エルフロート、アンピクシープーペ、I.D.And Fly LooM 【ブルーフォレスト定期公演】 @あきちか (2020/2/5)

【ブルーフォレスト定期公演】 あきちか (2020/2/5)

elfloat_profile2020_1.jpgpipupe_profile2019_1.jpg


【しわしわ】
①物がしなったり、へこんだりするさま。また、その音を表わす語。
②ひどく皺がよるさまを表わす語。

【JK】
①「女子高生」の略で、女子高校生、高校生女子を指す語。
②主に「常識的に考えて」の略として用いられるインターネットスラング。



3ヶ月以上前のライブレポです。←
2月5日、水曜日のブルーフォレスト定期公演です。各ユニット25分ずつ。


I.D.And Fly LooM
トリコロール衣装の帽子なしVersion。

ここまで攻めまくるセトリは非常に珍しいのではないですかね。たいていは、マイスクとか猫とかを挟んできますから。5つ並んだ曲全てが、攻撃力高いです。なんかメンバーにむしゃくしゃする出来事があったんでしょうか? …なんて要らん心配をしてしまう(笑)

ともあれ、これらシリアス系のパワーチューンは、楽曲そのもののカッコ良さもさりながら、曲の“主人公”となるメンバーをヒロイン役として輝かせる効果がデカいんですよね。アンリスはhinako、アンサーはnatsuki、ポーカーはasuna、スネイクはmichelle、エンデビはchihiroという具合に。そういう意味でも見応えがありますし、好きですね。

<セットリスト>
1.アンリストカット
2.answer of kill
3.fake poker ~生き様に賭ける道楽~
4.SNAKE GIRL ~勇敢愛心~
5.Angelic Devil [remake]


アンピクシープーペ
社会人さん、Tシャツに衣装のスカートを合わせたコーディネートです。

で、そのコーデのポイントとなるTシャツが しわしわ なのが、ピプペ。これを「抜け感」と呼ぶと途端にファッションモデルっぽさが爆上がりしますけど、ここは単に「迂闊」と評すべき場面でしょう。
ちなみに、しわくちゃなのはゆのりんこチャンとみずきですね。りんこさん曰く、「みずきちゃんはきっとアイロン掛けてこないと思って笑」、と。トークでしっかり笑いを取れるのが社会人チームの強みだったりします。
で、さゆてんだけはきちんとアイロン掛けてきてました(笑)。何もできないからお茶汲みしますとか言ってるけど、さゆてんはできる子なんだ。

ゆのりんこチャンは痛恨のツインテでしたが、本人はツインテールに対して並々ならぬ熱い思いがありますし、痛恨だったのはもしかしたらヲレだけだったのかもしれないから、それについては触れないでおこうと思います。

<セットリスト>
1.精霊NIGHT
2.そんな君が好き
3.拝啓 ロミオとジュリエットへ
4.愛の手錠
5.water tree


エルフロート
制服公演です。
「制服」とはある一定の組織の所属者が着用することを目的に規定された服のこと。私服に対する概念。ですから、ひとくちに「制服」といっても色々あるわけです。ただし、ここで言う「制服」とはアレだ。JKだ。This is JYOSHI-KOSEI。

登場したメンバーを見た瞬間、ヲレの脳内放送局が吼えたんだ。
「これはいけない!いけません!」
(サッカー実況アナの口調で)
「イエローカードが出る場面でしょうね。こんな格好をされたらひとたまりもありませんから」
(サッカー解説者の口調で)

王道白セーラーのリカ。黒セーラーのミオ。
これはすなわち、陰と陽である。
森羅万象、宇宙のありとあらゆる物は、相反する陰と陽の二気によって消長盛衰し、陰と陽の二気が調和して初めて自然の秩序が保たれる。と、ナンチャラペディアに書いてあります。
つまり、そういうことです。陰と陽がもたらす加護によって、ここあきちかでは全てのエレメントが調和し、八百万(やおよろず)の神が安寧秩序を保つことに成功していたのです。フォースにバランスをもたらしたのは、森から来た2人の女子高生である。
知らんけど。
ワシ、特にセーラー服で萌えるわけじゃないけど。

というか、この日の禁断のShall We Dance、最高じゃなかったっすかッ!?
もう覚えてないっすか!?
ですよね!?
でも管理人のメモには「最高の禁断」って書いてありましたんで、最高だったってことっス。そうなんス。
前曲のだいちゅきとはうってかわって、禁断では太めの歌唱法・発声法にチェンジしたミオのパフォーマンスが見事でした! さすがは陰のJK。

新旧・硬軟整った、バランスの良いセトリでしたね。やはりこの日のあきちか、JKパワーによる陰陽の調和がパないわ。
Missing linkはマアヤのドヤ顔パフォーマンスの印象が強い曲ですが、今後そのイメージを払拭できるか。(払拭する必要があるのかどうか知らんけど)
あと、ヴァンパイアキャッスルのメインリフのところ、両手にカクテルシェイカー持ったバーテンダーがヘドバンしながらそれを振りまくるみたいな振り付けがあるじゃないですか? あれ可愛いですよね。

<セットリスト>
1.だいちゅき
2.禁断のShall We Dance
3.ホーリーリング
4.ヴァンパイアキャッスル
5.Missing link


スポンサーサイト



COMMENT 0