REFUGE「SOLITARY MEN」


REFUGE「SOLITARY MEN」 (2018)

ドイツのベテランHMバンド・RAGEの初期メンバー3人が集まったバンド、REFUGEによる「デビュー」と言ってよいのか分からないけどデビュー・アルバム。
「また一緒に集まってライブしてみたら面白いんじゃね?」的なプロジェクトだと思ってましたが、Peavy Wagner(Vo&Ba)、Manni Shumidt(Gt)、Chris Efthmiadis(Dr)という3人の再集結は殊のほかうまくいったんでしょうか、まさかの新作リリースと相成りました。バンド・ロゴとAndreas Marschallによるジャケ画にニヤリとせざるを得ませんよね。ミックスとマスタリングはDan Swano。

バンドのコンセプト自体がオールドスクールなものなので、この3人が集まって音を出した結果、何か革新的なモノが生まれいずる可能性はほぼゼロでしょうし、ファンもそれを求めていないでしょう。出てくる音も求められている音も、“あの頃”のソレなはず。
…という意味では期待を裏切らない作品だと言えそうです。

でも個人的にはあんまり面白くなかったのよね。古臭すぎて。
古く、あまりにも“あの頃”の音であるがゆえに、自身の「過去」を超えるどころか、迫っているとも思えないから。

そりゃあPeavyのメロディ・センスは安定してるし自分の好みだし、ManniのGtはスリリングだし、ChrisのDrのタイトさは気持ちいい。彼らならではのアグレッションがあって、現役のメタル・バンドとして“ヌルく”ないことには安心しました。
でも「ボチボチ」な出来なんだよなぁ…。①Summer's Winterのタッピング・ソロがInvisible Horizonsが思い起こさせて一瞬「オオッ!!」ってなるんですけど、結局はそれなら「SECRETS IN A WEIRD WORLD」(1989)聴きますよってなる(笑)

RAGE時代のデモ曲、WaterfallsAnother Kind Of Madnessをセルフカヴァーしてます。後者は「MISSING LINK」(1993)の日本盤ボーナス・トラックのアコースティックVer.が印象深い曲。そちらを聴こう(笑)

【お気に入り】
②The Man In The Ivory Tower MVは→コチラ。え、クリス、眼鏡ェ!?
①Summer's Winter


スポンサーサイト



COMMENT 4

kazz_asai  2018, 11. 18 [Sun] 20:37

もっと出来るはず

メロディは往年のままですけど、MedicineやRefugeのような疾走曲がないのが私には不満でした。
現行RAGEの方がずっとアグレシッシヴなんですよね。
さすがのあのメンバーも年齢には勝てないのでしょうか。
次作での奮起を望みます。

Edit | Reply | 

かつ丼  2018, 11. 19 [Mon] 09:29

あんまり響かなかったですね
アグレッシブなんだけど露骨に古臭いというか
ただ①と⑨が好きです。
比較対象がおかしいですがVictorがいた頃が好きなのも余計に響かない理由かもしれません

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2018, 11. 20 [Tue] 21:37

kazz_asaiさん、

現行RAGEと比べてしまうと「やはり年齢なのか…」と考えてしまうところはありますよね。
仮に爆走曲を収録していたとしても、80年代終わり~90年代初頭のような前のめりな感触を求めるのはムリかなぁ…と思います。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2018, 11. 20 [Tue] 21:41

かつ丼さん、

Victor時代は同じトリオ編成でもGtパートに現代的なエッジがありましたから、やはりこのREFUGEラインナップとは違いを感じますね。

Edit | Reply |