Octaviagrace「new eclosion」


Octaviagrace「new eclosion」 (2018)

2017年末をもってキーボード奏者のReanneが脱退(ラスト・ライブのレポは→コチラ)、男女比1:1になったOctaviagraceの7曲入りミニアルバム。公式HPによると3rd EPとのこと。2作目の「Recollect Storia」(2015)が4曲入りということで、シングル扱いになるからですね。
ジャケからヲクタ子ちゃんがいなくなったわね。イメージがガラリと変わって、新生!って感じの美しいアートワーク。

Reanne様ぁの脱退は音楽的方向性の違いや人間関係ではなかったということもあり、引き続き本作の制作にも関わっております。作曲×1曲、鍵盤アレンジ×4曲。彼の作る曲が好きだった身としては嬉しいですね。
そのReanne様ぁも含めて、4人のソングライターがいることがこのバンドの武器のひとつでもありますが、その強みが存分に活かされた充実作になりました。リーダーYouske(Ba)が4曲、実稀(Vo)とhanako(Gt)が1曲ずつ。ま、このバンドが“ハズレ”を作ってきたことはないですけどね。

大きな意味で作風に変化なし、と言ってよいのでは。J-POP/アニソンの要素たっぷりの、技巧的なメロディック・ロック/メタル。日本語の響きを大事にした気品のある歌詞も変わらぬ美点です。
Keyの分量が少し減じているせいか(重要度は変わらず)、若干ストレートになっている気もしますけど。演奏の力強さや骨太さが増し、特に弦楽器2人の存在がさらにくっきりと浮かび上がってきた。YouskeのBaが気持ち良~くうねり回ってますねぇ。STUDIO PRISONERで録られたKo-ichiのDrは、持ち前のシャープさはそのままにダイレクトな圧を感じる。そこらへんの特徴は、①oddeye④unknown chordあたりの曲に分かりやすいかたちで出てますかね。

実稀作の②sorrow jokerがリードトラックとして選ばれたのは、少々意外でした。彼女の作る曲って、淡い色調のものが多く、クセが少ないというか、なんというか「オクタヴィアっぽい」というよりは「実稀っぽい」と感じるもの(?)が多かったので、こうしてバンドの名刺代わりの曲としてチョイスされ、かつテレビ番組のエンディングテーマになったのは、なかなか新鮮でした。聴き手にすり寄ることのないそっけなさとうす暗さが、歌詞のイメージとリンクして実にお洒落。ケイオティックなパートから伸びのあるGtソロへと展開してゆく間奏もいい。

⑤DEADLOCK⑥Breaking dawnがすげー好きですね。前者は毎年恒例になりつつあるBabyDollSymphonyAmiliyahとのカップリング・ツアーのためのコンピ盤向けに作られた曲の再録で、本作の中でも最もダークなシリアスな曲。後者はReanne様ぁらしさが全開ね。リアンメロ+実稀リリックのコンビネーションが生み出すファンタジックなムード is 最高。だって「漆黒の空 無限の海」だぜ? 中学二年生歓喜モノでしょ?笑 「薄氷」という言葉をチョイスするセンスに惚れるよみきてん。


前作より好きですね。
ところで「ライカァ!」()っていったい何だ?

【お気に入り】
収録されているのはどれも良いけど特に、
⑤DEADLOCK
⑥Breaking dawn
④unknown chord
②sorrow joker MVは→コチラ。


スポンサーサイト



COMMENT 0