貫井徳郎『悪党たちは千里を走る』

貫井徳郎_悪党たちは千里を走る
貫井徳郎『悪党たちは千里を走る』 (集英社文庫)

貫井徳郎によるユーモア・タッチの犯罪小説、『悪党たちは千里を走る』を読みました。
幻冬舎文庫版もあるみたいですが、私が読んだのはそれより刊行の古い、集英社版です。

しょぼい仕事で日々を暮らすお人好しの詐欺師コンビ、高杉と園部。ひょんなことから切れ者の美人同業者とチームを組むはめになり、三人で一世一代の大仕事に挑戦する。それは誰も傷つかない、とても人道的な犯罪計画だった。準備万端、すべての仕掛けは順調のはずだったが……次から次にどんでん返しが! 息をつかせぬスピードとひねったプロット。ユーモア・ミステリの傑作長編。

貫井徳郎といえば、シリアスでやりきれない後味の作品が多いという勝手なイメージがあるんですが、本作は軽いタッチ。ノホホン。
テレビドラマ化もされたようで。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓




読みやすい。
さすが貫井徳郎、いつもとは異なる作風でも読ませる読ませる。いつも以上に読ませる。

登場人物のキャラクターがはっきりしていることで、すんなり物語に引き込まれるんですよね。それでいて、ステレオタイプな人物造型の「罠」に陥っていることもないから、愛着がわく。ちょっとした場面で少しずつ積み上げたエピソードが、主要キャラに深みをもたらしているんだ。そのキャラの魅力がここぞ!ってときに効いてきて、ハイライトとなるシーンがより鮮やかに感じられるっつーマジックが起きてる。

ミステリ的な“すじ”も申し分ありません。いわゆる「誘拐モノ」です。
ジェットコースターばりに振り回される展開の連続ですが、これは筆者の語り口のおかげでしょうか、登場人物たちは終始ドタバタしてるけども、作品としてはドタバタしていなくって、すんなり綺麗にまとまってる。反面、何だかわからないけど文章から圧倒的なパワーを感じるッ!…みたいなこともありませんけど。


サクサク楽しく読めるってのも、幸せな読書体験のひとつのカタチであろうと。
面白かったです。


スポンサーサイト



COMMENT 0