アンピクシープーペ、I.D.And Fly LooM、エルフロート 【ブルーフォレスト定期公演】 @あきちか (2019/6/12)

【ブルーフォレスト定期公演】 あきちか (2019/6/5)

pipupe_profile2019_1.jpg

【ポニーテール】
①髪を後頭部で一つにまとめて垂らした髪型。日本語では総髪(そうがみ)と呼ばれる。また、「ポニテ」と略して呼ばれたりもする。
②あごの先から耳の中心を通る線を引き、その延長線上に作る結び目をゴールデンポイントと呼び、最も見映えがよい標準的な結び目の位置とされる。
③髪型ヒエラルキーの頂点に位置する。
④多くの場合、著しくむをる。ただし、むをリティの低いポニテ・アレンジも存在するので、油断ならない。

【髪が伸びるメカニズム】
①毛根の一番下にある毛母細胞が、毛乳頭から栄養補給を受けて細胞分裂を繰り返す。
②増殖した毛母細胞は、上へ上へと押し上げられながら水分をなくして角化し、髪になる。
③髪の毛が伸びる速さは、日本人の標準で1日0.3~0.4mm。1ヶ月で約1センチ伸びる計算。



えっ!?
定期公演って定期的に行くから定期公演っていうんじゃないんですか?
定期的に開催されるから定期公演なんですか!?
いやぁ、目からウロコだなぁ。

というわけで、2週連続でブルフォレ定期公演@あきちか、行ってました。
「あきちか」と書いて「ぬま」と読む。
コワイですね。


アンピクシープーペ
8ピプペ目。
ゆのりんこがポニテ!
繰り返すッ!

ゆのりんこがポニテッ!


1週間前の定期公演で髪バッサリ、本来備えていた無敵さが加速した結果、裸足でパフォーマンスするという事態が大発生した(無関係)、テレフォンピンク・しらいしゆのさん。
反則技のポニテ炸裂です。人類が生み出した叡智の結晶にして、あらゆるヘアスタイルの頂点に君臨する髪型。その名はポニーテール。それが、天使の階級でいえば最高位である熾天使=ゆのりんこと出会うとどうなるでしょう?
こうなります。
むをおおおお!これは尊いむをおおおお!

そして、髪が短くなったゆのりんこに対して、一気に伸びたのがお茶汲みパープル・藍川さゆ。
あれれ、先日までボブよりは長い、肩にかかるくらいのセミロングさんだったのが、めっちゃ長くなってるんですけど! 色も明るくなって大胆なイメチェン。Newさゆてん。
むをおおおお!最強にずるいむをおおおお!
つーか彼女、髪の長さを自由に変えられる能力があるの? どういう魔法なの? 通常の人が1週間で2ミリ強伸びるところ、数10センチ伸びちゃうの? そんなに栄養摂取してるの?(オイ

テレフォンピンクさんは挨拶後のMCで、「ゆのりんこはポニテでちょー可愛いー! さゆちゃんは髪伸びてちょー可愛いー! ミズキちゃんはいつもいつもちょー可愛いー! みんなみんなちょー可愛いー!」みたいなこと言ってましたが、ほんとだからグゥの音も出ねぇ(笑)

さて、ピプペ。
現在唯一のオリジナルの持ち曲、君と私でイコールは明るいラブリ~な曲調で、ドルフィー曲に関しても暗くシリアスなものはアイフラに継承され、明るくポップなものはピプペが演るといった具合になっています。ざっくり大雑把に言うとね。エルフ曲は元々明るめのものが多いですし。
プロデューサーの西山雄作氏がどこを狙っているのか、メンバー3人の意向がどれほど反映されているのか、定かではありませんが、アンピクシープーペはコピーレッド・ミズキのカラーに寄せたユニットなんだろうな、と。そんなふうに感じています。

たぶん、ゆのとさゆてんはカッコイイ系でも可愛い系でも、ビシッと系でもポンコツ系でも(笑)、どちらでもイケる人たちでしょう。現に、一度だけ観たドルフィーと、これまでのピプぺのステージで、それを確認できていますし。そりゃあミズキもエルフで看板張ってたわけで、きっとカッコ良くもビシッとでもイケる人だと思います。でも彼女の場合、何よりもまず、「柔らかさ」を強く感じるんですよね。
ブルーフォレストのタレント中で一番の古株であり、西山Pと同じく創設メンバーであるという存在。いわば、「レジェンド」ですよ、彼女は。
だけど、そんな“伝説の人”感が(良い意味で)まるでないところ、そこが彼女の魅力なんだろうな、と。直接お話したことはないけど、「こんなにホンワカした人、実在するんだな」という驚きがあるし、妖精を卒業した今でも凄まじい妖精感が溢れている。「アイスのようにとろける」というエルフロートのキャッチコピーは、そのままミズキのキャラにぴったりと合うイメージだし、社会人というよりリアルで妖精ですよぴよぴよ。あまりに浮世離れしたフェアリー感に、ほんとにコピー取るのが速いのか、疑ってかかりたくなる(笑)。

