しらいしゆの卒業の4月24日をもって、アンピクシープーペのメンバー全員が卒業へ

pipupe_profile2019_1.jpg

ダイヤモンドルフィー、現アンピクシープーペのしらいしゆのが、アイドル活動を卒業することになったと記事にしたばかりです。→コチラ。
その1週間後、みずき生誕祭(3/18開催)にて、藍川さゆとみずきもピプペを卒業することが発表されました。『しらいしゆのアイドル卒業式』の予定だった4月24日(金)浅草花劇場は、ピプペ全員の卒業公演へとシフトするようです。

経緯としては、(ゆの発表のあと)みずきが卒業を表明。2人の卒業を踏まえたうえで、さゆ1人によるピプペ継続ではなく、全員がいっぺんにピプペ卒業というカタチに落ち着いたとのこと。
ゆのの卒業発表からこっち、敢えて目を背けてはいたけど、「ピプペ解散」は有り得ると思っていました。件の記事に書いたように、ピプペを作ったのはゆのだから。彼女が去るタイミングで…、となるのは自然なことですし。また、さゆ&みずきによる“2人ピプペ”の姿が想像できないってのもある。それはなんというか、フォースのバランスが崩れるような感じなのだ。
ピプペは3人で完璧な調和を保っていたから。


ありがたいことに、ピプペはその始動公演から観ることができたんですよね。
そこから1年。奇跡を超える軌跡を、こうしてこのブログに残せたことは良かったと思うのよね。自分のために。(つか、まだ書けてないレポもたくさんあるがw)
私は、熱心なヲタさんみたいに彼女たちのステージのほとんど全てを観てきたわけじゃあないです。でも、それでも、テレフォンピンクさんとコピーレッドさんとお茶汲みパープルさんの働きっぷり(?)が、こうして1箇所にまとまっている例は他にあまりないと思うのでね。文章の至らなさや個人ブログならではの偏向は、このさい脇に置いといて。

そんなふうに、自分にとってのアーカイヴとしては貴重な記録だと思ってますし、一部のヲタさんからも好意的な御言葉をもったいないくらいたくさん頂戴しました。ほんとうにありがたいこと。
…のうえで、もし、メンバー3人にとってもウチのブログが、自分たちの航跡の記録となり、そして、卒業してからの日々において、「再就職期間」「アイドル余生」を振り返るときの“よすが”になるのならば、これ以上嬉しいことはありません。

この局面にきて、まさか大阪に転勤になっちまうのは想定外でしたけどもねw
折も悪く(?)、3月下旬からあきちかが老朽化に伴う点検・修繕に入るとのことで、水曜日の定期公演以外は使用停止に。結果、必然的に社会人拝謁の機会がガクンと減りそうな自分にとってはダブルパンチ…。。。。


ゆの卒業発表記事では彼女のことだけでなく、管理人としては自然な流れでもって、メンバー全員について触れました。3人それぞれの個性や魅力や輝きは違うけれど、ステージに向かうスタンスやパフォーマンスに賭ける思い、そして美学には、共通するものがあったと思うので。だから、あの記事をまとめる途中で、ゆの1人のことだけじゃなくて、さゆとみずきのことも自然と書いてた。

普通に社会人として働きながら、週2回のライブをこなすって、えらいこっちゃですよ。それもあのクオリティのステージを毎回。
で、そのための練習を重ね、既存曲とはいえレパートリーを増やすためにいくつも曲を覚えるって、えらいこっちゃですよ。
尊敬してます。表現者として、エンターテイナーとして、ひとりの人間として。


繰り返しになりますけど、ダイヤモンドルフィーエルフロートでの“現役”の姿を観ることが出来なかった身としては、ピプペでの“復活”は僥倖みたいなものだったし、「戻ってきてくれてありがとう」の言葉しかありません。
ピプペ始動からの1年、ほんとに幸せだったんですよ。

「私は間に合ったんだ」
今、この気持ちでいっぱいです。
ほんとギリギリのタイミングで、間に合った。観ることができた。
しらいしゆのと藍川さゆとみずきが、もいちどステージに戻ってきてくれたから。
ぴこにゃんがムリヤリ()引き摺り込んでくれたから。彼のおかげで私は滑り込めたの。
ありがとう。

スッッペシャルな1年だったよね?
だから最後は最ッ高にスッッッペシャルに締めくくってほしい。
あと1ヶ月。
そして、2020年4月24日(金)浅草花劇場。すんごいのぶちかましてくれるよね。



あと、こういう記事だとやっぱり最後になってしまうけどね、
みずきぴよぴよちゃん、お誕生日おめでとう。
あなたのまっすぐさはかけがえのない資質です。
すき。


※カテゴリは<I.D.And Fly LooM、ダイヤモンドルフィー>に登録しました。


スポンサーサイト



COMMENT 1

兆司  2020, 03. 20 [Fri] 04:31

アイドルを 応援することって 結構 責任もあるんだ と 感じて 甘いこと ではないと。そして、彼女達は 若くても 大人なのだと。だから、子供のままの 人間のクズの 老年が 近づくのは 違うのかなと、痛くて 苦しい。

Edit | Reply |