ブルーフォレスト にしやまさん生誕祭 『 いつもありがとうございます! 』 @新宿RUIDO K4 (2020/2/18)

ブルーフォレスト にしやまさん生誕祭 『 いつもありがとうございます! 』 新宿RUIDO K4 (2020/2/18)



【にしやまさん】
①ブルーフォレストのプロデューサーである西山雄作氏のこと。
②初対面の際、名前を大声で連呼することで相手に羞恥心を与える。
 例 : 「ひげさんですか!?あのヒゲ・スカイウォーカーさんですかッ!?」

【ビンタ】(「ぴんた」とも)
①他人のほおを平手で打つこと。
②頭髪の鬢(びん)の部分。また、頭・首。
③「殴ったね! 」
④「2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」
⑤「それでも男ですか!軟弱者!!」



前日のエルフロート・ミオに続き、同じ新宿RUIDO K4で2日連続の生誕祭開催である。この2月18日は、ブルーフォレストのプロデューサー、西山雄作氏の生誕イベント。ミオ生誕に来た人はチケットの半券を提示すれば、500円で入れるというサービスっぷりです。

出演するのはブルフォレ所属3ユニットのほか、盟友One to One Agencyの3ユニット(アンダービースティーTEARS-ティアーズ-Sistersあにま)。それと「超絶スペシャルゲスト」。
ん…?
超絶…、
スペシャルな…、、
ゲストですってぇ…、、、!!??


Sistersあにま
ベビオンリーユなCrazy for meはシスあにでまず好きになった曲ですけど、メジャーリリースとなる(なった)デビュー・シングルのタイトル・トラック、Queen of ~もめちゃくちゃ良いのよね。
…って、それがこの日のライブを観て感じたことだったのかどうか覚えてませんけど、まぁそういうことです。さすが「music : Takekoshi Takuya」という出来栄え。3曲入りのシングル「Queen of ~」、オススメです。ベビオンリーユも収録されてます。


TEARS-ティアーズ-
この日のライブ、インパクトの大きい出来事が2つあってですね、それについては後述しますが、そのツートップに印象を全部持ってかれてしまった結果、ほかのことをあんまり覚えていなかったりします。TEARS-ティアーズ-のステージに限らずね。Myノウミソの記憶領域が年々狭まっていることもありますし。

とりあえず、鴨鴨鴨ですよ。
Panther♡サビ後半の歌詞が「鴨!鴨!come on!」だと知ったのはつい最近のことです。冗談交じり?に鴨鴨鴨なんて言ってましたが、まさかほんとに「鴨」って言ってるだなんて。てっきり「come on×3」だと思ってたよ…。

<セットリスト>
1.君色♡Melty step
2.Panther♡
3.チューベローズ
4.storia


アンピクシープーペ
必殺の衣装キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!! とシャウトしました。
レギュラー衣装じゃなくて、もういっこの花モチーフのオトナカワイイドレスっぽいやつ。超絶スペシャルむをるやつ。
この衣装姿の3人をまた観れるとは思いませんでした。ごちそうさまでした。胸いっぱいです。
この衣装で1曲目がクッソ激しい精霊NIGHTですからね。よく覚えてないんですけど、カチューシャ状の髪飾りは一瞬で吹っ飛んでいったことと愚考いたします。

そしてやっぱりダイヤモンドリーマーは泣ける名曲なんだよなあ。ダイヤモンドルフィーの代表曲の多くはアイフラに継承されてますけど、これは別。引き継がれていない。しらいしゆの色がとりわけ強いというのもあるでしょうし、(切ないんだけど)爽快感と明るさを感じる曲のカラーのせいもあるでしょう。ピプペでしか聴くことができない曲。
このライブの時点ではピプペのステージがあと1ヶ月ちょいしかなくて、2ヶ月後には解散しちまうなんて知る由もなかったんですよ。もしかしたら生でドリーマーを聴くことがこの先ないのかも…とか考えると、胸がキュゥッとなる。

<セットリスト>
1.精霊NIGHT
2.君と私でイコール
3.Shining
4.ダイヤモンドリーマー


エルフロート
緑衣装だぞ。
で、このセトリ(↓)だぞ。
昇天しちゃうだろ。特に時折と夢標ね。たまらん。
プリンと豆という、お祝いの場に相応しい楽(たの)すぃ曲×2つを、キラーチューンでサンドイッチした構成がよかよか。

