今野敏『同期』

今野敏_同期
今野敏『同期』 (講談社文庫)

今野敏の警察小説、『同期』を読みました。“同期”は「動機」でも「動悸」でも「シンクロすること」でもなく、警察官に採用された時期が一緒って意味のタイトルですね。
振り返ってみると、私は今野敏の本って警察小説しか読んだことないですね。今まで隠蔽捜査シリーズ、“ハンチョウ”の安積班シリーズ、樋口顕シリーズを読んできました。今作は同期シリーズとも言うべきシリーズの1作目(2作目『シフト』が連載中)になります。

以下コピペ。
警視庁捜査一課の宇田川は現場で発砲されるが、突然現れた公安所属の同期の蘇我に救われる。数日後、蘇我は懲戒免職となり消息不明に。宇田川は真相を探るが、調べるにつれ謎は深まる。“同期(あいつ)”は一体何者なのか? 組織の壁に抗い、友を救おうとする刑事の闘いの行方は!? 今野敏警察小説の最高峰がここにある!

今野敏が警察小説を書くといったら、Yngwieが速弾きする、Gene Simmonsが火ィ吹く、桜木花道がリバウンドを取る、みたいなもんです。言わば、得意技。なので、面白くないわけがないです。
※彼の警察小説しか読んだことないとか言った後にナニを偉そうに!って話ですが、それは置いといて(笑)。

だが、しかし。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓

面白いことは確かなんですが、今回、他のシリーズと比較して主人公(の魅力)が弱いでしょうか?主人公の宇田川は若手の刑事ですが、帯タタキから想像されるような、「孤独な刑事が孤立無援の状況下で同期の友人を救う為に奮闘する」小説ではありません。今野敏は良い意味で“甘ちゃん”で、彼の小説は良い意味で“予定調和”なので、必ず頼りになる先輩刑事や仲間の存在があり、落とすべきところへスパンスパンと嵌っていく気持ちよさがあります。作者は“仲間”を書くのが上手いですよね。
本作も宇田川が一人悩むのではなく、気難しくも熱い上司に助けられながら、刑事の仕事を学んでゆく成長小説としての側面があります。現時点では、宇田川に確固たる“矜持”みたいのが希薄なので、「主人公が弱い」と感じたわけですが、結末にて「刑事であること」に対して“自覚”した宇田川が2作目でどう成長しているのか、楽しみです。

内容としては、殺人事件が公安絡みの国際的・政治的事案まで発展するのですが、個人的にはやや広げ過ぎな印象です。今野敏の強みは、人と人が関わり合う仲での機微を分かりやすい形に還元して読者に提示できること、だと私は思っています。政治的謀略が蠢くような世界を描写するのは題材が大き過ぎて、長所を最大限に発揮することが出来てないのでは。

全体的には、なかなか面白く、ちょい不満点のあったかな、という感じ。
スポンサーサイト

COMMENT 0