I.D.And Fly LooM、エルフロート@高円寺HIGH (2019/5/6)

IDOLMARKET presents “2020:A Future Odyssey -花園えりい生誕祭・Flower Carnival 2019-” 高円寺HIGH (2019/5/6)

20190506_花園えりい生誕祭_高円寺high

【おはよう】
①起床時、または午前中に人に会ったときの挨拶。
②(もとは歌舞伎界で使われていた言葉で)仕事現場に入る際、既に仕事場にいる人に対してかわす時の挨拶。
③半角カナで表記し、後ろに全角の感嘆符(!)を付けることで、ある界隈では特別な意味が発動するとか。しないとか。

【ヨハネの黙示録の四騎士】
①『ヨハネの黙示録』に記される四人の騎士。キリストが解く七つの封印の内、始めの四つの封印が解かれた時に現れるという。METALLICAのThe Four Horsemenの題材だよね。
②第一の騎士は白い馬の乗り手。「征服」を象徴する。
③第二の騎士は赤い馬の乗り手。「戦争」を象徴する。
④第三の騎士は黒い馬の乗り手。「飢饉」を象徴する。
⑤第四の騎士は蒼ざめた馬の乗り手。「死」を象徴する。



複数のアーティストが出演するイベント、いわゆる「対バン・イベント」でタイムテーブルを公開するか否かという問題。客としては、そりゃあもちろん公開してくれたほうがありがたいですよね。
でも公開されてるならされてるで、タイヘンなことになることもあるよね、という記事です。


ゴールデンウィークの最終日・5月6日は、品川プリンス ステラボールで行われるprediaのワンマン公演に行く日。翌日から仕事だし、しかも月初から激務であろうことが必定だし、書かなきゃいけないブログ記事は溜まってるしということで、ライブ終わったらとっとと帰宅しよう。幸い、開演時間は早めだし、大人の遊び場は1時間半くらいでサクッと終了するはずだから。

…とか考えてたら、勝手に手が動いて、予約ポチッてましたね。
コワイですね。別に「来い」って言われてたわけじゃないのに。
アタマのどこか冷静な部分(冷静じゃない部分?)で、「prediaワンマン終わってからでも、アイフラとエルフの出番までには十分ハシゴできるな」とか、「高円寺HIGHはこの前行ったときにステージ高くて観やすかったよな」とか、「とっさの思い付きでこういう“バカ”やるのも楽しいよな」とか、ヲタク・ジャッジメントを下してるのがコワイですね。
ということで(?)、I.D.And Fly LooMエルフロートのライブを観に行ってましたGW。

(あれ、この流れ、どこかで見たことあるぞ…。。)


Twitterに「あきちかに集いしメタルヘッドたち」って名前のDMグループがあるんですよ。
私が作ったんですけど(笑)。
参加者にひとり、メタルヘッドじゃない人が紛れてるんですけど。

あ、、、…ってコレ、前に言いましたっけ?
これですね、4人のグループなんですよ。
わたくし、ヒゲスカ。
エアギター・クレイジーこと、ぴこにゃん氏。
あとの2人はこのブログでは初登場キャラになると思うんですけど、「メタルヘッドじゃない人」の名前を仮に「帝王様」としましょうか。「帝王」じゃなくて、「帝王」ね。
そして、最後のひとりを、仮に「ローマ字の人」としましょうか。

ぴこにゃん。
帝王様。
ローマ字の人。
ヒゲスカ。
 - The Four Horsemen。
 - オハヨウ!クルセイダーズ。



prediaのライブが終わって、このDMグループの会話を覗いたところ、驚いちゃいましたよね。
ぴこにゃんも帝王様もローマ字の人も、高円寺HIGH行くっていうんで。「あきちかに集いし」と名付けつつも、これまで同じタイミングでブルーフォレスト所属グループが出るライブにいっぺんに集まったことのなかった、DMグループが全員集合してしまう。秋葉原ではないけど、高円寺に。

『 我々4人が常に一緒にいたら、ビルだって爆発してしまう。それくらいのエネルギーが出てしまう。そういうことだ。 』

manowar_fightingtheworld_l.jpg

はたして高円寺HIGHはそのエネルギーに耐えられるのか。
そういうことだ。


そういうことがどういうことなのかよく分かんないですけど、prediaのワンマン・レポ(→コチラ)を読んでいただいた方はご存じのように、<ゴールデン運動会>なる企画のために、普段は1時間半くらいで終了するライブが、延びに延びて2時間20分も掛かりました。
「もしかしたら2時間くらいにはなるかもしれないけど、それでもまだ余裕っしょ」という算段でいましたが、この遅れっぷりは正直ヤバいかも…。

急いで電車を乗り継いで向かいつつ、既に会場にインしている帝王様から届く情報に目を通すヲレ。持つべき者は、現場の状況を教えてくれるメタラーじゃない帝(みかど)ですよ。昔取った杵柄的な陸上選手ダッシュと、ネ申技的な乗り換えテクで時間を短縮しつつも、到着はギリギリかも…、というタイム感。

