NEUROSIS、CONVERGE@渋谷TSUTAYA O-EAST

『 leave them all behind 2019 』 渋谷TSUTAYA O-EAST (2019/2/16)



NEUROSISCONVERGEを観に行ってきました。東京公演の1日目。
この2バンド、海外ではダブル・ヘッドライナーとして、毎年一緒にツアーを周っているんだそうで。それをここ日本でもいっぺんに観ることができるなんて! どちらか片方だけじゃ足を運んでなかったですね。ありがてぇありがてぇ。

…とはいえ、渋谷TSUTAYA O-EASTがソールドアウトするほど埋まるとは思ってもみませんでした。すんげー混んでる。だんだん混んでくるかと思いきや、最初っから混んでる。管理人は開演前からいたわけじゃないけど、たぶん最初っから混んでた(適当)。くわえて、ガタイのおっきい人が多くて、ステージがよく見えねえ。
まずは国内勢の2組から。


SELF DECONSTRUCTION
会場にインしたら、最後の曲をやるところでした。
グラインドコアかしら。ステージ上にVoとGtとDrの3人しかいないのに、何たる音の厚みか。Voは女性。すさまじく汚い声をぶちまけてます(褒めてる。…のか?)。音は残虐なのに、どこか爽快感と吹っ切れた明るさのあるステージでした。観たのちょっとだけでしたけど。


ENDON
VoにGtにDrに、機械をイジイジする人が2人。ジャンル的には「エクストリーム・ノイズ」…ですってぇ?
衝撃ですよ、衝撃。
1曲目で身体が震えた。

キ○ガイじみた絶叫Voに、やたら肉感的で野蛮なDrに、暴れ回るGtに、無慈悲に突き抜けるノイズ・シーケンス。長尺、というかどこからどこまでが1曲なのか判別しないような曲が、爆発を繰り返しながら高みに上ってゆく…。音はやたらデカいです。耳栓してるんで助かりましたけど。
ひとくちに「ノイズ」といっても、無機質なものから肉感的なものまで使い分けているようで、「もうダメッ!聴いてらんないっ!」とならずに、どこかプログレ的アプローチで楽しめてしまう自分がいました。ちょっと意外。

照明がまた良かったですね。ステージ後方から斜め上方へ光の帯を放ち、それが目まぐるしく変化する。メンバーの姿はシルエットの中に暗く沈んでいるものの、それがかえって神秘性を煽っているようでした。
神々しい轟音でした。しかし狭いハコでは観たくないな。コワイ(笑)


CONVERGE
幕が開くと、大歓声とともにフロア前方へと人が押し寄せる。押し寄せてできたスペースにもどこからか人が雪崩れ込んでくる。なんなのこの熱気は。

、ですね。
ゆっくりと音の塊を叩きつけて不穏なムードを醸し出すパートもありますけど、全体の印象としてはめっちゃスポーティ。ピリピリした緊張感よりも、カーーッ!!と盛り上がる性急さが支配的。
最低限のバンド編成なのに、音が薄くなりません。テクニカルなのにマシーナリーな感触ではなくて、やたら弾力性に富んだ演奏がすげえっす。鞭のようなしなやかさというか、粘りがあるんだけど同時に瞬発力もあるという…。化け物か。

しかし、専任Voの人(Jacob Bannon)、下手じゃね?(笑) というか迫力不足? 頻繁にシャウトを入れるBaの人のほうが、明らかに板についているんだけど。でも、ヘタクソ、というか頼りないだけに、逆に彼のVoから初期衝動みたいのを感じるってのも事実なんですよね。
あと、予想できない動きがヤバいよね。終始落ち着かずに足早に動き回り、ペットボトルの水を頭からかぶり、フロアに向けて盛んに訴えかける。良い歌い手というより、良いフロントマン。「スポーティ」との印象は、Jacobのアクションによるところも大きいですね。

鉄壁の演奏陣の中でも、一番すげーと思ったのがドラマーだったんですけど、これ、Ben Koller(Dr)が怪我のため参加できず、サポートの人が叩いていたんですってね。ライブの後に知って、ほんと驚きましたよ(遅)。

<セットリスト>
01.Reptilian
02.Dark Horse
03.Aimless Arrow
04.Under Duress
05.A Single Tear
06.Drop Out
07.Heartless
08.Trigger
09.Eye Of The Quarrel
10.Broken By Light
11.Worms Will Feed / Rats Will Feast
12.Runaway
13.Predatory Glow
14.Heartache
15.Cannibals
16.Eagles Become Vultures
17.Empty On The Inside
18.I Can Tell You About Pain
19.Concubine
※setlist.fmからコピらせてもらったが、正直合ってるかどうか全く分かんねえ
ラストのConcubineでは、SELF DECONSTRUCTIONのくびね(Vo)がゲスト参加して大盛り上がり。


NEUROSIS
衝撃ですよ、衝撃。
ここまでものすごいライブをブチかましてくるとは…。。。
盛り上がりまくったCONVERGEの後だと、静かなパートも多いNEUROSISは分が悪いかな…とか考えていたんですけど、まったくもって杞憂でしたね。というか、それぞれ異なる魅力があって、それぞれのライブ映えの仕方がある。まったく別種の凄みだわ。

まず感じたのは、勝手にイメージしていたニューロシス像との乖離が生む、違和感。
照明が明るいんです。暗くムーディで儀式のようなライブをするもんだとばっかり…。ステージの上にはメンバーと機材だけ。バックドロップもなし。映像と絡めたシアトリカル/エクスペリメンタルなショウを見せてくるんだと思ってた…。

