I.D.And Fly LooM、アンピクシープーペ 【ブルーフォレスト イレギュラー定期公演】 @あきちか (2019/10/14)

【ブルーフォレスト イレギュラー定期公演】その② & その③ あきちか (2019/10/14)

ifla_profile2019_5.jpg pipupe_profile2019_1.jpg


【イレギュラー】
①不規則なこと。変則的なこと。また、そのさま。
②時折…、いや、頻繁にこういうのをぶっ込んでくるから、ブルフォレは油断できない。

【AC/DC】
①alternating current/direct currentの略。(電流の)交流・直流両用。
②<俗語>両性愛。
③オーストラリア出身のロックバンド。
④汗だく。



毎週水曜日(場合によっちゃあ木曜日だったり火曜日だったりするけど)にあきちかで行われている、ブルーフォレストの定期公演。そのイレギュラー版です。
何がイレギュラーかといったら、対バン方式じゃなくて、出演する4組はそのままにミニ・ワンマンを1日4回行うこと。時間を変えて、1回ずつオープン/クローズ。その①がRilly、その②がアンピクシープーペ、その③がI.D.And Fly LooM、その④がエルフロート。各45分ステージで、なんと入場無料です!
管理人は、ピプペ回とアイフラ回に行ってきました。


そうそう、
この日のとびっきり「イレギュラー」な前提をもうひとつ挙げておきましょう。
あきちかのエアコンが壊れているッ!!


アンピクシープーペ
Tシャツ公演ざます。体育の日だから…って理由じゃないと思います。エアコンが壊れてるから少しでも涼しく動きやすい格好で、と。たぶんそういうことだと思います。

1曲目が必殺のfake pokerでしたけど、Tシャツだと魔法が発動しないんですわ。ドルフィー曲の中でもとりわけ“非日常”度合いが強い曲だけに、“日常”着であるTシャツだとね、観ていて我に返ってしまうというか、そんな感じがあります。
とはいえ、この三社会人のパフォーマンス自体はキレッキレのバッチバチなのでね、ステージが進むに従って違和感みたいなものは薄らいでゆきます。ラフな格好はそれはそれでまた良いよね、みたいな(← チョロい)
例によって自然と似たような格好をしてしまう2人(テレフォンピンクさんとお茶汲みパープルさん)は、「タイトスカートは失敗だったな。これしか脚広がんないのよ」「フェイク(の振り)で蹴りにくい」などと仰ってましたが。

それにしても暑い。
フロアに扇風機/サーキュレーターを設置しているものの、小雨気味のこの日の湿気&熱気を前にしては、「なしのつぶて」状態です。ステージの上はその何倍も暑いでしょう。最初の挨拶の時点で、さゆてんの顎から汗がしたたり落ちそうになってるんですけど…ww
AC/DC(汗だく)。

つかちょっとまって!
今日のゆのりんこチャンの髪型ってば、最強じゃね?
日本イチ髪型にうるさい(厄介な)音楽ブログであるウチですから(?)、ここは声高に礼讃しとかねばなるまい。
サイドを編み込んだゆる巻きでした。それはむをおおおお!だろう。当然だ。#ゆのりんこチャン無敵にカワイイ だから。
オーケー。でもちょっとまってくれ。
少し立ち止まって冷静になってみようじゃないか。
編み込むのはいい。キャワイイよ。問題は結び目なんだ。結び目をどう処理するかで、仕上がりが子供っぽくなるか大人っぽくなるかが決まる。画竜点睛なんだ。運命の分かれ道なんだよ。だってほら、コチラの記事にも『 “編み終わり”こそ格上げアレンジのチャンス 』って書いてあるし。

その点、10.14のゆのりんこチャンは抜かりなしだぜ。どういう神業か知らんが、結び目が自然と目立たなくなっている。巻き髪と一体化しているのか、耳の後ろに隠されているのか…。オトナ編み込みスト爆誕、リアル女神の降臨である。
尊い…。。。
しかしヲレはなんで音楽の記事書くのに、「編み込み 結び目 隠す」とか検索しているんだろうか…w

猛威を振るった台風19号が通り過ぎたあとの公演ということもあり、「生存報告」的なトークも長くなり、持ち時間45分をオーヴァーする結果になってました。MCの度に、「いま何時?」とか確認してたなぁ(笑)。
「社会人だから時間守らないとっ」 ←守れてない
いつにも増して、パフォーマンスと喋りの落差が大きい時間でした。まぁひとことで言うと喋りはグダグダでポンコツなんですが、これが楽しいことこの上ないのでね。あとですね、グダグダが許されるキャラ/許されないキャラ、グダグダが許される程度/許されない程度ってのがあってですね、これはもう感覚としか言いようがないところなんですが、社会人3名は巧みにその“許される”ゾーンを突いてきます。
それは説得力のあるステージを楽しませてくれるから、という大前提があるからなんですけどね。

