LOVEBITES「BATTLE AGAINST DAMNATION」


LOVEBITES「BATTLE AGAINST DAMNATION」 (2018)

人はなぜ天の運命(さだめ)に抗うのか
比類なきセンスと圧倒的演奏力を武器に戦う5人のメタル・クルセイダー
彼女たちのヘヴィ・メタルを護るため、このミニ・アルバムを携え聖地へ…


ゼロコーポばりの大仰なタタキ文句が踊る、1stフル「AWAKENING FROM ABYSS」(2017)に続いて狼さんジャケな、LOVEBITESのミニアルバム。前作が空前絶後のダサジャケだったせいか、これも十二分にセンスを疑う逸品に仕上がっていますけど、それでもだいぶマシに思えます。その感覚 is 怖ろしい。

録音周りを引き続きFinnvox StudioのMikko KarmilaとMika Jussilaが手掛けるという、盤石な体制です。収録曲は4曲ということで、ミニアルバムというよりはシングルといったほうがよい曲数ですけど、少ない曲でも間を空けずにリリースすることで、バンドの勢いを殺ぎたくはないという意向だったんでしょう。

文字通り勢いのある①The Crusadeで幕を開けます。これは硬派。asami(Vo)が何を歌ってるのか、ヴァースなんて特に歌詞が聞き取れないですけど、甘さ控えめに突き抜けるVoと駆け巡るツインギターがかっけえ。
さらにもっと硬派なのが②Break The Wallで、掛け声系コーラスを挟みつつスラッシーに押しまくる中、ドキッとするほどメロウな泣きギターをフィーチャーした間奏が挿入され、その落差が聴きどころでしょうか。

ラフマニノフのテーマを織り込んで作られた2曲が③Above The Black Sea④Under The Red Skyで、ヘヴィで壮大な前者、シリアスでありながら爽快感のある後者と、どちらもガッツポーズものの出来なのが嬉しいっす。を書いたのは、デビュー以来バンドを側面から支えている、Fuki CommuneLIGHT BRINGERのMao(Key)ね。今回も大活躍、バイツの魅力を結集させたかの如き、強力な1曲に仕上がっています。は高速Gtソロからのasamiの絶唱がスリリングでやばいやばし。やはりこの人、素晴らしい歌い手だわ。


傑作だった前作で息切れなんぞ全くしていないことを証明する一枚。
単なる曲の集合体ではなく、前半後半で印象を異にする拘りが透けて見えるのが良いですね。一本調子に陥らないアレンジの幅があるのもグーです。とてもグーです。

【お気に入り】
④Under The Red Sky
③Above The Black Sea
①The Crusade MVは→コチラ。ライブシーン、こりゃあduo MUSIC EXCHANGEね。


スポンサーサイト



COMMENT 0