CROSS VEIN@目黒鹿鳴館劇場

FATE GEAR ツアーファイナル記念3マン 『 和洋折衷 -異国の宴- 』 目黒鹿鳴館 (2018/7/22)

20180722_和洋折衷異国の宴

CROSS VEINのライブを観てきましたぁぁああん!!
FATE GEAR主催、3rdアルバム・リリース・ツアーのファイナル公演となるスリーマン・イベント(O.A.あり)です。

しかし暑い。
リハが長引いてるのか何なのか分からないですけど、定刻になっても入場できないので余計に暑い。汗が引かんッ!一歩も引かぬッ!
劇場にインすると冷房が効いており、少し肌寒いくらいでしたが(暑がりには快適)。

幕が開くと、既に1番手であるCROSS VEINの機材がセットされています。オープニング・アクトは楽器を使わないアイドル・グループなのでね。因みに「玉響」というそのユニット名で検索掛けると、弦楽四重奏カルテットが見つかってきますが、そちらではなかったようです。
彼女らが何故ここにブッキングされたのか全くもって不明ですけど、強引なまでに観客参加型であることを前面に押し出すお祭り曲と屈託のないパフォーマンスを以って、フロアは徐々に様子見状態から盛り上がってゆきましたね。なかなかに温かいお客さん揃いである。
個人的には、お昼にprediaの(特別な)ステージを観てきた後だと、色々な面で厳しく感じましたけど。


CROSS VEIN
1時間劇場。
管理人の位置からは見えなかったのですが、KeiTaro騎士(Key)が脚を怪我したらしく、着席しての演奏だったみたいです。

いつもはアンコールとか本編ラストにやる代表曲、Maid of Lorraineで始まったんでビビりましたよね。振り返らず前へ突き進みましたよね。分厚い雲が晴れましたよね。勝利の旗、共に掲げましたよね。
その選曲と、「どうか泣かないで」の部分で自分が泣きだすんじゃないかってくらい、JULIA姫が感情の乗った歌唱をブチかましてきたこともあって、バンドの攻めの姿勢にちょっとたじろいでしまうくらいでした。

ただ、正直言うと、最近にしてはミスが多めのステージだったかな。Last Melodyで曲の進行を見失いそうになったり、MASUMIがピックを落としたのか(よく見えず)ソロを苦笑しながら指弾きしたり…。ま、以前ならそういったトラブル時には姫がオロオロしてたところですけど、笑みを交えつつだいぶ余裕のある対処ができるようになっていましたね。
これね、ステージングの自由度が広がったのと無縁じゃないと思うんですよ。かつては、曲の決まった箇所で決まった動きをするようなところがありました。特にJULIA姫には。今ももちろん“見せ場/魅せ場”としてそういうのはあるんですけど、それだけじゃない、各メンバーがもっと多彩な絡み方をするようになってきました。締めるべきところは締め、楽しむところは楽しむ。そういう認識でメンバーがやっているかどうかは分かりませんけど、観ていてそんな風に感じるようになりましたし、その余裕がライブという生の現場でプラスに働いてるのは間違いないんじゃないですかね。
因みに管理人は、ニコニコ笑ってる姫もオロオロ狼狽えている姫もどっちも好きです。←
あと、ステージの大きさにも依るでしょうけど、ギタリスト2人はもっと動き回ってもらってもいいかな。

本日の姫ファッション・チェック的には、じゅりあたん、5月の生誕記念ぱーちーの時に付けていた蝶々の飾りを髪にあしらっていて素敵ィ♡ ドレスが一緒でも装飾品やヘアスタイルで変化をつけてくれる姫 is 推せる。この日はダイナミックにまとめられた髪型と長めに伸びてきた前髪効果か、少しやさぐれた感じw…いや、退廃感が漂っており むをおおおお!むをおおおお!


横綱相撲。
ドスコイ。
バンドの攻めの姿勢は、ほぼノンストップで曲を詰め込むショウ進行にも現れていて、この夏の暑気と相まって、やたら熱い!!印象のステージになりました。その頼もしさに、管理人は喜び踊り歓喜しました。
ややサイド寄りの位置から観ていたので、ShinKi王子(Dr)のスティック捌きをいつもより多めに観ることができたのも良かったです。

<セットリスト>
01.Maid of Lorraine
02.Graceful Gate
03.Masquerade~交響曲第25番~
04.隠されしエデン
05.Immortal Beauty
06.forget-me-not
07.Royal Eternity ~ Eternal Dream
08.Last Melody
09.最果てのオリゾン
10.Brightest Hope


2番手のAKARAが始まる前に離脱しました。
最後のセッションではJULIAたんも参加しての甲賀忍法帖だったようです。


スポンサーサイト

COMMENT 2

チャパ  2018, 07. 28 [Sat] 09:37

フロア前方は空調が全く効いてない灼熱地獄でしたぁぁああん!
転換中に後方へ移動したら寒気を覚える位の温度差でしたね()
ステージから放たれる熱量もこの日は特に高かったように感じます。

7月の他2公演が45分MC一切なしのノンストップ·ショウだったので、
KeiTaroの負傷報告が無ければこの日もぶっ通しで演奏したのかな?
なんてことを考えてしまう1日でした。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2018, 07. 28 [Sat] 19:55

チャパさん、

ああ…エアコンの風が届いていたのはフロア後方だけだったのですね、、、

最近は曲間を詰めて、畳み掛けるショウが多いですよね。メンバーは大変かと思いますが、観ている側としてはやたら昂るのでサイコーです。

Edit | Reply |