく痺れさせる。米澤流暗黒ミステリの真骨頂。

実際は短編集というより連作集というべき作品なんですが。
こりゃあ凄いね。噂に違わぬ傑作だわ。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓




各ミステリ・ランキングの常連となって久しい筆者ですが、管理人はそれほど熱心に追いかけているわけではないんですよね。興味はあるんですけど。
というのも、先に書いたとおり、私は短編よりも長編派なものでして。ランクイン作品に短編集が多い(ような気がする)米澤作品は、自然と後回しになっていました。

あとは、何冊か読んだ(片手以上・両手未満、くらい)んですけど、未だ自分の脳内に「米澤穂信ってこういう作家だ」という像が定まっていないからかも。
小説を読んでいるとたいてい、書き手である作家特有のイメージがなんとなーく浮かんだりします。風景だったり色合いだったり匂いだったり。米澤氏の場合、それがまだ私の中で定まっていないのよね。なんというか作品ごと、シリーズごとに、浮かんでくるシーンがまちまちなんですよ。それは私が米澤穂信の何かを掴み損なっているからかもしれないし、はたまた彼が「何でも書ける作家だ」ってことの裏返しかもしれません。

これまでの米澤作品でいちばんのお気に入りは、『折れた竜骨』。あれは最高でした。しっかり本格ミステリしていながら、ロマンたっぷり雰囲気ばっちりな傑作でした。
で、本作。
『折れた竜骨』とは似ても似つかない作品です。同じ人が書いたとは思えない作風なんだけど、こちらも最高。

プロットとかトリックに関係なく、その世界に身を投じるだけで幸せを感じる類の作品がありますが、『儚い羊たちの祝宴』は正にそれです。良い意味で最高の雰囲気モノ。
閉鎖空間でのねじれた女たちの恐ろしさ。耽美で美しく、どこか幻想的な空気のなか、スッと差し込む残酷さに痺れる。注意深く感性を研ぎ澄まして読んでいないと、最も甘美で美味しい箇所をうっかりスルーしてしまう。仕掛けは実に繊細。
5編とも素晴らしい出来栄えです。とくに『玉野五十鈴の誉れ』と『北の館の罪人』は白眉ですね。


本作を読むことで、またさらに筆者のことがわからなくなってきちゃった。
米澤穂信の底の知れなさ、恐るべし。


スポンサーサイト



COMMENT 0