D_Drive@六本木morph-tokyo

D_Drive ワンマンライブ ~Driving Rock Revolution 2012 Summer in TOKYO~ 六本木morph-tokyo (2012/8/5)

大阪(?)のHR/HMインスト・バンド、D_Driveのワンマン公演を観にいってきました。東京では初のワンマンだそうな。六本木なんてお洒落な土地にライブを観に行くことになるとは…。バンドのTシャツは持ってないので、(無理矢理)同じインスト・バンドAPOCALYPTICAのTシャツを着ていきました。今回割と整理番号が早い番号だったので、2列目で観ることができました。前回の名古屋Electric Lady Loudの時とほぼ同じ位置取り。
定刻18:00ちょっと過ぎからアンコールまで含めて2時間ほどのライブでした。元々持ち曲の数がさほど多くないし、(1曲1曲がそれほど長尺でない)インスト・バンドがこの長さのライブを構成し、プレイするのはなかなか大変だったかと思います。持ち曲は全てプレイしましたかね?あれ、Among the Distractionはプレイしなかった?すみません、よく覚えていません(汗)…。
ライブの感想としては、『上手い!→楽しい!→最高!』に尽きるのですが、それだけじゃあんまりなんで、以下駄文を。

今回カメラが入っていました。将来ライブDVD等の形で発売されるかもしれません。ステージ上は名古屋の時と同様、シンプルな機材を青色LEDで彩る、といった感じ。六本木morph-tokyoのステージは客席から見て奥側が一段高くなっており、ドラム台も良く見えました。その奥行きのあるステージにより、狭いながらも立体的なライブが出来ていたと思います。
幕が上がるとライト落ちてて弦楽器隊が後ろ向いてスタンバッててSE終了と同時にアクティブに演奏を開始、っていうオープニングはなかなかカッコイイです。ライブ全体の流れは、勢いよく始まって~中盤ゆったりめの曲や聴き応えのある曲を挟んで~本編ラストRussian RouletteScrew Driverを畳み掛けるという感じでした。
特に、Russian Roulette、私やっぱこの曲大好きだわ。多分、代表曲中の代表曲、Cassis Orangeよりも好き。PANTERA風(?)のトリッキーでヘヴィなリフからツインリードへと移行するダイナミックさが堪らんのよね。そのツインリ-ドについてシングルCDを聴いた感想では「ジャーマン・メタルを思わせる劇的なツインリード」って書きましたが、コレ改めて聴くと、ジャーマン・メタルというよりアレだ。
このテクニカルさと流麗さは、
CACOPHONYだ!
Marty Friedman!
Jason Becker!
Sword Of The Warrior!
悶絶ッ!

あと、この曲での掛け合いタイムがめちゃめちゃ楽しかったなぁ。

1度目のアンコールで(一緒にツアーを回った)THE冠の冠徹弥(Vo)がサプライズ・ゲストとして登場!プレイするのはカバー曲ではなくTHE冠の持ち曲(笑)。傷だらけのヘビーメタル中3インマイドリームスをプレイ。今回初めて生でその歌声を聴きましたが、ハイトーンはかなりパワフルですね。以前、聖飢魔Ⅱのトリビュート・アルバムに参加してJack The Ripperを歌っていましたが、なるほどデーモン閣下っぽい部分もあります。その歌唱と暑い熱いパフォーマンスもあり、かなりフロアは盛り上がっていました。そして、際どい衣装をアピールするようなお下品パフォーマンスもあるのですが、それをちょっとステージ後方に下がってYukiさん(Gt)の視界から外れて(?)やったりして意外に紳士(笑)。このアンコールでの2曲は、まぁ仮に映像化されたとしても権利関係等もあってカットされちゃうかもしれませんが、とても楽しめました。

2度目のアンコールは感謝を述べるYukiさんのMCの後、鉄板のCassis Orangeで締め、でした。

いやぁ、楽しい楽しい。そして(サプライズ・ゲストはあれど)インストだけなのにまるで飽きないし、逆に見どころ沢山。私はギターはおろか、楽器はまるでプレイできないので、プレイヤー視点から彼らのライブを観たり楽しんだりすることはできません。それでも、メロディアス(でもベタベタしない。ここポイント)でパワフル、構築美のある楽曲が、職人的な手捌き足捌きで繰り出される様は圧巻で、目が離せません。私、美容院に行って髪切ってもらう時、美容師さんの鋏の動きとか見ているの好きなんですが、そんな感じ(どんな感じだよ!?)。真に機能的な動きというのは美しいものなのよ。

メンバーそれぞれの印象をちょっと書きます。
  ↓
☆Chiikoさん(Dr)
・パワフルだけどバスドラはあまり重くないかな?
・シンバルの使い方が結構好き。
・凄ぇ笑顔、素敵。
・青色好き。
・ラーメン好き。
・映画見ない。

☆Shimataroさん(Ba)
・音、めちゃめちゃ太い。
・軽めのバスドラ音と相まって存在感は抜群。
・バンド内で一番アクティブな動き。
・笑顔の破壊力、半端ない。
・漬物嫌い。
・猫好き。
・外国人ではない(笑)

☆Yukiさん(Gt)
・容姿は勿論、ギターを持った立ち姿が美しい。
・速弾きの時の運指がこれまた美しい。
・笑顔もまた美しい(笑)。
・「柄にもなく緊張してます」とのこと。
・緊張のせいか、Unkind Rainの冒頭ミスってた?

