ダイヤモンドルフィー/I.D.And Fly LooM、fake poker ~生き様に賭ける道楽~ のこと

ダイヤモンドルフィー_fakepoker

fake poker ~生き様に賭ける道楽~
2017年発表のダイヤモンドルフィー(以下、ドルフィー)の曲。今は同ユニットを継承するI.D.And Fly LooM(以下、アイフラ)の“持ち曲”になっている。
その曲について、つらつらと。

ウチのブログが1曲だけをとりあげて紹介するのって、ほんと珍しいことなんですよ。だいたいがアルバム単位での感想になりますから。もちろん記事の中で1曲にスポットを当てて述べることはありますけど、こうしてエントリ・タイトルに曲名を掲げるのは例外的。


ドルフィー&アイフラになくてはならない代表曲にして、最強楽曲。
管理人がアイフラ/ドルフィーに(深く)ハマるきっかけになった曲。


実はこの曲、アイフラに“出会う”前に一度聴いています。「沼引き摺り込み人」にして「エアギター・クレイジー」こと、ぴこにゃん氏が押しつけてきた オススメしてきた曲だったから。
これはイイッ!!とは思ったものの、でも、その初聴時に一発でハマったわけじゃない。LIGHT BRINGERのときもそうですけど、初めはどこか(良い意味で)引っ掛かるところを感じ、その感覚を保持したまま別の機会に“再会”したときに、パッと視界が開けるかのように理解できる。
…らしい。私自身、そんな傾向があるようです。大袈裟な言い方をすれば、天啓みたいなもんですかね(笑)

アイフラの初ワンマンを観た後に(レポは→コチラ)、この曲のMVを見たらドハマりしてました。同じ月のうちに、所属事務所「ブルーフォレスト」の定期公演に初めて足を踏み入れることになりますけど(レポは→コチラ)、そのときまでには相当な回数を再生していましたし、同時期にはドルフィーの音源をコンプリートしていたもよう…。

自分でも何がビックリって、そのスピード感よりも、音源をCD(だけ)ではなくてダウンロード配信で集めていることですね。ヲレ、初めて配信で音源を購入したよ。ドルフィー作品はシングルを除けばCDで集められない音源が多かったからやむを得ないんですけど、これまで「CD化されないならイラネ」と、頑なに“盤”でしか作品を集めていなかった管理人からしたら、奇跡みたいなもんですわ。
そうさせるだけのパワーが楽曲にあったってことでしょう。


作詞作曲は、「ブルーフォレスト」のプロデューサーである西山雄作。
HELLOWEENThe Dark Rideを想起させる見世物小屋風のイントロSEが導く、メタル/ラウドロック/エレクトロコア。終始ギリギリの緊張感を湛えた名曲に仕上がっています。なんちゅー狂おしいメロディなのか。

パート毎に目立たせる楽器を変えてくるのは西山Pの得意技ですが、この曲もそう。イントロではシンセとベースが、ヴァースではステディなリズムを刻むドラムが、サビ裏では激しく掻き鳴らされるギターが主張していますが、それも1番と2番ではまたガラリと印象を異にします。
各パーツのアクは極めて強く、ともすれば騒がしいだけでトッ散らかった曲になってしまいそう。でもそれが奇跡的にまとまっているから凄いんだよなぁ。押し引きの塩梅を巧みに変えてくるアレンジ能力ゆえでしょう。
他のパートを引き立たせ、結果、自身のパートも引き立つという、連携のマジックが起きています。これがフックなのか。まさに天才の御業。1番→2番→間奏→サビというよくある曲構成ではなく、1番→2番というシンプルな構成もプラスに働いている気がします。

「尊き己の美学を真っすぐ貫く」という一行が、歌詞のテーマを明確に表しています。歌詞全文は→コチラ。
生きづらい世の中の理想と現実の狭間で、自分が信じることを貫く。
そのことに伴う苦痛と孤独。
そこから生まれる覚悟。
「ピエロになるなら笑わせてやる」

サビの「配られたカードで闘う 混沌とした世界で手札をかざし」は、運命の悪戯を諦念ではなく自らの力へと変える瞬間を切り取った、名フレーズではないですかね。
この部分以外にも、西山Pの歌詞センスはキレまくってる。言葉選びの秀逸さだけでなく、歌メロへのハマり方が絶妙なのよね。「見えない 満てない 魅せたい 夢詠う」のところとか、サビ最後の「game name is fake poker」がピタリとキマる気持ち良さには、これだ!っと内心、膝を打った。打ちまくった。乱打した。


