KAMEN RIDER GIRLS@日比谷公園小音楽堂

『 喰らいマックス@お酒とおつまみフェスティバル 』 日比谷公園小音楽堂 (2018/9/29)


kuraimax_20180929_timetable.jpgkuraimax_20180929_logo.jpg

9月29日はTOKYO DOME CITY HALLで陰陽座のツアー・ファイナルなんですけど、その前に日比谷公園へ行って、KAMEN RIDER GIRLS(仮面ライダーGIRLS)のミニライブを観てきました。日比谷公園で行われるグルメフェスとのコラボで、小音楽堂に順繰りにアイドル・グループが登場してパフォーマンスを行うイベント。ライブ観覧は無料。

台風が近づいており、あいにくの雨降りです。
小音楽堂のステージ部分に屋根はあるけど、観覧席には無し。合羽を着て観るのもなぁ…と躊躇していましたが、前方エリアは傘NGであるものの、後方は傘さしてても大丈夫なようでしたので、直前判断でGOしました。
ちなみにKRGSは翌30日も出演予定でしたけど、台風の状況を鑑みて、イベント自体が中止になりましたね。

持ち時間20分なので、4曲です。
こういった何組ものグループが入れ代わり立ち代わり出るイベントよりも、そりゃあワンマンやツーマンのほうが何倍も見応えがありますし、音数の多いKRGSの音楽には(屋外より)しっかりした音響設備の整ったハコが適していると感じます。でも、直前までヒラヒラ&パステルカラーの衣装に身を包んだ少女たちによる、ポップで可愛~いラブラブ・チューン(なんだそれ)が流れていた空間に、突如ゴリゴリのロック・サウンドが流れて空気が一変するのがたまんねー。背徳感ちゅーかなんちゅーか。
それと、途端に居心地が途端によくなるのは何なんだろうか。ぶっちゃけこういうイベントだとKRGSは浮いてるんだよな。そこがいい。めっちゃいい。落ち着きますわー(笑)

音がゴリゴリとはいえ、1曲目のLet's Go RiderKick 2011は誰もが耳にしたことがあろう有名曲だけに、いわば周りの顔色を窺っているようなチョイス。2曲目からが本領発揮っすよ。最新曲のBuild up。KRGSらしさの塊のようなこの曲、かっこいいなぁ。
オゥイェ~イ、イェイェェエエ~Movin'onは、晴天の野外(と対バン・イベントであること)を想定した選曲だったと思います。残念ながらわりと激しめな雨模様ですので、この曲の爽快感を完全に引き出すにはいたっていませんでしたが。ってあれ、もしかしてちー(秋田知里)、本調子じゃないかな? 声の伸びがいまいちな気がする。

自分たちのファンばかりではない場であること、あとは雨模様による沈滞しそうな雰囲気やフェス全体の盛り上がりを考慮したんでしょうか、声を出したり振りを一緒にやったりと呼びかけるようなMC・煽りが、いつもよりも多かったような気もします。
最後は定番のE-X-A。この曲の終盤で爆発するエモーションとギリギリ感、それと全部出し尽くした感は、アイドル・ユニットが醸し出す空気では到底なくって、ハードロック・ライブのそれと同じなんだよなー。曲書いてる人がそれ系の人だっていうのもあるし。
持ち時間があと10分ほしいところでしたが、観ることができて良かったです。

<セットリスト>
1.Let's Go RiderKick 2011
2.Build up
3.Movin'on
4.E-X-A (Exciting × Attitude)


さて、夜の陰陽座千秋楽公演へ。


スポンサーサイト

COMMENT 0