しかしここで帝から、時間調整のためにとられた時間に調整がされず、タイムテーブルが“巻き”で進行しているとの情報がもたらされます。
マジかよ。そんなことあるんだ。
なんてこった、エルフ→アイフラの順番だから、このままじゃエルフに間に合わないじゃないか。間に合わないどころか、半分も観れなかったりするんじゃないか? チクショー、運動会のせいだ。ステラボールを出た瞬間から武士になったが、武士になったところで間に合わないものは間に合わない。
高円寺駅 → ハコもダッシュ。


エルフロート
フロアにInto Glory Rideしたら、リカが時折マーメイドの落ちサビを歌ってるところでした。たぶんまだ1曲目。1ヶ月前のOMNIUM GATHERUMSCAR SYMMETRYのカップリング公演で高円寺HIGHに来たことがなかったら、道に迷ってもっと時間をロスしていたところですよ。
しかし、呼吸はハァハァ、脚は生まれたての小鹿のようにガクガクということで、武士どころか完全にアブない人である。

ハァハァ (*´Д`)
そのリカ、ステージに立ってからまだ1年っていうんだから驚異です。運動量が多いエルフのパフォーマンスは、メンバー3人の身体能力の高さに依っているところも大きく、リカのそれはとても2年生のものとは思えません。踊るだけでいっぱいいっぱいどころか、フロアにしっかりと視線を配る様子や表情からは、余裕が感じられますもん。凄まじい成長ペース。さすが妖精。
妖精、三日会わざれば刮目して見よ。
あ、ちょうど三日前に観た(笑)

セトリは最近よく観る4曲。盤石といえばそうだけど、あんまり意外性はないっす。ま、自己紹介的な意味合いもある対バン・イベントでのセトリだから、しょうがないですが。
パフォーマンス自体は、いつも素晴らしいものを届けてくれるエルフゆえ、満足度高し。そりゃあぴこにゃんはエアギターしちゃうし、帝王様は滾っちゃいますよ。ヲイラはハァハァ (*´Д`)

<セットリスト>
1.時折マーメイド
2.ホワイトエンジェル
3.奇跡の旗
4.PAIN ~AIの証~


…ってなんだとォ!
高円寺HIGHのドリンク交換にマムシ酒がないだとッ!?



I.D.And Fly LooM
エルフの出番のときも思いましたけど、高円寺HIGHのステージはやはり観やすいですね。ステージ高があるので個々のダンスやフォーメーションが把握しやすし、そこそこ広いのでアイフラくらいの人数のグループでも狭苦しく感じない。

生誕祭イベントのトリ前という、大事な位置を任されたアイフラもまた、“らしい”選曲。フォーメーションの妙で魅せる3曲を、最後はI.D.Flyでまとめる。

natsukiの煽りはハコの大きさや状況によって、強さやニュアンスを使い分けてるような気もするんですけど、このくらいの規模の対バン・イベントが一番キレッキレだと思う。あきちかはホームゆえに、それほどギラギラした感じでは煽らないし。100~300人キャパくらいのハコの対バンだと気合入りまくり。アジテートっぽさがあったり。痺れる。
uraraが卒業した今、michelleの頼もしさ・安定感はさらに眩しく映ります。彼女はとにかく、指先まで神経の行き届いた所作が素敵ですね。めっちゃ丁寧。I.D.Fly「飛べ―」のコーラスで人差し指を上げるときの動きを見てくれ。あとは、曲の方向性に合わせた表情や動き、歌唱を使い分けられるところね。癒し系にもオラオラ系にもなれる(笑)。fake poker「雁字搦めに縛られ動けない」の力強さは、彼女のベストワークのひとつだと思うし、アイフラ版ポーカーの大きな聴きどころです。

ダイヤモンドルフィーからのキャリア組の2人だけでなく、メンバーそれぞれの個性や良さが少しずつ発揮されてきているのを感じます。繰り返しステージを観ることで、私が少しずつ把握してきたってだけかもしれませんけど。
asunaはmichelleとともに頼もしさを担っているし、uraraオマージュか、金髪にしたchihiroがいるとステージ上にパッと明るさが生まれる。
この日fake pokerの落ちサビを担当したhinakoは真面目よね。努力の人かと。
meiも(chihiroと同じく)明るい雰囲気なんだけど、同時に不敵な空気を纏いつつ(笑)、その長身のおかげでステージ映えもする。

今後、メンバーそれぞれの良さがもっともっと発揮されることで、統一感ある「アイフラ」というイメ-ジに奥行きが生まれ、グル-プ全体の強さへと還元されてゆくでしょう。

<セットリスト>
1.カルーセルシンドローム
2.錯覚の喜雨
3.fake poker ~生き様に賭ける道楽~
4.I.D.Fly


あ、高円寺HIGHは爆発しませんでした。
幸いにもライブ中は爆発することはありませんでしたが、終演後の物販で“全力パーティー”した結果、色々なモノが爆発したとだけ御報告申し上げます。
ハァハァ (*´Д`)


アイフラとエルフのライブレポというより、ヲタ活(に限らないが)は仲間がいると一気に楽しくなるよね、という記事でした。
ありがたいこと。

おしまい。


スポンサーサイト



COMMENT 0