I.D.And Fly LooM、アンダービースティー、エルフロート@新宿ReNY (2019/7/16)

『 ReNY SUPER LIVE 2019 vol.12 』 今年もReNYに夏フェスがやってきた②編 新宿ReNY (2019/7/16)

underbeasty_profile2019.jpg

【タイムテーブル】
①時間割り。時刻表。
②対バン・ライブ/フェスでの超重要事。アイドル・イベントだとまず事前に公開するようだが、バンドだと公開しないことも多い。
③アイドル・イベントって、そもそもアタマからケツまで観てもらうことを想定していないよね。効率化の極み。



ブルーフォレスト組が出る平日の対バン・イベントといえば、ReNYかDuoってイメージですけど、7月16日は新宿ReNYで。
ReNYとあきちかばっかり行ってる気がするけど、たぶん気のせい。


エルフロート
妖精さんにギリギリ間に合ったっす。衣装は薄紫ヒラヒラ。
“元気な妖精”マアヤが元気じゃなかったらしく、気づいたら3曲目の精霊NIGHTの途中でいなくなってました。そのまま最後の挨拶まで、リカとミオの2人でパフォーマンスを完遂。
マアヤはプロ根性の塊のような人…、じゃなくて妖精ですから、途中離脱はめちゃくちゃ悔しかったんじゃないでしょうか。具合が心配でしたけど、翌日のライブでは元気にステージに上がったということで、よかったよかった。
妖精も人間も健康第一。

<セットリスト>
1.loser
2.一凛哀傷歌
3.精霊NIGHT
4.PAIN -AIの証-


アンダービースティー
持ち時間が20分なら4曲、25分なら5曲というのが、だいたいどのグループも共通している曲数。ただアンビスの場合、MCタイムを省略しノンストップで駆け抜けるので、そこにもう1曲捻じ込んでくるのが普通、みたいな感覚がありました。今まで観た4回が全てそうだったから。
でもこの日は最後に挨拶を入れて、4曲のセトリでしたね。どこか食い足りない。…というのは贅沢なんでしょうね(笑)。とはいえ、いつも通り隙の無いステージでございました。おつよい。
メインVoたる春乃友夢は、特異なトーンの歌声を持っている人ですが、ARCADIA CATはその特徴が特に目立つ曲です。マジで猫っす。猫まっしぐら。

<セットリスト>
1.ARCADIA CAT
2.GET LOVE
3.occult propose
4.over the sky


I.D.And Fly LooM
アイフラはこの日の「クローズアップアーティスト」に選ばれており、5分長い25分の持ち時間でした。
大きなステージでやる意義を感じる、フォーメーションに特徴のある曲で占められたセトリ。舞踏率が高めっちゅーか、ダンスというよりは祭事における神仏に捧げる踊りと表現したほうがしっくりくるような、そんな“舞い”を取り入れた曲たち。リメイク・エンデビとかカルーセルとか正にね。
ダイヤモンドルフィー継承ユニットとして生まれたアイフラではありますけども、今やドルフィーとは全く異なったカラーをもつグループになっていることは、論を俟たないところでしょう。

<セットリスト>
1.Angelic Devil [remake]
2.カルーセルシンドローム
3.錯覚の喜雨
4.シュレーディンガーの猫のように
5.I.D.Fly


前日の7月15日が誕生日だったアイフラnatsukiさぁんにとっては、27歳になって初めてのライブでした。どうか素敵な1年を。
I.D.Flyのラスト、フロアのヲタが「っよぉぉおお~~~!」って傾(かぶ)いた瞬間の、弾けるような笑顔がすきです。


スポンサーサイト



COMMENT 0