Ralph Santolla、死去。

DEICIDEOBITUARY等の活動で知られるギタリスト、Ralph Santollaが亡くなりました。

amassのニュース → コチラ。

なんてことだ。
心臓発作を起こして昏睡状態にあるというニュースを知ったときには、なんとか戻ってきてくれと祈るような気持ちでしたが、そのまま回復の兆しがなかったんでしょうか、家族が生命維持装置を外す決断をしたとのことです。
残念です。

上記デスメタル・バンドでは、Ralphの峻烈なギター・プレイ(特にGtソロ)がフックとなり、あたかもメロデスのような美と醜の対比の構図を描き出しており、私のような「メロディ派」でも強烈に引き付ける魅力がありました。『LOUD PARK 08』でのOBITUARYのステージを観ることができたのが幸いでした。ほんとに、ほんとに凄かったんだよ。ソロになるとハッとさせられるほどのインパクトで。ギター・ヒーロー然としててさ。

また、デスメタルだけじゃなくて、正統派HM寄りのバンドの音源で客演したり、自身のバンドMILLENIUMではメロディックHRをやったりと、音楽的な素養も幅広い人でした。
Ralphが参加した作品として、ウチのブログとしては次の3作品を猛プッシュしておきたい所存です。
 MILLENIUM 「HOURGLASS」 (2000)
 DEICIDE 「THE STENCH OF REDEMPTION」 (2006)
 ゲスト参加ではあるものの、ICED EARTH 「THE GLORIOUS BURDEN」 (2004)

今となっては、幻と消えたICED EARTHの来日公演が恨めし過ぎる、、、


ご冥福をお祈りいたします。


スポンサーサイト

COMMENT 0