雫井脩介『犯人に告ぐ2 - 闇の蜃気楼-』

雫井脩介_犯人に告ぐ2_1 雫井脩介_犯人に告ぐ2_2
雫井脩介『犯人に告ぐ2 - 闇の蜃気楼-』 (双葉文庫、上・下)

雫井脩介の警察小説、『犯人に告ぐ2 - 闇の蜃気楼-』を読みました。
「犯人よ、今夜は震えて眠れ」なアレの続編です。

神奈川県警がその威信を懸けて解決に導いた「バッドマン事件」から半年、特別捜査官の巻島史彦は、刑事特別捜査隊を指揮し、特殊詐欺集団の摘発に乗り出していた。そんな中、振り込め詐欺グループに属していた砂山知樹は、指南役の天才詐欺師・淡路からこれまで日本の犯罪史上に類を見ない新たな誘拐計画を持ちかけられる。標的は横浜の老舗洋菓子メーカー〔ミナト堂〕。その〔ミナト堂〕と知樹には浅からぬ因縁があった―。2004年のミステリーランキングで軒並み第1位を獲得した警察小説の傑作、待望のシリーズ第二弾!

身代金受け渡しの日時を目前に控え、捜査を指揮する神奈川県警の巻島は、被害者家族と警察の間に言いしれぬ溝を感じ取っていた。被害者家族の協力のもと捜査態勢を敷く神奈川県警だったが、それを嘲笑うかのように裏では犯人側の真の計画が進行していた―。姿の見えない犯人を追う警察、巧妙な罠を張り巡らす犯人グループ、子どもの命を救うため葛藤し続ける被害者家族。三者は互いに牽制し合い、前代未聞の攻防を繰り広げる。そして迎える結末とは!? ミリオンセラーを記録した警察小説の金字塔、渾身のシリーズ第二弾!


ちょー面白い。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓



巻島たち神奈川県警の面々、誘拐犯グループ、ミナト堂社長と秘書・黒木。その3つの陣営の動きを丁寧に、かつテンポよく追うさまがスリリングです。複数の視点から一つの事件を描写すると、登場人物のキャラ達の良さ(悪さ)に左右されて、どこかのパートが退屈に感じられたりすることがままありますが、本作はんなこたーない。雫井脩介さすがっす。

人間ドラマとして面白い。
犯人側が特に良いよねぇ。淡野の得体の知れなさが強敵感(?)を醸し出すとともに、砂山兄弟の人間臭さが感情移入を誘う。どちらかと言えば、巻島よりも砂山兄弟の兄貴=知樹のほうが、本作の主人公らしい気もします。そんなこともあって、倒叙ミステリとしての印象も強いです。
ネタが出尽くした感のある誘拐事件を題にとって、ここまで新鮮に感じさせるってのも驚きですね。前半の振り込め詐欺の手法が、メインの誘拐事件の身代金奪取のところで活きてきてるんだよなー。巧い。

1作目と比べるとかなり趣が異なっており、シリーズ物である意味合いは、警察側の登場人物が共通しているくらいのもんです。ただ2作目と捉えずとも、それぞれの良さがあるので本作も同様にオススメ。
ラストに至り、ようやくシリーズ物であったことを思い出したかのように締めくくる、その強引な幕引きっぷりに、犯人じゃなくて俺が震えた(笑)


スポンサーサイト



COMMENT 0