I.D.And Fly LooM、アンピクシープーペ、エルフロート 【ナウいアイドル vol.197】 @あきちか (2019/7/13)

【ナウいアイドル vol.197】 あきちか (2019/7/13)

ifla_profile2019_4.jpg pipupe_profile2019_1.jpg

【絶対領域】
①何人にも侵されざる聖なる領域。
②俗に、ショートパンツ/ミニスカートと、ひざ上までの長さのあるソックスとの間から露出する太ももの部分のこと。
③むをおおおお!むをおおおお!
④絶対空域ってなんだ?



ブルーフォレスト主催【ナウいアイドル】シリーズ、7月13日の昼公演に行ってきましたぴよぴよ。
昼はブルフォレ所属ユニットのみの出演になります。


アンピクシープーペ
体調不良のため藍川さゆがお休みで、しらいしゆのとミズキ2人によるステージになりました。お茶淹れてくれる人がいねぇ。
 ゆ「天使の魂を背負ってうさぎとひよこが頑張ります」
 ミ「なんか弱そう笑(ピヨピヨ」
 ゆ「大丈夫。弱そうにみえて実はめっちゃつよいタイプだから」
とかいう会話が最高ですよ。そんな君らが好き♡

ゆのがお休みで、さゆてん&ミズキの2人で出番をこなしたこともありましたけど、3人が2人になるってのはなかなか大きな変化。さゆてんが器用に歌える人だけに、その不在を物足りなく感じるところはあったんですけど、同時にエース2人の対応力の高さを見せつけられたステージになりましたね。
歌割りにせよフォーメーションにせよ、違和感を極力感じさせないところまでもってくるクオリティ。うさぎとひよこ、つよい。さらには、挨拶やそんな君が好きの煽りパートに、その場にいないさゆてんへの配慮まで織り込み、ファンと一緒になって盛り上げるんだからさすがです。
ぴょんぴょん。ぴよぴよ。

<セットリスト>
1.精霊NIGHT
2.water tree
3.ダイヤモンドリーマー
4.そんな君が好き


エルフロート
Tシャツ公演です。軽快なエルフがさらに軽快に。
その格好のせいか、とても200年以上生きてる人生のセンパイには見えない。あと、公開リハーサルをやってるように見える。100%の力と本気モードで。ライズオブアリスの中間パートの追いかけっこも本気だぜ。よーいドン、あきちかのステージは陸上競技場。

<セットリスト>
1.loser
2.Missing link
3.ライズオブアリス
4.等身大ユートピュア


I.D.And Fly LooM
エルフと同じく、アイフラもTシャツ公演です。今買えるのかどうか知らないけど、数少ないアイフラ公式グッズである、瀕死のコアラTシャツ。かつ、髪型チェンジ。

natsukiが巻き髪である。
巻き髪といえば5月11日のナウいvol.185。あのときはせっかく巻き髪ってきたのに、ステージが終わったら単なるストレートになってしまっていた。正に痛恨。natsuki本人も忸怩たる思いを抱え込んだまま毎日を過ごしていたのだろう。
そう、これはただのナウい公演ではない。
2ヶ月越しの巻き髪リベンジでもあるのだッ!
(テキトーなこと言ってゴメンw)

上はTシャツ縛りだとはいえ、実質、私服による公演みたいなもんですから、ワンピースだったりミニスカートだったりロングスカートだったりホットパンツだったりと、各々の個性が出たコーディーネートになってます。すらっとした長身、meiの美脚が目立ちますね。あと、2日前のReNYではそこまでと感じなかったけど、michelleのNew髪色がけっこう赤い! いや、ピンクバイオレットい!(これは服装のはなしじゃないけど)
で、7月13日ナイスの日(だそうだ)、何がナイスかといえば、Absolute Region。 絶対領域 ですよ奥さん。
natsukiの。
なんかね、なんかね、子どもっぽいニーソじゃなくてね、エロ度高めの黒タイツだったのがむをおおおお!むをおおおお!
これは正に天寵。永遠のシャングリラとは、あきちかに生まれし絶対領域のことだったと証明された格好だ。これは守りぬくしかない。

絶対的領域に圧倒的感謝

Angelic Devilのアイフラ・リメイクVersionは2回目にして全体像が把握できてきて、自分の中で消化が少し進んだ感じがします。異なるハコや立ち位置で観ると、それまでとはまた違った面に気づきますし。asuna落ちサビのfake pokerともども、場数を経ることによって“あたりまえ”の光景になってゆくんでしょう。

あ、natsukiの巻き髪は、終演後まできっちりと巻きが保たれてました。パチパチパチパチ、オメデトウ!
ちなみに、行かなかった夜公演ではポニテってたと聞いて、「ちょ、待てよ!」ってキムタク化した。

<セットリスト>
1.fake poker ~生き様に賭ける道楽~
2.天寵の聖歌
3.カルーセルシンドローム
4.Angelic Devil [remake]


これはライブレポなのか、はたまたファッションチェックなのか。


スポンサーサイト



COMMENT 0