☆Seijiさん(Gt)
・正に『完璧』なテク。
・手癖フレーズとかないんじゃないかってほど弱点無し。
・運指に無駄が皆無(なように見える)。
・基本クールだが、アイコンタクトする時の笑みが不敵で最高。
・映画はタイムスリップ系、特に『猿の惑星』一推し

私が感じた、バンド全体の印象は、
Chiikoさんが形作り、
Shimataroさんが推進力を与え、
Seijiさんが(Yukiさんに)寄り添い、時に支え、
Yukiさんがその上で自由自在に泳ぎ回る。

て感じすかね。

メロディの美味しいフレーズはYukiさんが担当することが多いんですけど、それもSeijiさんが手堅く(でも熱く!)サポートしているおかげで伸び伸びとプレイできているような印象を持ちました。Seijiさんの出しゃばることのない(でも出るときゃ出る)コントロールっぷり、これもまた『完璧』。泣きのパートはSeijiさんの方が得意っぽいですね。
MCは割とグダグダ(笑)。でもそういうの嫌いじゃない。ショウの勢いを削ぐほどダラダラじゃなく、バンドの和やかな雰囲気が十二分伝わってくるくらいにはノホホン(笑)。


私はここ数ヶ月の間に彼らの音楽に触れたばかりの超初心者ですが、D_Drive、結構ハマってます。このバンドの立ち位置ってなかなか独特で、テクニカルなインスト・バンドなんだけど軸足がHR/HMってあまり他にはいないですよね。私はフュージョンも聴きますが、フュージョンではそれほど感じられなかったものがD_Driveからは感じられるんですよ。それは身体で直接感じる「ノリ」だったり、ロック的な「熱さ」であったり、メタル的な「分かりやすさ」だったりするのですが、私はそこに非常に魅かれます。フュージョンはもう少し「静かな熱狂」って感じがするので。
今は楽器をプレイする方がファンの大半を占めているような気がしますが、D_Driveの音楽はプレイヤーだけなく(私のように)ただのリスナーでもハマれる間口の広さがあると思います。ライブのノリは他のヴォーカル入りHR/HMバンドと変わりませんし、むしろ、より熱いくらい。リフなんて「オー、オッ、オー!」みたいに皆で合唱できるくらいキャッチーなのがありますしね。そして何より、メンバー全員が同じ方向を向いて切磋琢磨しているバンドは面白いし、見ごたえあるし、応援したくなりますね。

今までは関東圏(というか直ぐ東京に行ける範囲)に住んでいて、(立地的に)ライブ行くのに不自由したことが無かったのですが、ことD_Driveに関しては関西在住の方が非常に羨ましいです。割とあちこちでライブをしてくれてますが、やはり関西でのものが多いと思うので。大阪でのALHAMBRAとのツーマン、見たいんだよなぁ…。既に10月、12月に東京でのライブが決まっているようなので調整してできるだけ参加したいなぁと思っております。

P.S.
会場ですぐ隣で観ていた方とその後Twitterで繋がるという偶然も。嬉しいですのぉ。


追記。主にYukiちゃんがどんだけ可愛いかについて(笑)
管理人の壊れる様が見たくない方&良識のある方は開かないこと!(笑)
  ↓
さて、今回のワンマン公演の数日前、7月31日に事件は起こりました。
「D_Drive・Yukiと言えば黒髪」「黒髪と言えばD_Drive・Yuki」ってくらい、黒髪の似合っていたYukiちゃんですが、Twitterにて突然の「髪染める」宣言発令!


「D_DriveのYukiちゃんが髪を染めたんだよ!」
mmr2.jpg (非定期的使い回し画像)
そう、「なんだってェー!!」なわけです。

その後も「ウィッグかぶってるみたい」「結構明るくなりました」という本人ツイートがあったり、Chiikoさんの「Yukiちゃんがグレた」ツイートがあったりと、我がmindはオリンピックどころの騒ぎじゃなかったわけですよ。元々オリンピックは見てないんですが(苦笑)
そんなこんなで、今回のワンマン最大の目玉と言ってもいい(笑)、Yukiちゃんの髪の色でしたが…、
ほんのちょい赤みがかったブラウンでしょうか。Shimataroさんほど明るい茶色ではなかったです。それほど大した変貌(笑)ではありません。

てゆーか、可愛い。
ヘドバンするそのお姿を前にして、我がモードは完全に「萌え」である。


ライブ途中、「前の方が良かった人ォー?」「今回の方が可愛いと思った人ォー?」みたいな形で客席(というかフロア)に挙手を求める場面がありましたが、私はどちらにも手を挙げませんでした。挙げられませんでした。

だって、え、え、選べないよォォオオ!!
どっちも可愛いんだもん!(←アホウ)


まぁこういう時は「今現在」「最新状態」を支持しとくのが大人の処世術ってやつかもしれませんが、ね(笑)


そして、今回のライブ会場から先行発売されているYukiちゃんの教則DVD第二弾。その名も『ゼッタイ弾ける!スウィープ超入門』ですが、会場で買うと、①別ジャケ、②サインしてもらえる、③生写真付き、の3大特典が付いてくるという。
ddrive_yuki_thebeginningofsweep.jpg
Seijiさん曰く、「ラケットに持ち替えたら、テニスプレイヤー・ジャケ」(笑)

開演待ちの間も後ろの物販スペースから「生写真付きです!」の連呼が飛ぶ。
買おうか買うまいか、揺れ動く心…(笑)


ま、結局、買わなかったんですがね。ギター弾かない野郎が買っても逆に失礼かと思いまして。
「いや、『お掃除入門』とか『断捨離』みたいなハウツーものだと思って買ったら、ギター教則だったとはね…ははは(てへぺろ)」みたいな言い訳も考えましたが(笑)…“sweep”なだけに。

その代わりと言っちゃなんですが、Tシャツとリストバンドを買って帰りましたとさ。
CDやDVDを買えば終演後サインがもらえるとのことでしたが、教則DVD以外は全部持ってるのでね。


おしまい。
スポンサーサイト

COMMENT 0