<セットリスト>
1.時折マーメイド
2.プリプリプリン・アラモード
3.エルフと豆の木
4.夢標


超絶スペシャルゲスト
ただのゲストではない。
スペシャルなゲストだ。スペシャルってことは特別だ。
しかもただのスペシャルではない。超絶にスペシャルだ。
「ただのスペシャル」という言いまわしもどうかと思うが。

超絶に、スペシャルな、ゲストってのは相当盛ってますよコレは。
安○晋三とかドナルド・ト○ンプがRUIDOのステージに現れてもおかしくないくらいの盛りっぷりです。
それはなくとも、にしやまさんの生誕祭に来る超絶にスペシャルなゲストって誰よ?って考えたときに、いくつか浮かんでくる顔がありましたよね。つまりブルフォレ・ユニットからの卒業メンバーで。
マアヤ…、うらら…、モモ…とか。

違いました。
約ひと月前にTEARS-ティアーズ-を卒業した、天知瑠歌でした。
超絶って…。。。
確かに1曲目の時折マーメイドエルフロートのカヴァー)は色々超絶でした。何が超絶だったのかは述べませんが。
でももっと超絶な、というか「超絶」というよりは「特殊」な催し物がネクスト・カミング。それが上記の「インパクトの大きい出来事パート1」になります。

「天知&西山」の組み合わせといえば「ビンタ」なのですよ。そういう動画がインターネッツには転がっているのです。管理人が西山さんの容姿を知ったのもそのビンタ動画だったりしますし。
もちろん、ビンタするのは超絶スペシャルな天知、ビンタされるのは西山さん、です。「加害者=天知、被害者=西山」と言ってもいい。いや、人によってはビンタされるのは御褒美かもしれんから、一概にはそうも言えんか。まぁどっちでもいいや。

とにかく、西山さんが天知にビンタされるコーナーです。自身の生誕祭でぶたれるプロデューサー。このときだけ撮影オーケーになるイベントです(笑)
いくつものスマホが掲げられ、観客とフロアに出てきた出演者が固唾を呑んで見守るなか、強靭なリストとアームから繰り出される天知の超絶スペシャルビンタが、天才プロデューサーに炸裂。一発ノックアウト。脳震盪でしょうね。タオルを投げるセコンドもおらず、テンカウントでも立ち上がれません。そのまま病院送りです。※ウソ
その後、嘘つきブリリアントダイヤモンドルフィーのカヴァー)をやったらしいんですけど、ビンタの印象が強くってまったくもって記憶に無いww

<セットリスト>
1.時折マーメイド
***** にしやまさんへのビンタTIME *****
2.嘘つきブリリアント


アンダービースティー
薄々やるとは思ってたけど、いきなりやりやがったフェイクポーカァァアア!!(歓喜の叫び)
言うこと is 無い。
これ以上ないってほど強い4曲を並べて、全く隙が無い完璧アンビスさんでした。
さっすが。

<セットリスト>
1.fake poker ~生き様に賭ける道楽~ (ダイヤモンドルフィーカヴァー)
2.raven
3.occult propose
4.happiness to you!


I.D.And Fly LooM
インパクトの大きい出来事パート2。
それはイベントの最後、アイフラの出番の最終曲でした。

不条理なパレード、投下。
まさかやるとは思わなかったよね。
というか、単独公演以外で聴ける曲だとは到底思えなかったし、もしかしたら曲名をそのまま公演タイトルに掲げたEX THEATER ROPPONNGIのあの場でだけ披露して、その後は封印されてもおかしくない、そういう位置付けの曲だと思っていたよね。

2019年に出会った曲のなかでも、ひときわ強い印象を残した同曲。
歌詞以外の予備知識はない状態で体験したあのときとは異なり、こっちは何度も繰り返し聴いて悶絶済みですからね。不意に来たこの“再会”に泣くなってのはそりゃムリPO☆ RUIDO K4の床が水浸しですよ。私の涙で。
素晴らしいものを見せてもらいました。

<セットリスト>
1.錯覚の喜雨
2.オズワルドマイム
3.サヨナラgoodbye
4.不条理なパレード


ところで生誕生誕って西山さんの誕生日がいつだか把握しないままその場にいたんですけど(失礼)、この日が誕生日当日だったんですね。2月18日。おめでとうございます。
(もう7月)


スポンサーサイト



COMMENT 0