CROSS VEIN 「Acoustic Live & Party ~Birthday of Y/M/K~」 @ 池袋Absolute Blue劇場

CROSS VEIN Yoshi & MASUMI & KeiTaro バースデーイベント 『 Acoustic Live & Party ~Birthday of Y/M/K~ 』 池袋Absolute Blue劇場 (2018/11/16)

わいえむけー。

CROSS VEINのYoshi(Gt)、MASUMI(Gt)、KeiTaro(Key)、三王子の合同生誕記念イベントに行ってまいりましたぁん。アコースティック・ライブ+これははたして「パーティー」と呼んでいいのか?な催し物コーナーという内容。
会場は、5月のJULIA姫の生誕祭(レポは→コチラ)と同じ、池袋Absolute Blue劇場です。

JULIA姫、今回は主役ではないので、前回の生誕祭と比べるといくぶんシックなワンピ~スをお召しで、これはさすがのTPO(たぁん・パーティー・おめかし)である。2017年のバースデー・ぱーちーのときの衣装と似た雰囲気でしたけど、着丈が異なってたからこりゃあ違うドレスね。ヒール is 高い。要するに むをおおおお!むをおおおお!
王子たちの衣装は、Yoshi&Shoyoはそれぞれの個性を出しつつも足元まで隙の無い感じ。対してMASUMI&KeiTaroは緩いねぇ(笑)。ShinKiから「サラリーマンっぽさがすごい」と評されていたKeiTaroではありましたが、前回もそうだったけど、スーツなのに裸足なのか靴下がやたら短いのか知らんが、足首が丸見えなのが激しく気になるw ShinKiは無難にすっきりスーツ。あ、でもしんちゃんも同じく足首丸見えだったかも。


まずは曲毎に編成を変えつつの、アコースティック・ライブからスタートです。アレンジはちょっと異なっていたかな?と思える部分はあったものの、選曲にせよ内容にせよ、前回とほぼ同じですね。
より詳細な感想は前回レポを参照していただきたいところですが、今回もメンバーの引き出しの多彩とともに、普段とは装いをガラリと変えた曲の雰囲気、同時に変わらぬメロディの強さを生々しく実感できる空間。
素晴らしいものは何度観ても素晴らしいし、来場特典として配布されたLacrimosaのアコースティックVer.音源はさいっこーにしっとりなじゅり声を味わえる逸品でしたけど、もう少し選曲に意外性を持ち込んでもよかったのでは? …というのは贅沢な注文ですかね。
音楽的にも、今回ここでしかない観る(聴く)ことのできなかった、特別なものを提供してほしかったところです。ライブをメインに据えるというよりは、「ファンとの交流」に主眼を置いたイベントだとしてもね。


イベント後半は、前回イベで好評を博した、かどうかは知らないが、あの“絵心のない画伯”コーナーが再び開催されました。ニヤニヤTime has Come。
1分半での即興お絵かきです。会場のファンからお題を挙げてもらうってのも同様。今回は、「ペンギン」「自転車」「女装したKeiTaro」の3つでした。
細かいタッチと大胆な構図を駆使するチャンピオンMASUMI。
特徴を捉えるのが上手く、他者の作品へのコメントも秀逸なYoshi。
描いてる最中の冷静沈着っぷりと披露された絵の脱力感、その落差がものすごいShoyo。
描いてる最中の弱音が増え、かつ前回より絵心が無くなってきたShinKi。
そして二大巨頭、じゅりあんぬ画伯とKeiTaro画伯。


ヤクをキメてとち狂ったかのようなじゅりあんぬ画伯によるペンギン画は、ルーヴル美術館に収められてもおかしくない出色の出来栄えです。正に天才の御業と言えましょう。
そしてこちらは、抽選で当たったKeiTaro画伯の自転車。姫から「なんかウナギみたいのがいるよぉ(怯 」との御言葉を頂戴しておりました。キテる。
keitarobicycle_20181116.jpg


