阿部和重 & 伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

0 0
阿部和重伊坂幸太郎_キャプテンサンダーボルト_1 阿部和重伊坂幸太郎_キャプテンサンダーボルト_2
阿部和重 & 伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』 (文春文庫、上・下)

阿部和重と伊坂幸太郎による共著、『キャプテンサンダーボルト』を読みました。

ゴシキヌマの水をよこせ―突如として謎の外国人テロリストに狙われることになった相葉時之は、逃げ込んだ映画館で旧友・井ノ原悠と再会。小学校時代の悪友コンビの決死の逃亡が始まる。破壊をまき散らしながら追ってくる敵が狙う水の正体は。話題の一気読みエンタメ大作、遂に文庫化。本編開始一時間前を描く掌編も収録!

謎の疫病「村上病」。太平洋戦争末期に蔵王山中に墜落した米軍機。世界同時多発テロ計画。これらに端を発する陰謀に巻き込まれた相葉と井ノ原は、少年時代の思い出を胸に勝負に出た。ちりばめられた伏線が反撃のために収束する、謎とアクション満載の100%徹夜エンタメ! 巻末に書き下ろし掌編小説を収録する。


めっちゃ面白い。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓




阿部和重は『シンセミア』だけ持ってるんですよ。でもまだ読んでないんですよ。つまり、「積ん読」状態なんですよ。他の作品も読んだことないんですよ。
なので、管理人の阿部知識は限りなくゼロです。

そんな人間にとって、本作はまるっきり伊坂幸太郎が書いた長編のように思えます。それくらいイサカイズムが爆発してる。伊坂単独作っぽさ全開。どこが阿部エッセンスなのか、分からない。
まぁ細かいことを言えば、「あ、ここは伊坂っぽくないな」って箇所もあるっちゃああるんですけど、逆にそう思う時点で、伊坂幸太郎っぽさの濃さが尋常じゃないレベルにあるということ。

なので、イサカスキーとしてはとても楽しく読めました。キャラたちの良さ、会話の妙、ちょっとしたモチーフの活かし方、伏線の配置、複数陣営の絡み合い、バカバカしさと切なさ…etc…。もう求めるものが全部そろってる。
伊坂幸太郎のことばっかり書いてゴメン。でもサイコーに面白かったですよ。
私とは反対に、阿部和重ファンで伊坂作品を読んだことのない人は、本作をどう感じるんだろか? 興味ある。


ページトップ