KAMEN RIDER GIRLS@Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

仮面ライダーGIRLS LIVE TOUR 2019 ~それしかないわけないでしょう!~ Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE (2019/3/1)



紫のおねーさんこと、黒田絢子の卒業ライブである。

1月CROSS VEIN、2月predia、3月KAMEN RIDER GIRLSと、ここ数年でライブに行ってる回数トップ3のグループからメンバー抜けるという、“卒業ライブ”が立て続けにあってですね。ヲイラ、抜け殻になってしまうよ。KRGSのメンバー、それぞれが個性的で4人とも大好きだけど、受注生産のオリジナル・ジャージの色は迷った挙句、紫にしたしなぁ。

会場はマウントレーニアホールということで、KRGSのワンマン・ライブとしては初めての椅子席の会場です。適度に傾斜があってステージとの距離が近いし、ドリンク・メニューは豊富という、ホスピタリティ抜群のハコざます。ソールドアウト。パチパチパチパチ。
座席アリという、『超英雄祭』のような規模の大きいイベント以外ではファン側としても不慣れなシチュエーションなこともあってか、「立って観るよね?…え!?立たない?立たない?え、どっち?…やっぱ立つよね?」みたいになって(笑)、メンバーが登場してからみなさん立つまでに妙な間がありましたよね。
ちなみに管理人は2列目中央付近という、むをおおおお!むをおおおお! なポジションでありがてえありがてえ。


気迫だな、と。
ダンスが激し過ぎてラフになるとか、気合いが入るあまり表情が険しいとか、歌唱がヤケクソ気味になるとか、そういうことは全くないです。でも気迫が漲ってるのよね。このライブに賭ける気持ちが伝わってくる、そんな熱演。気持ちが如何に迸っても、気品やしなやかさ、クールさを失わないところがサイコーなのよね。
カッコイイ曲はめっちゃカッコよく、可愛い曲はめっちゃキュ-トに、楽しい曲はみんな笑顔で盛り上がり、そしてMCはとことんポンコツに(えっ?

…とはいえ、全体的にはKRGSらしさ溢れる、カッコいいアッパー系の曲が多いセトリになってましたね。それも「気迫」を感じた一因でしょう。
ズバリ、管理人が観たKRGSのライブで、一番良かったと思います。かつてないほど近距離で観ることができたというのもプラスに影響してるとは思うんだけど、「こんなにカッコ良くて綺麗で可愛くて、歌えて踊れるグループがほかにあんのか!?あんのかッ!?」みたいに1人で昂奮して心の裡でシャウトしてました。


遠藤三貴の“卒業公演”となった(今は亡き)原宿アストロホールのワンマン・ライブは「GAME START」を謳い、色んな趣向が盛り沢山な公演になりました(レポは→コチラ)。しかしこの日はそれとは異なり、演出らしい演出は無し。ステージ上に構造物は無く、広いスペースがあるのみ。スクリーンに投影する映像もオープニングや告知に利用されるくらいで、本番中は使ってなかったし。スペシャルな出しものとしては、仮面ライダージオウが曲中に何度か登場したことくらいですかね。
ごくごくシンプルに、4人のステージ・パフォーマンスをお届けする。それだけに4人によるKRGSの“つよさ”が強烈に感じられるショウになっており、“最高”たるゆえんでした。
衣装は、本編がヲイラが一番好きな最新の(↑のプロフィール画像の)もので、アンコールがMovin'onMVの白。その鮮やかなコントラストが特別な舞台に相応しく、素晴らしかったです。

近距離で観る、GIRLSのパフォーマンスは圧巻でした。何度も観ているはずなのに、改まって胸に迫ってきた。
久しぶりに披露されたRush N' Crashから最新曲といってよいBuild upまで、ガツンとクる攻撃チューンを6曲連続ノンストップでやられちゃうもんだから、(心の中で)チビっちゃいましたよ。
ゴリゴリに重い演奏から抜けてくる歌声の力強さ、広いステージを掌握するパフォーマンスの強さ、指先まで神経の行き届いた所作、ダイナミックな身体の捌き方、マイクの持ち替えの鮮やかさ(特に、ちー=秋田知里がすげえ)、歌ってない時のメンバー同士が交わすイタズラっぽい笑顔…etc…。なんてすげーんだろ。挙げていけばキリがないよ。


黒田絢子の加入を契機にして、KRGSって大きく変わったと思うんですよね。
ほんわかした語り口で喋ったかと思いきや、曲中ではめちゃくちゃしなやかでかっこいいダンスを披露し、そのギャップにスキュン♡とヤラれた(笑)。彼女が加わったことで、ステージ上の佇まいがより頼もしくなったし、パフォーマンスはグッと締まった。彼女に引っ張られて、他のメンバーのダンス・スキルが大幅に向上したと思いますしね。