そしてメンバー。ガタイ is いい。腕にタトゥーびっしり系。そりゃあアー写を見て把握してはいましたけど、実際に明るい照明の下に立つ強そうなメンバーたちの姿を見ると、「すげえなアメリカ…」と意味不明な感想が浮かんでくるってもんで。
この強面感、「職業は魔法使いか賢者かと勝手に思っていたら、実は戦士だった」、みたいな衝撃があります。いや、やはり魔法は使うから、魔法戦士なのかな。決して遊び人でも商人でもありません。ファニーなムードは皆無だから。
圧倒的ストイシズム。

MCなし。
煽りなし。
コミュニケーションの断絶。
曲間を環境音とノイズでつなぎ、ただただ演奏と声をぶつけてくる、一方通行のパフォーマンス。
最高。

音がめちゃくちゃクリア。そして重いです。うるさいんじゃなくて、重いの。
アンサンブルに乱れが無くて、見通しがよいサウンド。だから曲の動静、それぞれの質感や落差が際立ちます。なんでメンバー同士、「いくぜ、せーの!」みたいにアイコンタクトしてないのに、ピタリとストップ&ゴーを合わせられるのか。無音と轟音、清音と歪音が一瞬で切り替わる、そのインパクトの大きさに口あんぐりでした。

輪郭のはっきりとしたサウンドでアンサンブルを練り上げてゆくのに、結果としてこうも混沌とした世界が現出するのはなぜなのか。メンバーとしては意図してこういう世界を生み出しているんでしょうけど、聴いてる/観ている側としては、いつのまにか手に負えない魔物が生まれてきちゃった、みたいな畏怖を覚えます。
すげえ。
KING CRIMSONとはまた違った、バンド・アンサンブルの極致を目の当たりにした気がします。

演奏だけが凄いんじゃないんですよね。
ヴォーカルが、というか“声”が、“叫び”の切迫感がものすごい。
Scott Kelly(Vo&Gt)の邪悪で悲痛に満ちた叫び。
Steve Von Till(Gt&Vo)の緊迫感のある叫び。
Dave Edwardson(Ba)の野太い叫び。
Noah Landis(Key)がときおり被せるように発するホイッスルのような叫び。

Noahはキーボードだけじゃなくて、ときおりパーカッションも担当していました。
しかし、黒いぴったりしたTシャツを着たいかり肩の彼が、キーボード台をむんずと掴んで前方に傾けて保持したり(二の腕誇示)、手間に引き寄せてポージング(二の腕誇示)したりするもんだから、鍵盤を弾いているというよりジムで筋トレしてる人、もしくはステージ上でポーズをとるボディビルダーみたいに見えてしょうがなかったなw

ヘヴィな音だからこそ描くことのできる美しさというものがあるわけで、NEUROSISのステージが正にそうでした。ENDONとはまた違った感触で。
なんて崇高で怖ろしい音なのか。まったく光が見えないような音楽なのに、神々しい。
凄まじいものを観た。

<セットリスト>
1.Given To The Rising
2.Bending Light
3.End Of The Harvest
4.A Shadow Memory
5.The Last You'll Know
6.Burn
7.An Offering
8.Reach
9.The Doorway
※setlist.fmからコピらせてもらったが、正直合ってるかどうか全く分かんねえ


スポンサーサイト

COMMENT 4

メニ  2019, 02. 21 [Thu] 02:54

ソールドアウトで4バンドはキツそう(^^;;

大阪は前座なしだったのでENDONは観てみたいのではちょっと羨ましいかも・・・なくらいで、NEUROSISに至っては笑ってしまうくらい同じ感想ですね。
音響を含め、ものすごくコントロールされてる、という。
なので、構成含め完璧なパッケージだと思ったんですが、微妙にセットは変えてるんですねー。
大阪ラストは"Through Silver In Blood"で、エンディングの和太鼓っぽい三重奏が強烈に格好良くて、いかにもこれぞラストって感じで、きっとこれが定番なんだろうと思っていたんですが、まさかやってないとは・・・(^^;;;

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2019, 02. 22 [Fri] 21:39

メニさん、

ソールドアウト会場でも人に行き来がなければそれほどキツくはないんですが、演奏中でも混みまくりの会場内を人を掻き分けて移動する人がめちゃくちゃ多くて、辟易しました。私の位置取りも悪かったんですけどね。

NEUROSISは凄すぎました。ほんと完璧す。
セトリに関しては、私は曲の判別できてないのでアレですが(笑)変えていた…ようです。ただ東京でも最後は、太鼓持ち込んでトライバルなパートを大フィーチャーした曲でしたね。


Edit | Reply | 

メニ  2019, 02. 27 [Wed] 01:19

拝見するたびに

ライブ感想が更新されてる感があり、精力的だなーと感心してます。ご自愛ください。

僕もあんま知らなくて(正確には聴いてても覚えてないw)、辛うじて覚えてたのが"Through Silver〜"だったのもあるんですが(^^;;、そんな状態でも惹きつけるのは凄いことですね。
なるほど、違う曲でも同様の演出で締めてるんですね。
明らかに会場の空気も変わったので、コレ無しなんて・・・と思ったんですが、すごく納得しましたw

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2019, 03. 10 [Sun] 16:06

メニさん、

あとで見返す時に便利なので、ライブに行ったらそのレポはできるだけ書こうと思ってます。ただ元々遅筆なのと書く時間があまり取れなかったりで、アップする頃にはだいぶ鮮度が落ちていることが多いですが…(汗

NEUROSISのあの締め方は寂寞感全開で圧倒されますよね。

Edit | Reply |