predia 「THE SHOW DAY.2」 @ Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

predia "THE SHOW DAY.2" Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE (2018/6/20)

predia_theshow_day2_20180620.jpg

マウントレーニアホールの名前の後ろにくっついてる「PLEASURE PLEASURE」ってのはいったい何なんだ? (コピペ)

というわけで、prediaの3ヶ月連続スペシャル・ライブ「THE SHOW」の第2弾に行ってきました。
DAY.1のレポは→コチラ。

チケット争奪戦の様相を示す本シリーズですが、今回も運良く大人の遊び場インすることができました。ファンクラブ先行で外れて→一般先行で当選するという、前回と同様の流れ。そして座席位置も前回は全く同じなんだけども!
つまり、めっちゃクロース・トゥ・ユゥゥゥウウウウ!!!

がっつりライブがメインの本企画、今回のお題目は、インディーズ曲限定ライブでございます。管理人がカワイイだけじゃ物足りなくなったのはメジャー1stアルバムが出た後ですので、これは少々ハードルが高い企画。今までのパ~ティ~でちょいちょいインディーズ曲は聴いていますけどね。

定刻どおりに入場したメンバーを見て、会場がザワつきます。
鮮やかなピンクのドレス(肩出しィ!)をお召しで、なんだかおおッ!アイドルっぽいぞ!←
This is 可愛い!!
会場の女性ファンからも口々に可愛い可愛いの声が。そう、prediaのパ~ティ~は女性のお客さんが多いのです。

前回THE SHOWで20年ぶりくらいにライブに足を運んで、初prediaにも関わらず高い適応力とノリノリ・アティテュードで以って♪ピーチ、マンゴー&バナナ♪の振り付けを見事にこなした友人が、この日も管理人の隣で観ていました。仮にこの友人を「ピーチ老師」と呼びましょうか。
ピーチ老師、メンバーを見て「これは可愛い…」って独り言呟いてますやん(笑)。声出てますよ、声。しかも自身のその想いを噛みしめるかのように、もう一度「可愛い…」ってww
二度も言った!親父にも言われたことないのに!←

この衣装、MCで言われるまで分からなかったけど、デビュー・シングル「Dia Love」(2011)の時のものをイメージしたものなんですってね。
predia_dialove_l.jpg ←これ

当時の衣装が捨てられてたから、今回のために自分達で再現したという(笑)。内職美女集団predia。
こんな美女たちが胸元のラインストーンを一つ一つボンドで貼り付けてるんだぞ!?
泣けるだろ!?
萌えるだろ!?
推せるだろ!?


どの曲をやるのか判明していたDAY1とは異なり、インディーズ曲限定とはいえ今回セトリは不明なわけですよ。それでも割とセトリに入りやすい(と思われる)インディーズ曲ってのはあってですね、「これやるんじゃね?」って楽曲を中心に、ピーチ老師には伝えてあったんですよ。YouTubeのライブ映像観なさい、と。Dream Of Loveとか、you slipped awayとか、Going to Rideとか、DIAMOND HIGH HEELSとか、Crazy Catとか…。ま、自分の好きな曲を押しつけてただけなんだけど(笑)

それがまぁ当たらなかったよねww
次の曲名がコールされる度に、ピーチ老師にスマン!スマン!って心の中で詫びてた(笑)。
ここまでカッコイイ系の曲を封印して、可愛い系の曲中心のセトリに寄せてくるとは思いもしませんでした。おまけに可愛い系の曲でもいわゆる定番曲は外しており、正にレア曲だらけのライブになりました。曲調は全然攻めてないのに、ある意味「攻め」の選曲。3分の1くらいは初聴だった気がします。そりゃあ林(弓束)先生も 「インディーズって幸せそうな曲多いよね」 って仰いますわな。
この一夜のためにそれら楽曲をおさらいしたわけで(当時はまだ加入してなかったメンバーもいるし)、こういうのをサラリとヤっちゃうのはprediaのすげーところだと思うんですよね。

可愛いチューンばかりだし、グループの個性が固まっていないからか、それら楽曲ってふつーのアイドル・ポップスから抜け出してはいないと感じているので、管理人の好みからは外れます。でも、選曲もレアなら、やや恥ずかしげに歌うメンバーもレア、ポニテじゃないちゃんころぴー(まえだゆう)もレアだし、ピンクドレスはやたら可愛いし、照明はいつもより明るめということで、何もかもが新鮮なもんですから、これを楽しめないわけがない。メイン・ヴォーカル2人を中心に、歌唱力・表現力は当時とは比べ物にならないでしょうし、あかねん(湊あかね)も曲調に合わせてか柔和な発声にチェンジしてる。
当時を再現した挨拶にはニヤニヤがとまりませんでしたね。メジャー・デビュー後に加入したちゃんころぴーは「なにそれ!?今のなにそれ!?初めて見た!」って言ってましたが、観ている側もおんなじ気持ちです(笑)。パフォーマンスに対する客席のノリも、全編通してどう反応していいのか分からない手探り感が漂っていましたね。で、ド定番のDream Of Loveでの盛り上がりっぷりだけ浮いてるという。


今回もPLEASURE PLEASUREしました。
MCで当時の話をふつーに喋ってるだけで面白いし。
あとですね、デコルテっつーんですかぁ? 胸元より上が露出しているドレスだったんでね、なんつーかメンバーの不健康じゃないのに痩せてる様子というか、アスリート然とした鍛え方がよく分かるのよね。後ろ向いたときとか。特に、最後の挨拶でお辞儀したの時の、まいまい(水野まい)のピーンと背筋の伸びた姿勢がめっちゃ綺麗でしたね。

背 筋 美

<セットリスト>
01.Dia Love
02.DIAMOND HIGH HEELS
03.HEY BOY
04.Sparkring
05.Cherry Love (湊、村上、林、沢口、岡村)
06.ハニーB
07.Eyes2Love (桜子、まえだ、水野、青山、松本)
08.願い (湊、村上)
09.きみみたいに
10.image
11.Dream Of Love
12.Re:start game


DAY1 & 2と、グループの歴史や楽曲にスポットを当てた企画だっただけに、7月26日のDAY3はメジャー1stフル&ミニからの選曲だなとか考えていたんですけど、その日は「浴衣DAY」なんですって。で、メジャー・リリースのシングル曲とアルバムの表題曲によるライブは、大阪でやるTHE SHOWがそれなんですって。
むむむ、そっちが観たい。浴衣も見たいけど。ま、7/26は浴衣ってだけでセトリについては何の言及もないんだけども。
次もチケ当たるといいなぁ。


スポンサーサイト

COMMENT 0