『 METAL WEEKEND 2019 』 @ Zepp DiverCity Tokyo (2019/9/15)

BURRN!創刊35周年記念 WARD LIVE MEDIA PRESENTS 『 METAL WEEKEND 2019 』 DAY2 Zepp DiverCity Tokyo (2019/9/15)



転換時間があるライブ!
きちぃ!!(笑)


ということで、行ってきましたお台場、『ULTRA JAPAN』。
…じゃなくてその隣のZepp DiverCity Tokyoで行われた、『METAL WEEKEND 2019』。2日間開催のラインナップはヘッドライナーが異なるだけで、あとは一緒。管理人はHAMMERFALLがトリを務める2日目にゴーです。ちなみに初日のトリはLOUDNESSでした。

さらにちなみに、『ULTRA JAPAN』はEDMのフェスだそうですね。黒Tシャツのメタラーと露出度の高いおねいさんが同乗するゆりかもめ is ケイオスでした。


NEMOPHILA (O.A.)
開場時間中に演奏しているのは、新生ガールズ・メタル・バンドのNEMOPHILA。オープニング・アクトです。
バンドは「新生」であるものの、メンバーは「キャリア組」。Mary's BloodのSAKI(Gt)に、Disqualia(活動休止中)の葉月(Gt)に、テクニカル系ドラマーのむらたたむに、元LipstickのSindyことmayu(Vo)。BaのHARAGUCHI-SANは存じ上げませんでした。
というかVoのmayuも、Lipstickの人だと認識して観ていたわけじゃないんですけどね。この記事を書く段になってから調べて判明した。絞り出すような歌い方をする彼女を観ていて、どこか既視感を感じてはいましたが。

管理人が会場入りしたときにはIRON MAIDENTrooperをうぉーおおおうぉーおおおおーしてました。その後、オリジナルを2曲。
SAKIはメアリーでは正統派HM/ジャパメタ寄りの音楽を展開していますが(ここ2作で拡散傾向が顕著だが…)。本隊との住み分けなのか、ここではラウドロック/エクストリーム・メタル寄りの音を披露しています。ま、彼女がNEMOPHILAのブレーンかどうかは知らないんですけど。私服のようなラフな格好でステージに上がっていましたが、やはり彼女の演奏する姿は映えるんだよなぁ。


RONNIE ROMERO & NOZOMU WAKAI METAL SOULS HR/HM HISTORIA
若井望(Gt)とRonnie Romero(Vo)が居るけどDestiniaではない。似て非なる、METAL SOULSという名義での出演です。“HR/HM HISTORIA”と謳っているように、カヴァー曲中心のステージになっていました。

で、このカヴァーが実にありがちでつまんないチョイスになってるんですわ(苦笑)。QUEENEUROPEWHITESNAKE…。。名曲の乱れ打ちなだけに盛り上がらないわけじゃない、むしろ大いに盛り上がるんだけど、こっちが聴きたいのはカヴァーじゃなくてオリジナルなんだけどね、という。
まぁコンセプトがコンセプトだから仕方がないし、それを知りつつ観てるんで文句を言う筋合いはない。あと、このイベントはBURRN!創刊35周年記念のものでもあり、BURRN!らしいといえばらしい、読者層に合った選曲かもしれないなぁ…とは思いました。

そんななか、MSGというのもベッタベタなチョイスではあるものの、Looking For Loveを選ぶセンスは光っていた! つーか耳を疑った。さすが若井!さすが日本人!って思った(笑)。
Looking For Loveといえば悶絶モノのGtソロ。いわゆる“優等生”タイプの演奏をする人だけに鬼気迫る感じは皆無なものの(苦笑)、奇跡的なまでに嗚咽しまくるメロディ・ラインの旨味はストレートに伝わってきます。Gtプレイ由来の“泣き”じゃなくて、原曲がもつメロディの“泣き”ね。あぁすげえ曲だなぁ…素晴らしいなぁ…。

セットリストは2日間でガラッと変えたようですね。初日にはBON JOVIBorn To Be My Babyをやっていたという。RonnieのVoで聴くこの曲は羨ましいかも…。やっぱりこの人、めちゃくちゃ上手いですし。
CDで聴くとそれほど表現に幅のあるヴォーカリストだとは感じないものの、生で聴くとそこんところはまるで気になりません。それどころか、もともと備えた声の魅力、厚み、技量といった、プラス面ばかりが伝わってくる。とりわけ、「お仕事してる感」を感じさせないパッションは素晴らしいですね。

バンドはKey無しのシングルGt編成です。にも関わらず、Keyが大々的にフィーチャーされている曲もやっているわけで、これはつまり同期音源が大活躍ってことです。びっくりなのは、若井がこの音源を入念に準備してきたことですね。肝となるフレーズだけでなくコーラスもしっかり再現して、物足りなさが全く無かった。そういえば、「絶対RAINBOWやるわー」と思ってたけど、やりませんでしたね。
で、やっぱオリジナル曲なんですよねー。カヴァー曲よりもRomeroたんが生き生きしてるもん(笑)。My Favoriteで年間ベスト記事でも選んだThe End Of Loveはやらなかったものの、Judgement DayMetal Soulsというチョイスはグッドでした。

