I.D.And Fly LooM、アンピクシープーペ、エルフロート 【ナウいアイドル vol.196】 @あきちか (2019/7/7)

【ナウいアイドル vol.196】 あきちか (2019/7/7)

ifla_profile2019_4.jpg pipupe_profile2019_1.jpg

【七夕】
①旧暦7月7日の夜に、天の川の両岸にある牽牛星と織女星が年に一度相会するという伝説に基づいて、星をまつる行事。五節供の一つ。棚機とも書く。
②七夕行事は奈良時代から行なわれ、江戸時代には民間にも広がって、庭前にウリ、ナスなどを供え、笹竹に歌や願い事を書いた五色の短冊、糸、布などを飾り、書道や裁縫の上達などを祈るようになった。
③短冊の五色は、「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」を指し、陰陽五行説に基づいている。それぞれ、青=木/赤=火/黄=土/白=金/黒(紫)=水の要素を表している。そうか、meiは「金」なのか。
④短冊には願い事を書いて飾るが、七夕はもともと機織りや裁縫の上達を願う行事のため、物が欲しいという願い事ではなく手習い事の上達を願う方が良いとされる。「ゆのりんこチャン無敵にカワイイ」とか「藍川さゆは最強にずるい」とか「みずきぴよぴよちゃん」とか書くものではない。

【解禁】
法律などで禁止していたことを解くこと。



雨っすね。
統計を調べたわけじゃないですけど、七夕の日って毎年雨が降ってるような気がしますよね。ヲレが彦星だったら別の時期にデートの日程ズラすぜよ、と思いましたけど、七夕って旧暦の7/7ですから、実際には約1ヶ月後の8月7日あたりですかね。それならもう梅雨明けてますね。

さて7月7日、(旧暦)七夕の日のライブでございます。
なんとなく 浴衣か!? 浴衣なのかァ!? ってテンションになりがち()ですけど、そんなことはなく、ふつーの衣装でしたね。あ、Rillyはパジャマ公演でした。

土日にあきちかで行われる、ブルーフォレスト主催の【ナウいアイドル】シリーズ。今までは、ブルフォレ所属ユニットのみが出演する日ばかり行ってましたけど、この日は“外”グループも迎えてのナウいになります。たぶんこちらの形態が通常運行。
今回の「ゲスト」は、共演することも多いLore☆EternalLore☆Restart。ロアリスが、1曲目の間奏に乗せてメンバー紹介していたのは、なかなか良かったですね。ステージ進行の流れを損なうことがないですから。あとロアエタの緑っ子・加藤れみやっぱkawaii。


アンピクシープーペ
おNEWのさゆてん、むをおおおお!むをおおおお!
ロングってたエクステにグッバイ、うっすらとパープルが入った上品なカラーにチェンジでございます。おつよい。
そんでもってAngelic devilbravery heartという流れもおつよい。
そんな君が好き「ゆのちゃんかわいーちょーかわいー」「さゆてんかわいーちょーかわいー」「ミズキがかわいーちょーかわいー」って煽りも事実だけにおつよい。
淀みなく挨拶のMCができるのもおつよ……くはないね。
それはふつーだね。うん。

<セットリスト>
1.Angelic devil
2.bravery heart
3.そんな君が好き
4.精霊NIGHT


エルフロート
同じ曲でもステージを何度も観てるうちに気づくことってあるもんでして、それはヲイラがいっつもポケーッと間抜け面で観ているせいかもしれませんけど、妖精さんたち、激しいダンスの合間に色々やってるんだなぁ…と。

先日(ようやく!)気づいたのは、想いストレートでの野球のピッチャーの(ボールの)握り方を模しているポーズでした。あの「握り」がほんとにストレートを投げるときのものなのかは、知りませんが。
この日(ようやく!)気づいたのは、ティンカーベルの間奏で3人がじゃんけんしてるところですね。もしかしてあのじゃんけんで、寸劇のシメである、切る役と切られる役を即興で決めてたりするの?

あとね、豆の木めっちゃ楽しいよ豆の木。

<セットリスト>
1.PAIN -AIの証-
2.エルフと豆の木
3.ライク ア ティンカーベル
4.Missing link


I.D.And Fly LooM
5月に行われた「fake poker落ちサビ争奪戦」企画の投票結果により、asunaがポーカー・落ちサビストに決定しました。6月いっぱいはその新フォーメーションへの調整のため、同曲を封印。7月になってから新ポーカー解禁となりました。

“asunaポーカー”、この日は通算2回目の披露。
管理人が同ヴァージョンを観るのは初めてになります。
asuna本人も満足いってなかったようでしたが、落ちサビの歌唱はちと緊張してましたね。落ちサビとともに、冒頭のセリフも担当するようになっており、セリフ~natsukiによるヴァースという流れがスムーズになっていたし、曲の入りがガツンと迫力を増した。
また、同企画を経たことで、グループ全体の歌唱力の底上げが為されたのは、大きな収穫でした。その果実をしっかりとここで提示、パワーアップしたfake pokerを見せてくれたと思います。良い意味で固唾を呑んで観ていました。
おNEWのアイフラ、むをおおおお!むをおおおお!
…ってことです。

っよぉぉお~~~!

<セットリスト>
1.SNAKE GIRL ~勇敢愛心~
2.ライフアクセル
3.fake poker ~生き様に賭ける道楽~
4.I.D.Fly


この日の夜公演、東京キネマ倶楽部でのパフォーマンスが素晴らしかったのでね、昼公演はごく簡単に。
これくらいで勘弁してくだせえ。

to be continued...
(夜公演のレポは→コチラ


スポンサーサイト



COMMENT 0