BEAST IN BLACK「From HELL with LOVE」


BEAST IN BLACK「From HELL with LOVE」 (2019)

当てつけビースト・バンド、BEAST IN BLACKの2ndアルバム。
地獄より愛をこめて。

デビュー作「berserker」(2017)における、“まんまバトル・ビースト”な作風とクオリティの高さを以って度肝を抜いてくれた、Anton Kabanen(Gt,Vo & Key)率いるBEAST IN BLACK。さほど間を置かずにリリースされた今作でもやってくれました。素晴らしい出来栄えです。

音楽的方向性は前作同様、80年代ポップス~HRのエッセンスをたっぷり取り入れたキャッチーでメロディックなメタル。ポップ化はより進んでいますかね。キラッキラしてます。現代シーンなりのLAメタルというかね。そこに北欧らしい哀愁のメロをぶっ込んだ感じ。
看板シンガーであるYannis Papadopoulosは、今回も一人何役もこなすような、七色の声を駆使しております。すげえや。アルバムの印象が一本調子にならないのは、そんな彼の歌唱スタイルのおかげもあるでしょう。

お気に入り曲を決めにくい作品です。
それだけ曲の粒が高水準で揃ってる。
反面、前作収録のBlind And FrozenZodd The Immortalレベルの名曲は無かったな、という感想ですが。その点と衝撃度合いを合わせて鑑みると、前作のほうが少し上回る評価かな。傑作には変わりありませんが。さすがAntonだぜ。


こういう作品ほど書くことに困るという典型例か(笑)

【お気に入り】
全部良いのよ。
③Sweet True Lies MVは→コチラ。
⑪No Surrender
⑥Oceandeep
⑤Die By The Blade
①Cry Out For A Hero


スポンサーサイト



COMMENT 2

グラハムボネ太郎  2019, 06. 09 [Sun] 13:51

いいバンドですよね!

前のバンドも良かったけどこっちも素晴らしいなと思います。
時代が今じゃなかったらもっと売れてるバンドなのかもしれませんね(笑)

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2019, 06. 11 [Tue] 06:42

グラハムボネ太郎さん、

内紛の結果、このバンドとBATTLE BEASTと、ともに良い作品を届けてくれている状況が非常においしいです(笑)
日本でのHR/HM復権()はもう臨むべくもないでしょうから、せめて海外ではガツンと売れてほしいです。

Edit | Reply |