画伯コーナーに続いたのが、JULIA姫によって持ち込まれた新企画「(男性メンバーによる)愛の告白コーナー」です。二人一組でお互いに愛の告白を行い、笑いを堪えられたほうが勝ち。要するに、にらめっこしましょのヴァリエーション違いですな。トーナメント方式で優勝者を決めます。姫は司会担当。
1回戦は「Yoshi vs Shoyo」と「MASUMI vs KeiTaro」のカード。シード枠のShinKiは、司会のJULIA姫の隣で解説役です。
クールな表情を微動だにさせないShoyoが、いいひと過ぎるYoshiをあっさり葬り、決勝戦へ。
何故かBL臭が漂うハイスクール同級生対決は、辛くもKeiTaroが勝利を収め、シード枠のShinKiとの対決へ。

しかし、しんちゃんが強い。トーナメントに入る前に、どんな企画か説明する見本として披露されたのが「JULIA vs ShinKi」の対決でしたが、瞳ウルウル乙女告白の姫を、告白する前段階の「ジュリア…」の呼びかけだけであっさりと捻じ伏せたその実力よ。声音がマジだもん。役者か。
先月末のハロウィン・イベント(→コチラ)でのペニーワイズ仮装を経て、徳を積んだShinKi王子に隙はありません。つーか、どこか吹っ切れた感じになったしんちゃん、サイコーに面白いよ。解説者としてのコメントも、フリートーク・タイムでの雑談でもいいキャラしてましたわ。実は物真似が上手いことも明らかになりましたし。新キャラYOShinKiの爆誕は、来場者だけの特典ね(笑)

そんな“強者”ShinKiにKeiTaroが勝てるはずもなく、決勝戦のカードは“アイスマン”Shoyoと“ペニーワイズ”ShiKiの対決に。
なんとすばらしくハイレベルな決勝戦か。 ←
ポーカーフェイスで次々と技を繰り出す先攻・Shoyo(脚の組んだ格好のキマり方がまずズルい)の猛攻に、さしもの強者も小刻みに肩を震わせつつ笑いを堪えるという、防戦態勢です。後攻・ShinKiは守護神ペニーワイズを召喚し、「ハ~イ、Shoyoォ」の導入部からピエロ声で攻め立てるものの、、、、、
あーッと、アイスマン笑わないッ!
余裕綽々で流してるゥ!
さすがのペニーワイズも万事休すか!?
こりゃあShoyoの優勝か!?
と思われた瞬間に繰り出された
「風船いるかい?」
でまさかの土俵際からの逆転。爆笑に包まれる場内。我慢できずに吹き出すアイスマン。優勝者はShinKiでした。
つーかそれははたして愛の告白なのか?っていうww


前回と同様の親密な雰囲気に包まれた、温かくも楽しい(楽しすぎる)ぱーちーでした。
異なっていたのはしんちゃんの振りキレっぷりだなw
今後も期待してます(笑)

こういった演者との距離が近いイベントって、人見知ラーとしては心理的なハードルがいくぶん高いのよね。でも私なんぞに対しても気安く声をかけてくれる友人がいるからこそ、こうした場でも居心地よくすごせます。ほんとありがたいことです。
そもそもCROSS VEINのメンバーの人当たりの良さがあるから、「行きたい!」と思わせてくれるってのはあるんですけどね。

<セットリスト> ※カッコ内に楽器編成を注記
1.Immortal Beauty (Pf, Ba, Dr)
2.隠されしエデン (Pf, Gt, Gt, Ba, Dr)
3.Lacrimosa (Pf, Gt, Gt)
4.fate (Pf, Gt, Gt)
5.forget-me-not (Pf, Gt, Gt, Ba, Dr)

***** 絵心のない貴族コーナー *****
***** トーナメント形式:愛の告白コーナー *****

6.最果てのオリゾン (Pf, Gt, Gt, Ba, Dr)


スポンサーサイト



COMMENT 0