下村敦史『真実の檻』

下村敦史_真実の檻
下村敦史『真実の檻』  (角川文庫)

下村敦史の『真実の檻』を読みました。

1994年、現職の検察官が殺人犯として逮捕され、死刑判決を受けた――2015年、大学生の石黒洋平は、母が遺した写真から実の父がその死刑囚・赤嶺信勝であることを知ってしまう。苦悩する洋平は冤罪の可能性に賭け、雑誌記者の夏木涼子と私的な調査を開始する。人はいかにして罪に墜とされてゆくのか、司法とは本当に公正なものなのか、そして事件の真相は!? 『闇に香る嘘』の新鋭がおくる、迫真のリーガルミステリ!!

この作者の本を読むのは3作目で、『闇に香る嘘』『生還者』も面白く読めたんですけど、本作はイマイチかなぁ…。。。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓




読み始めてすぐに、「こりゃあ誰かを庇ってる系の真相だな」と気づきます。
でもまぁそれはいい。話のもってゆく方向がバレちまったからといって、その後も面白さを持続してくれれば問題ないのです。

しかし、真犯人の動機や登場人物の行動原理にムリがあるのがいただけません。不自然さを感じる場面があちらこちらに存在し、初めは興味深く読んでいたのにだんだんと興が殺がれていくというか…。
残念ながら説得力に欠ける作品になってしまっています。切り口は面白いし、毎回扱ってるテーマは異なっていても読みごたえのある水準までもってくるのはすげーと思いますけどね。


スポンサーサイト



COMMENT 0