ちなみに、彼女のことをずっと前から知ってるような気がするのは気のせいでもなんでもなくて、エルフ在籍時から「沼引き摺り込み人」にして「エアギター・クレイジー」ことぴこにゃん氏が、TwitterのDMに写真をペタリと貼りつけてきて、「ミズキ可愛いでしょう。よろしければ」みたいなオススメ攻撃(?)をしてきたからですね。
確かに可愛い(笑)。ちょーかわいい。が、“あの時”はまだハマる時期じゃなかったんだ、自分の中で。

でも、その後エルフを、というよりアイドルを卒業。普通ならそこで、ミズキという存在は、「ぴこにゃんが写真を貼りつけてきた、ただの可愛いアイドルのひとり」で終わるところでした(笑)。
でもこうして、「アイドルに再就職」してくれたことで、時機を逸しても、その“伝説の人”のパフォーマンスを観ることが出来ているのは嬉しいことです。それは同じく、“復活”組のゆのとさゆてんもしかり。
ま、ドルフィーに関しては5人でのステージを観たかったとも思いますけどね。あのアイフラとのツーマンで一度だけ体験した衝撃は、アタマと心に残ってる。華やかで強くて、光ってた。

つか、ロミオとドリーマーのいるセトリ、やばくね?
 ↓

<セットリスト>
1.water tree
2.拝啓 ロミオとジュリエットヘ
3.君と私でイコール
4.ダイヤモンドリーマー


I.D.And Fly LooM
@あきちかなので生歌っす。
アイフラはブルフォレいちの大所帯。…ってほどアイドル・グループとしては大人数でもないし、他の(ブルフォレ)ユニットはどれも3人編成だからわざわざ言うのもアレなんですが、6人編成による“集”のパワーで押してゆけるというメリットがあります。だからこの生歌スタイルは歓迎だし、歌声が揃ったときの圧力はメタリックなその音楽性とも相まって、たまんねーッ!ものがあります。
突き詰めると、その「揃える」ってことの実現が難しかったりするんでしょうけど。技術的なことはもちろん、個々の気持ちを束ね合わせる部分も含めて。

で、生歌だと、集団としての声の強さのほかにも、メンバーそれぞれの個性がはっきりと出ますからね。それも嬉しい点。
natsukiのVoはその声質も相まってめちゃくちゃ抜けてくるし、hinakoの歌声はここ1ヶ月くらいで急速に力強さを増してる気がするし、錯覚の喜雨でuraraパートを歌うmeiは太めの声が違和感なくハマってる。
michelleとasunaの安定感&頼もしさ、chihiroの周りがパッと明るくなるようなところもまた個性。
アイフラ、キャリアを重ねるにつれて面白くなってるぞこれ。

みーぎ♪
ひだり♪

<セットリスト>
1.ライフアクセル
2.カルーセルシンドローム
3.マイスクリーム
4.錯覚の喜雨


エルフロート
衣装はキラキラな白。
(現行)エルフはブルフォレ最強のライブ・アクトだと思いますけど、それでも生歌と激しいダンスの両立が難しいんだろうなと感じる場面はあります。曲によっては。
この日は少しだけひねった選曲だった、イコール、定番中の定番曲で固めたセトリではなかったことも影響したんでしょうか、歌については物足りなさを感じた。3人という人数の少なさが不利に働いてしまうのかもなぁー。

とはいえ、“いつもの”曲だけに縛られることなく、レア曲をレア曲にとどまらせないような試みは、もっと推し進めてほしいですね。自由自在なセトリを組むことのできるエルフでいてほしい。ワンマンで持ち曲全てを披露できるグループなんですから。
夢標はエルフらしさに溢れ、素直にメロディが良いなーと思える佳曲。切ねぇ。

<セットリスト>
1.深紅のチューリップ
2.loser
3.一凛哀傷歌
4.夢標


スポンサーサイト

COMMENT 2

とよきんこチャン無敵にカワイイ  2019, 06. 17 [Mon] 12:02

匿名希望

アイドル関連の話題だと全くコメントが付かない現状に他人事ながら、このブログの存続に危機感を持っていましたが、先日、喜々としてチェキ列に並ぶ(3回も!)ヒゲスカさんを拝見して、そんな些細なことはどうでもよいと思うようになりました。「むをおおおお!」や「ポニテ!ポニテ!」など一体何を言っているのか分からない事もしばしばですが、これからも愛読していこうと思います。

最後に、ぴこ野郎氏とのツインエアギターも楽しみにしております。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2019, 06. 29 [Sat] 13:19

匿名希望のとよきんこチャン無敵にカワイイさん、

チェキ列に並ぶヒゲスカさんというのは、私のあずかり知らぬヒゲスカさんのようで、たぶん人違いだろうと思いますが、コメントが付く/付かないはブログの存続には関係がないので、今のところ大丈夫です。これからもよろしくお願い申し上げます。

とち狂ったとしか思えないアイドル現場におけるエアギター現象ですが、私の守備範囲外になりますので、残念ながらご期待に沿うことは難しいです。でも有望な新人ギタリストを知っておりますので、今度ご紹介できると思います。

Edit | Reply |