KAMEN RIDER GIRLS@渋谷WWW X

仮面ライダーGIRLS 『 030804-01 』 LIVE TOUR 2019 渋谷WWW X (2019/10/24)



KAMEN RIDER GIRLS(仮面ライダーGIRLS)のワンマン・ライブに行ってきました。
ミニアルバム「030804-01」(「ゼロワン」と読むらしい。なんでや)発売に伴う、東名阪+仙台ツアーの最終日、渋谷WWW X公演になります。

WWWは何度か行ったことがあるし、そのステージでKRGSを観た(RIDER CHIPSとのツーマンで)こともあります。でも「X」付のWWWは初めてね。WWWは地下、WWW Xは同じ建物の2階。キャパはWWW Xのほうが大きいです。

入場してみると、キャパの割りにステージに近く、奥行きが無い。PAブースがステージ寄りに作ってあるんですね。で、その後ろが物販と関係者のスペースになっている。
管理人はPAブース前・最後列にて待機です。


現行体制になってすぐのワンマン(@代官山SPACE ODD。レポは→コチラ)はゲスト・ダンサーを迎えたものでしたが、今回ステージの上はメンバー3人だけ。着ぐるみ仮面ライダーも登場しないし、歌とダンスと音楽と照明によるシンプルなパフォーマンスになりました。
そしてシンプルなだけに、ユニットとしての地力がはっきりと現れたワンマンになっていたと思います。

KRGSは、その特異な立ち位置と成り立ち、活動の場やペースのせいか、アイドル・ユニットとしてもヴォーカル/ダンス・ユニットとしても、実力に見合った評価と知名度を得られていないと感じています。特に管理人のような、特撮/仮面ライダーに全く興味のないところからアプローチしている人間からすると余計に。もちろん、『仮面ライダー』という強力な“後ろ盾”がプラスに働くことのほうが多いだろうとは思いますけど。

『仮面ライダー』という冠を取っ払って考えてみてもね、やっぱりですね、歌もダンスもめちゃくちゃレベルが高いのよ。
ことさら声を張り上げなくても、歌唱力の高さがビシバシ伝わってくる。だからこそ、ここぞ!って時の熱唱に心揺さぶられるの。
メリハリの効いたダンスは、音楽性に合わせてあくまでカッコ良く。そして時折、可愛く。そのバランスの良好さね。ひとつひとつの動作が美しくいちいち様になるし、また、それぞれ役者をやってることもあってか(?)、表情の使い分けにもグッとクるんす。
さすがだなぁ。
舞台に声優にと、それぞれ別個の活動が忙しく、リハーサルをする機会も少なかっただったろうに、きっちりと仕上げてくるんですよね。正にプロ。まぁところどころ歌詞は間違えてましたけど(笑)

今までで一番短いんじゃね?ってくらいばっさりとショートにしたミドリーダー井坂仁美は女神かよ!?っていうフォトジェニックさだし、ちー(秋田知里)の歌声の頼もしさはぶっちぎってる。彼女が歌ってくれれば大丈夫って安心感に溢れてるもん。
そして今回、やたら輝いて見えたのが(鷲見友美)ジェナです。ようやくその実力に見合った自信を得ることができたのか、とても凛々しく映りました。衣装と髪型の効果もあったかもしれません。新譜収録のNext New Wφrldを始めとするリズミックな楽曲だと、彼女のキレのいいVoが映えるんですわー。

個々の実力の高さもさることながらね、GIRLSのチームワークの良さを痛感しましたよね。メンバー同士の関係が良好じゃなくても音は出せるしステージにも立てるんだろうけど、やっぱりね、仲の良いことは武器ですよ、武器。めちゃくちゃ強力な武器。特にアイドル・グループだと、良くも悪くもそれが如実にパフォーマンスに出ちゃう気がする。ふとした瞬間に視線を交わしたり微笑みあうメンバーの姿を見たこちらは、どうしても嬉しくなってしまうからね。
その点でも、KRGSは最高のチームだし(仲良過ぎかッ!?)、そういうグループを好きになってしまうよね。


前回ワンマンから結構曲を入れ替えてきたな、と。新曲があるからそれをめいっぱいやるのは勿論、一部のキメ曲を除いて既存曲も変更してます。もしかして、Just the Beginningを聴かなかったワンマンって、今回が初めてじゃないですかね? それでも満足できてしまうくらい、潤沢なレパートリーを持っているからKRGSは強いのだ。

新曲を前半だけに固めるのではなく要所に配置したり、千手観音的振り付けがあるGo get'emを3人で、しかもハンドマイクでやる等、挑戦的な姿勢も目立ちました。めっちゃ攻めてる。
このチャレンジングなスタンスのまま、いつかYO-SO-LO!の3人Ver.もやってほしいなぁ。


本編終了後、新譜のリード・トラック(といっていいのかな)Endless JourneyのMVが初公開されました。めちゃくちゃ綺麗な映像!そしてカッコイイ!
KRGSはMVをフルで公開することがなくって、それでだいぶ損をしてると思うんですけど、これはバンバン出しちゃってくれ。流しちゃってくれ。黒田絢子を含む4人編成のラスト衣装が一番好きだったので、ほんとはそのMVがないのが痛恨なんだけども。

10周年(!)に向けて、やること/やりたいことの発表もあって、ゆっくりのペースではあれど、前に向かって進んでゆくKRGSの姿を確認できて良かったです。素晴らしいワンマンだった。
2020年4月20日(月)には渋谷WWWで9周年ワンマンが開催されると発表されたので、とりあえずその日程を全力で死守せねば。

<セットリスト>
01.Build up
02.UNLIMITED DRIVE
03.Next New Wφrld
04.Future Capture
05.Journey through the Decade
06.prisoner
07.Mr.Notice
08.proud of you

09.『仮面ライダージオウ』メドレー
 時の王者~
 FUTURE GUARDIAN~
 Black & White~
 Revolutionize~
 Over Quartzer

10.月の満ちる時
11.alteration
12.Go get'em
13.Endless Journey
14.stormy story
15.PEOPLE GAME
16.E-X-A (Exciting × Attitude)
17.我ら思う、故に我ら在り

***** Endless Journey MV公開 *****

ENCORE
18.咲いて
19.Girls Anthem ~with our BIG LUV~


スポンサーサイト



COMMENT 0