和楽器バンド「オトノエ」

和楽器バンド_オトノエ
和楽器バンド「オトノエ」 (2018)

尺八, 箏, 三味線, 和太鼓を含む8人編成、和楽器バンドの4thアルバム。デビュー以来、馬車馬のように働いてますな。もはや、さいたまスーパーアリーナをソールドアウトするほどの売れっぷりですよ。
私が購入したのは通常盤=CD ONLY盤。もう色んな仕様があってほんと分かんないのよ。映像が欲しいわけでもない(なくなった)ので、一番シンプルなのをチョイスっす。


がっかりしました。
聴いていてワクワクしない。

大人しい作風に感じた前作「四季彩 -shikisai-」(2017)よりさらに大人しく、もしくはポップになっているように感じます。ますます洗練されてきた。丁々発止とした和楽器同士の“ぶつかり合い”や、突飛でテクニカルな歌い回しを多用せずとも、“らしさ”を演出できるのはバンドの懐が深くなったのか、はたまた余裕の現れでしょうか。このバンドだからこそ、詩吟の師範である鈴華ゆう子のヴォーカルだからこそ、原風景をイメージさせるような童謡調の⑥独歩や、圧倒的なスケールの大きさを感じさせるバラード⑪砂漠の子守唄のような曲に説得力が宿ります。
間違いなく美しい作品。でも聴いていて熱くならないから、魅かれないのよね。この「熱くなる/ならない」ってのは何も(激しい曲調等に)盛り上がるってことだけじゃなくて、心に響くものが存在してそれに感情を動かされるかどうかってことでね。その点、本作は聴いていても右から左へとスル~と流れていってしまうんです。

天樂華火を聴いたときのわぁーお!! o(*≧ω≦*)o っていう感激やドキドキ感が無いなー。ギリギリの歌唱でも気品を失わないゆう子さぁんの歌唱だからこそ、どうしても攻めた歌メロ・ラインを求めてしまいます。

本作の、ヴァラエティ豊かなのに何故か自分の好みにピタリとハマってくる曲がないところや、逆に画一的に感じてしまうムードは何なんだろな。自分の感性の鈍麻か? たぶんこのバンドから自分の気持ちが離れかけているんでしょうね。
ただ、昨年リリースされたシングル雨のち感情論の手応えは大きかったし、こういう、「もうサヨナラしたいんだけど、もしかしたら(自分にとっての)名曲を作ってくるんじゃないかしら?」と思わせるくらいのところが実にタチが悪いんだよなー(笑)

【お気に入り】
①細雪
⑧パラダイムシフト
⑪砂漠の子守唄の歌唱


スポンサーサイト



COMMENT 0