ネクラなワタクシは、楽曲から立ち上る孤独感に激しく魅かれます。
「死神でさえ味方につけて」ってことは、手段を選ばないしたたかさを感じさせるいっぽうで、死神ぐらいしか味方がいねぇってふうにも感じてしまうのです。なぜだか知らんけど。たぶん、「ひとり戦う」ってテーマに弱い、管理人の曲解ゆえでしょう。
冒頭の語りのなかにズバリ「孤独」という言葉が出てきます。でもそこだけじゃなくて、この曲、あちらこちらから孤独臭がダダ漏れですよ。道化師の有様をアイドルとしての生き方と重ね合わせた歌詞でもあるので、「私達」という表現も出てきますけど、それでもなお孤独感は強い。

そして、この曲を特別なものにしているのが、落ちサビ。
実際にはサビではなくてブリッジ・パートなので、「落ちサビ」ではなく「落ちブリッジ」だと思うんですが、便宜上、あと語感の関係から、ここでは「落ちサビ」という表記でいきます。

 大志を抱き空を仰ぐ 日々を称える

歌唱はしらいしゆの。
彼女の特異な声音と高い声域の響きを活かした、インパクトの強いパートになっています。ピーンと張り詰めた緊張感と、凛とした空気。それと、気品。
山間を彷徨っていたら、辿り着いた泉。澄んだ空気とそこに漂う静寂。時が止まった場所。私はそういった光景をイメージします。直前の「全ては私が私であり続ける為」が合唱になっているがために、余計に落ちサビの静けさが強く意識されます。

 儚く散りゆく運命にあったとしても
 尊き己の美学を真っすぐ貫く


静から動へ。
言葉を紡ぐたびに力強さを増しつつ、ラスサビへと繋げる様が見事。前述した「覚悟」というテーマを楽曲中、最も強烈に意識するパートですね。

この落ちサビを歌うゆのを、歌詞に登場する主人公になぞらえることで、私なりのfake poker ~生き様に賭ける道楽~のイメージが完成する。道化師=しらいしゆのってわけじゃないんだけど、なんとなくね。上手く説明できないけど、落ちサビ・パートがそれを歌う人をシンボリックな存在たらしめているというかね。冒頭のセリフがゆのによるものだってことも関係あるなぁ。


…等という、ヲレの戯言はどうでもいいんだ!(笑)
順番は逆になってしまったが、とにかくもうこの曲のMVを見てくれ。

 → コチラ。

恵比寿LIQUIDROOMで行われた、ダイヤモンドルフィーの5thワンマン・ライブ『イカサマサーカス』の模様を基にしたMVになっています。fake poker ~生き様に賭ける道楽~は本編ラストに披露された曲。

当時のメンバーは、しらいしゆの、藍川さゆ、月丘うらら、紺野なつきの4人。真崎ミシェル加入前の時期ですね。
個々のダンスはもちろん、それ以上にフォーメーションが肝となる曲だけに、ステージ上の人数によって観たときの印象が変わるんですが、ここでは4人ヴァージョン。ミシェルが加わり5人になると、中央の位置にゆのがきて、よりバランスの取れたフォーメーションになる。ポーカーは5枚の手札による勝負だしね。

だが4人もいい。
サイコーにいい。
この4人だから、いい。
ドルフィーのライブの“つよさ”が曲の“つよさ”と結びついて、最強のMVになっております。フックの効いた振り付けが、曲の価値をさらに高めているのが分かる。また、手作り感のある編集が曲の雰囲気にピッタリ合っているのよね。

しらいしゆののフォトジェニックっぷりは天変地異モノです。ツインテールなのに。なんでこんなに様になるんだ、この人?
「皮肉な笑い」のときの不敵な笑みにゾクッとクるし、表情はいちいちキマってるし、特に落ちサビからラスサビへの一連の流れなんて、もはや二次元ですよ。アニメキャラですよこれ。作画してる人がいるだろコレって感じのヒロイックさ。
あと、さゆてん(藍川さゆ)スゲーって感じたのもこのMVを観たときで、長い手足を活かしたダイナミックでしなやかな動きに、まぁ見惚れること。1番のサビ終わり、2:28の断ち切るような動きのカッチョ良さにチビり、3:45のマイク持ち替えの精度の高さにビビる。


最 強
名 曲



西山雄作氏の才能を声高に讃えたい。
これほどまでに むをおおおお! な曲を生み出してくれてありがとうッ!ってハグしたい。


スポンサーサイト



COMMENT 0