45分の持ち時間だと持ち曲の7割くらいは披露できてしまいます。ドルフィーとエルフのいいとこどりという、非常にズルいポジションにある社会人集団ですし、始動当初よりも管理人好みのシリアス/カッコイイ系の継承曲が多くなっていますからね。こりゃあサイコー以外の何物でもないミニ・ワンマンになっておりました。
ガッツリ社会人する幸せ、ここにあり。
終演後、11月19日(火)のワンマン・チケットを購入。

<セットリスト> ※曲順自信ナシ
01.fake poker ~生き様に賭ける道楽~
02.精霊NIGHT
03.water tree
04.愛の手錠
05.ダイヤモンドリーマー
06.そんな君が好き
07.Angelic Devil
08.拝啓 ロミオとジュリエットへ
09.bravery heart
10.君と私でイコール


あちゅい…
あきちか、あちゅい…
AC/DC(汗だく)だよ…



I.D.And Fly LooM
イレギュラーなことが盛りだくさんなアイフラ・イレギュラー定期でした。
私服での物販がむをおおおお!むをおおおお!なのは置いといて(?)、新曲オズワルドマイム初公開と、落ちサビ担当者をシャッフルするという趣向が盛り込まれていました。

オズワルドマイム
「オズワルド」で検索するとウサギのキャラクターばかり引っ掛かってきますけど、それじゃない。ジョン・F・ケネディ米大統領暗殺の実行犯とされる、リー・ハーヴェイ・オズワルドのことでしょう。
JFKの暗殺といえばパッと思い浮かぶのは、アレコレの陰謀説なわけですよ。歌詞もその点をクローズアップ、ドルフィー~アイフラの伝統テーマ(?)である、「真実と事実が異なる」「見ているものの本当の姿は全く別のものかもしれない」「錯覚」とジョイントさせたような内容になっています。
歌詞は→コチラ。

「マイム」はパントマイムのマイムでしょうね。無言劇。
そう、劇だったの。パフォーマンスがめっちゃ劇だった。ライフルを構えたポーズに、逃亡犯を追いかける追跡劇のような動き。極めつけはラスト、他のメンバーに囲まれて囚われの身になったasuna。彼女の演技や表情も良かったし、そのシチュエーションの斬新さと恐ろしさにゾクッとしました。
シュレーディンガーの猫のようにもそうでしたが、これまた演劇畑のnatsukiのインプットが大きそうな振り付けですね(事実、ラストの演出は彼女のアイデアだったようで)。ちなみに、口の横にマイクを構えるのを見てPASSPO☆を思い出した…。

歌詞および演出と、アイフラらしさの掛け算になっているこの曲、音楽的にもその“らしさ”が現れています。同時に、新鮮さもある。
前もって歌詞を読んでからライブに臨んだ曲ですけども、(そのテーマからの得た想像と比べて)意外にもポップな仕上がりだったな、と。バンバンぶっ込まれるジャジーなピアノにドコドコしまくるDrと、演奏のクセはかなり強めです。でもそこに乗る歌メロがポップで小気味いいのね。だからメロが浮かび上がってくる。ここらへんのバランス感覚はさすが西山Pだな、と。
いいね。

ライブ後半は「落ちサビ担当シャッフル合戦」。ゆえにメンバーの数だけ6曲。
誰がどの曲をー?ってのは下のセットリストを参照していただきたいですが、落ちサビにそれほど拘ってはいない管理人でも、曲の中の目立つ箇所をいつもとは違う人が歌っているわけで、新鮮な響きがありました。
良かったなと感じたのは、まずchihiro。情念ドロドロ系のanswer of killが小悪魔っぽいイメージに変わっていて面白かった。あとは器用さが光るmichelle。彼女が落ちサビを歌うと、ひたむきさがマシマシになるのよね。錯覚の喜雨の歌詞にも合っていた。しかしこの日の錯覚のみしぇる、セリフ部分の「難解なことの中身はいつも空っぽだ」の「いつも」の部分がすげえドスが効いてる口調で、ワルい女だったなww
あとアンリストカットで「思い詰めたオンナ」を演じたhinakoは、同じく重めのAngelic Devil [remake]でも良い歌唱でした。natsukiは強引なまでの力技でもって、曲を自分のモノにしてしまう感ね。クセが強いw

もちろんアイフラもAC/DC(汗だく)です。
あまりの暑さと激しいパフォーマンスに、メンバーの顔色にも徐々に疲れが見えてきて、最後のほうは消耗戦みたいな鬼気迫る雰囲気が漂っていました。5分くらい時間を残して終わり。押しに押してたピプペの逆だわ。
おつかれー。

<セットリスト>
1.I.D.Fly
2.カルーセルシンドローム
3.オズワルドマイム (新曲)
4.アンリストカット (落ちサビ:asuna)
5.マイスクリーム (落ちサビ:natsuki)
6.answer of kill (落ちサビ:chihiro)
7.SNAKE GIRL ~勇敢愛心~ (落ちサビ:mei)
8.Angelic Devil [remake] (落ちサビ:hinako)
9.錯覚の喜雨 (落ちサビ:michelle)


あちゅい…
あきちか、あちゅい…
AC/DC(汗だく)だよ…



スポンサーサイト



COMMENT 0