この2日目には、(何故か)最近HR/HM界隈とのコラボも多い、ロック・ヴァイオリニストAyasaがゲストで出演しました。彼女のステージ、何度も拝んでそうな感じもする当ブログですけど(?)、意外にも観るのは初めてだったりします。音源とか映像作品は持ってるけど。
ショウ後半に登場、Gary MooreのカヴァーOver The Hills And Far AwayDestiniaの曲を2曲、計3曲を演奏しました。いずれもViolinの音色が特別なヴァージョンへとグレードアップさせていましたが(フォーキッシュなメロディが映えるGary Mooreは素晴らしかった)、それよりなにより(?)Ayasaたぁんのカッチョよさに触れねばならんのだ。

CMのイメージ・キャラクターにも起用されるフォトジェクニックさは周知の通り、そりゃあステージに立ってViolin構えてるだけで映えまくることこの上ないんです。技巧的に化け物クラスがわっさわさいるであろうクラシック界隈のミュージシャンの中では、とりわけテクニック的に秀でてるとは感じないんですが、彼女の場合、演奏してるときのアクションがいちいちキマってるのが魅力よね。ロック・ミュージックの中で自分がどう演奏すればどう映えるのか、完璧に掴んでいる感じ。キメに合わせた弓のアクションとか、クルッと踵を返す動きとか、ほんと絵になる人です。
あーカッコイイわー。あー美しいわー。Ayasaたぁんコラボな3曲だけでチケ代の元は取ったから、これ以降は実質無銭ライブ。

<セットリスト>
1.We Will Rock You (QUEENカヴァー、ノリノリVer.)
2.The Final Countdown (EUROPEカヴァー)
3.Fool For Your Loving (WHITESNAKEカヴァー)
4.Looking For Love (MICHAEL SCHENKER GROUPカヴァー)
5.Over The Hills And Far Away (Gary Mooreカヴァー、with Ayasa)
6.Judgement Day (Destinia、with Ayasa)
7.Metal Souls (Destinia、with Ayasa)


BEAST IN BLACK
観るのは3回目になりますけど、毎回思います。BEAST IN BLACKはズルい。
楽曲がキャッチーで分かりやすいからズルい。
演奏がしっかりしてるからズルい。
遊び心たっぷりだからズルい。
メンバーがみんなニコニコしながらプレイしてるからズルい。
Yannis Papadopoulos(Vo)の動きが大袈裟でズルい。
Yannisの眼がキラキラしてるからズルい。
Yannisが男泣きするからズルい。

ズルさの見本市である。
そりゃあ盛り上がりますよ。曲間の度に、バンド名のコールが湧き上がりますよ。
HR/HMの楽しさを体現したステージでした。多くは語らぬ。待望していたZodd The Immortalを聴けなかったことだけが残念ですが、この素晴らしいステージを拝んだ後ではそれも些細なこと。全アクトの中でぶっちぎりの満足度の高さでした。
これが無銭って、スゴイ!

<セットリスト>
1.Cry Out For A Hero
2.Eternal Fire
3.No Surrender
4.Sweet True Lies
5.Crazy, Mad, Insane
6.Die By The Blade
7.Ghost In The Rain
8.Blind And Frozen
9.End Of The World


MYRATH
こちらも観るのは3回目かな。
ステージセットがめっちゃ豪華でした。バックドロップにも暗幕にも機能する布には宮殿が描かれ、アラビア~ンナァ~イトなムードを盛り上げる。後方が一段高く作られた立体的なセット。そこに特に何に使うってわけでもなく転がってるクッション(笑)。でもこのクッション、なかなか斬新な視点によるアイテムだし、そのムード醸成効果は絶大でした。ほんとに転がってるだけなんだけど(笑)。
そして、「現地調達」であろうものの、第6のメンバーといってもよいくらいに大活躍なベリーダンサーさん。登場する度に衣装と小道具が異なるんじゃないかってくらい、拘り抜いた演出とダンスでした。

めちゃくちゃ独自性に溢れた、ハイ・クオリティなライブを見せてくれるバンドです。客観的にみると隙は無い。
でも、個人的にはあんまりエキサイトしませんでしたね。つか、眠気を覚える瞬間も多々あり…。過去2回のライブで、自分が求めているものとのズレを少しずつ感じてはいました。自分、もっとハマっていいはずなんだけど、それほどのめりこまなくね?…みたいな。

今回はっきりと自覚しちゃった。私の好みからするとMYRATHは中庸なんだな。
初期は「中近東風味の濃いDREAM THEATERKAMELOTか」みたいに言われる音を出していました(というか当ブログでもそう書いてた)が、「LEGACY」(2016)で独自性の高い音楽を確立。バンドとしてはそこで一皮剥けたような状態なんだろうと思います。
でも、個人的には剥けないでいてくれたときのほうが好みだった…(笑)。もっと、ドリムシ≒プログレメタル側にいくか、もしくはキャメロット≒メロパワ側にいくか、どっちかにしてくれた方が嬉しい、みたいな。「一緒に歌えそうなメロなんだけど歌えない」って感じを受けるのよね。
選曲はほとんどが最新作「SHEHILI」(2019)から。その点も肩透かしを食らったように感じた原因かもしれません。「LEGACY」のほうが好きなのよね。かつ、同作でお気に入りのメロウな曲は、ライブじゃやらない傾向が強いし。

…と、そんな管理人のモヤモヤした気持ちとは関係なく、日本でも確固たるファンベースを築いたかな?と思えるパフォーマンス、そしてオーディエンスの反応でした。
これが無銭って、スゴイ!