こんなこと言っちゃあアレですけど、彼女って「特撮モノ」に対しての思い入れや造詣がそれほど深くない人だと思うんです。他のメンバーと違って。かくいうワタクシは、カッコイイ曲をやってたガールズ・ユニットがたまたま仮面ライダー絡みだったってだけで、仮面ライダーや特撮には全くと言っていいほど無関心。ライブでそれ系の話や曲をやられても、完全に置いてかれるというね…(苦笑)。そんなこともあってか、勝手な、ほんとに身勝手な親近感を覚えてたかもしれないなー、等と。

あとこれは別に直接的に彼女のおかげじゃないかもしれないけど、年に一回やるかどうかのワンマンと数回の特撮系行事やリリース・イベントに出演するだけのグループだったのが、積極的にほかのアイドル・ユニットとの“対バン”イベントに参加したり、主催ツーマンをやったりと、ライブの回数が一気に増えた。なので、管理人としてもこの4人、それと遠藤を加えた5人のラインナップによるKAMEN RIDER GIRLSのステージを多く観ましたし、思い入れもひとしおです。


涙したのは哀しかったからではなく、ステージから放たれる“つよさ”に感動したから。
KAMEN RIDER GIRLSを好きで良かったと、心の底から再確認したから。
黒田絢子の性格をそのまんま映し出したかのような、ジメジメさゼロ、屈託のない明るさとポジティヴさに包まれたライブになりました。
アンコールでのメンバーへの手紙朗読は、そこに込められた愛情に否応なく泣かされましたけど、それも嬉し涙みたいなもんね。「脱退」じゃなくて「卒業」。卒業ライブらしい雰囲気。門出を祝うような空間になったのがとても良かったですね。泣かせにかかる曲がないセトリも、彼女の卒業には合っていたし。

アンコールがまた完璧でした。
黒田の初リリースとなったシングル曲Next stageに、爽快感が突き抜けるMovin'on、今や必殺のハイライト曲となったYO-SO-LO!の3曲。歌詞のテーマは、「夢」「未来」「前に進むこと」「船出」といったもの。
門出となるこの日のステージの締めに、これほど相応しい楽曲がありましょうか。

Movin'onの冒頭の「オゥ、イェ~イイェ~~イ」のロングトーンは、ちーの歌唱力の高さが映える印象的なパート。この曲のリリース当時、ちーのVoに当て振りするのがGIRLS内(というか黒田絢子内?笑)で流行ってたんですけど、まさかここでそれをやってきて、笑っちまいましたね。
絢ちゃん、この当て振りをすっごい笑顔でやってて、ほんとに天真爛漫!って感じで、図らずも彼女の素敵なところと井坂仁美・秋田知里・鷲見友美ジェナとの関係性を切り取った一瞬になっていて、とにかく最高の光景でした。


素敵な卒業ライブをありがとう。
ほんとサイコーでした。
紫のおねーさんが抜けるKRGSには、4人が3人になるGIRLSには、正直いって不安があります。歌唱的にというより、フォーメーション的/振り付け的/ステージでの見栄え的に。YO-SO-LO!なんて正に4人であることを前提にしたフォーメーションでしたし。
でも、井坂・秋田・鷲見の3人には、これまでとはまた違うKRGSとして生まれ変わるところを見せてほしいし、卒業した黒田にはより広いフィールドでの活躍を期待したいです。
4人のこれからに幸多からんことを。祈っておりますよ。

願いを束ねて走り出そう未来へと

<セットリスト>
01.Time of Victory
02.PEOPLE GAME
03.Let's Try Together
04.Rush N' Crash
05.Scarlet Savage
06.alteration
07.Reason for
08.時の華
09.Build up
10.Over “Quartzer” (Shuta Sueyoshi feat. ISSAカヴァー)
11.月の満ちる時 (新曲)
12.The World
13.Just the Beginning
14.Reckless World
15.E-X-A (Exciting × Attitude)
16.Girls Anthem ~with our BIG LUV~

ENCORE
17.Next stage
18.Movin'on
19.YO-SO-LO!


krgs_20190301_penlight.jpg

仮面ライダージオウ先輩、黒田が3人にあてて書いた手紙をステージ袖から持ってきたり、ラストには花束を持って登場したりと、ヒーローしてましたね。ズルい。


スポンサーサイト



COMMENT 0