<セットリスト>
01.Asl ~ Born To Survive
02.You've Lost Yourself
03.Dance
04.Mersal
05.Wicked Dice
06.The Unburnt
07.No Holding Back
08.Beliver
09.Monster In My Closet
10.Beyond The Stars


HAMMERFALL
『LOUD PARK 15』に続いて、観るのは2度目。

バンドの代表曲に対して、「その曲が代表曲であることにピンとこない、違和感を感じる」というのは、対象のバンドのことを勘違いしているか、本質を理解していないか、そもそも相性が良くないかっていうことになりそうですけど、管理人にとってHAMMERFALLはそんなバンドです(笑)
バンド最大の代表曲といえば、この日最後にプレイしたHearts On Fireってことになるんでしょうけど、実感が湧かない。「へー」という感想以外浮かんでこない(笑)。バンドへの積極的な興味が2ndを頂点にして、3rdあたりで止まってるのよね。それ以降も全部じゃないにしろ、音源は買ってるんですけどね。

でも馴染み薄めの曲でも、バンドのパフォーマンスが素晴らしいから退屈しないのだ。ラウパでも感じましたけどね、なんら変わったことはやっていないにも関わらず、魅かれるのだ。ライブ巧者なのだ。
やっぱり、Joacim Cans(Vo)がフロントマンとして優れているんですよねー。分かりやすいメッセージとアクション、観客を自然に引き込む熱、客イジリの絶妙さ。BEAST IN BLACKと同じように、他のメンバーがにこやかに演奏しているのも大きい。老けなさ具合が異常なOscar Dronjak様(Gt)、本人のギターの腕前は相変わらずアレですけど(笑)、前任のStefan Elmgrenといい今の相方のPontus Norgrenといい、しっかりしたテクニックをもった人と一緒にやってるのが上手いな、と思います。

改めて強く感じたのは、Joacimいい声してるなーってこと。正統派HMを鳴らしてるバンド群の中では、トップクラスに(?)線の細いヴォーカリストですけど、抜群に聴き易いのだこれが。親しみやすさを舐めちゃあイカンのだ。

各アルバムから広く網羅されたセトリでした。これが彼らのベスト選曲なのかどうか分かりませんが、ファンをことを配慮してくれてる感がありましたし、これが人気バンドの姿なんだなぁ…と妙に感心したんですよね。もう一度カタログを1枚1枚ちゃんと聴きなおしてみたい、そう思わせる好演でした。
これが無銭って、スゴイ!

<セットリスト>
01.Never Forgive, Never Forget
02.One Against The World
03.Renegade
04.Riders Of The Storm
05.Any Means Necessary
06.Blood Bound
07.Hector's Hymn
08.Last Man Standing
09.Let The Hammer Fall
10.Hammer High
11.(We Make) Sweden Rock
12.Hearts On Fire


スポンサーサイト



COMMENT 1

u16  2019, 09. 24 [Tue] 00:57

ハンマーのダサかっこよさ…

先日はTwitterでご挨拶差し上げましたがブログへの書き込みはお久しぶりになります。
私もちょうどTrooperが流れてる頃に入場しましたが、Sakiおるやん!とびっくりしながら来週の渋谷に思いを馳せておりました。

4つのバンドすべてで大満足で、お目当てだったBeast in BlackとMyrathは本当に圧巻でした。Yannisが "(I know) you want to listen to this song." と言って始まったBlind And Frozenは本当に鳥肌が止まりませんでした。
MyrathもBelieverを演奏した瞬間の会場の一体感は半端なかったし、Monster In My Closetを日本語で頑張ったのは個人的にめっちゃ感動しました。歌えませんでしたけどw
Myrathについては私ももうちょいどっちかに寄ってほしいというかできればプログレっぽくなりつつホールで見てみたいという印象を受けましたが…

そしてHAMMERFALLですよ…正直私もピンとくる曲がそれほどなかったので予習なしで行きましたがライブで見ると臭いこと臭いこと…Twitterでも言いましたがhammer繋がりでgloryhammerにちょうどドハマってる時期だったので「なんで金槌バンドはこう臭くてダサくてかっこいいのか…」と終始思っていましたw

そして終演後ふと感じたのが、どれも素晴らしかったし、Beast in BlackもMyrathも予想よりずっと良かった一方、一番メタルしてたのはHAMMERFALLだったなぁ…と。自分のメタル感を考え直すイベントでした…

Edit | Reply |