predia@マイナビBLITZ赤坂

predia tour 2018 "Fabulous" FINAL マイナビBLITZ赤坂 (2018/4/30)



可愛いだけじゃ物足りないし、ツアー初日の柏PALOOZAだけでも物足りないし、リリース・イベントのアリオ葛西だけでも物足りないから行ってきました、prediaねーさんの『 tour 2018 "Fabulous" 』のファイナル、赤坂BLITZ改めマイナビBLITZ赤坂。「物足りないから」というより、あらかじめ発売日にチケットは押さえてありましたけど。

2017年ツアーのファイナル・赤坂BLITZ(レポは→コチラ)、7周年ツアーのファイナル・日本青年館(レポは→コチラ)に続いて、今回の最終公演もソールドアウト。それもチケット瞬殺じゃなくて、数日前に売り切れるくらいのペースですから、適正なキャパの会場を選んでくれているということ。こういう点にも運営チームのしっかりしたところが現れていると思います。

BLITZスタッフさんの異常なほどスムーズで快適な客入れに従って「大人の遊び場」にインすると、ソールドとはいえギュウギュウで居心地が悪いということもなく、適度な混み具合でした。開演待ちのBGMはクラシック音楽。
日本青年館の時のような豪華な舞台装置は無く、ステージには照明が追加されているのみでした。仕掛けには惑わされずに、10人のパフォーマンスを見やがれ!と言われてるような感じ。

定刻通りにライトダウンされると、大仰極まりないSEに導かれて1曲目のFabulousが始まる。メンバーは目くらましのライティングの中、いつの間にか入場していましたね。
毎回、prediaのライブが始まって確認するのは何かっていったら、まずは衣装。当然のようにアルバム&ツアーのイメージ・アー写の、蛇柄シルバーグレイのやつです。これ好きー。次に確認するのは、るみな(村上瑠美奈)のヘアスタイル。いやマジで(笑)。パーティーの成否を決定づける要素のうち、彼女の髪型が5%くらいを占めてるよ。メインVoだから視線が向かう瞬間は多いし、彼女ってば度々ヘンテコなちょっと変わった髪型(特に前髪に顕著)をしてきますからね。この日は素直に前髪を下したストレートでした。ホッ…(安堵のため息

1曲目にして、メインVo2人=るみな&あかねん(湊あかね)の好調っぷりがはっきりと感じとれました。なんちゅー迫力か。
そして照明効果は過去最高の豪華さなのでは?! ここぞという時に放たれるグリーンのLEDレーザーがちょーアガる!

ライブ毎にセットを変えてきてくれるprediaですし、この日は特別なファイナル公演ですから、管理人が見た柏公演とはまたガラリと変わっているセトリ/曲の配置です。アリーナ・ロック調のThe Callはパーティーのクライマックスにやることが多いんですけど、ここでは早くも3曲目に登場してましたし。個人的にはそんなに好きな曲じゃない(けど絶対やるであろう鉄板曲だ)から、序盤で“使い切って”くれるのは歓迎なんですけどね。そんなオイラの好き嫌いは置いといたとしても、ここで一気に会場がガッチリと一つになった感じがしました。素晴らしい一夜になることを感じとった瞬間といいましょうか。


アイドルのライブの場合、衣装をどのタイミングでどうやってチェンジするのかってのは、ライブの構成に関わる重要事項だと思うんです。この日は本編で2回のチェンジ、アンコールでの私服っぽいのまで含めると、計4種類の衣装を披露するというお色直し大盤振るまいまい。
本編は、蛇柄シルバーグレイ → Hotel Sunsetのホテルウーマン的ジャケット&タイトスカ → Ms.Frontierのギリシャ神話女神的ひらひらワインレッド、という順番。最初のチェンジが、アルパカさん+うさぎさん+豚さんによる振り付け講座という、微笑ましいものだったのに対して、2回目のチェンジは鳥肌モノの演出でした。
メンバー5人ずつに分かれて歌うSecret of LightSHADOW PLAYという、裏表関係にある2曲がそれです。前者の歌詞の主人公は「今カノ」で、後者は「元カノ」。Secret of Lightのラストで曲がブツリと途絶されて時が停止します。固まったまま静止する今カノ5人それぞれの横に、(衣装チェンジした)元カノ5人が静かに入場、入れ替わるようにSHADOW PLAYがスタートする。なんという心憎い、そしてカッチョイイ演出なんだろうか。
さらにこの元カノ曲、大人の遊び場がこんなに激しくていいのかってくらい、興奮必至のキラーチューンなんですよ。
うぉぉおおお!
シャドウ・プレイはメタル!
プレディアはメタル!

ツアー初日の柏で観たときはまだ振り付けが無く、5人が並んで(サビで)ヘドバンしながら歌うという、ある意味レアな光景が繰り広げられた曲ですけど、ここではきちんとフォーメーション&ダンスがキマっており、これが実にクール。かっこよすぎる。ハイライトの一つでしたね。


アルバム「ファビュラス」(感想は→コチラ)は相当の自信作なんでしょう、13曲全てがセットリストに入りました。そんな中、音源を聴いたときの印象から化けたのが、水曜日の嘘。それとAddicted To Your Secret
前者は、セリフ担当の不倫ウーマン(青山玲子/岡村明奈/沢口けいこ)をフィーチャーしたドラマ仕立てで、3名を中心に据えたフォーメーションが魅せること魅せること。後者は、メインVo2人に桜子を加えたトリプルVoによるバラード。同タイプの曲は今までにも存在してましたし、ライブでも披露されてました。が、今までと違うのは、、この曲では7人がステージ袖に引っ込まず、マイク無しで振り付けを担当すること。バレエの舞踊のような優雅なダンスが、これまでバラード曲にあった“静”のイメージを覆し、かといって“動”と言えるほど激しくはない舞が曲調にマッチ、哀感を煽りまくるんだなーこれが。感情込めまくりな3名の歌唱も素晴らしかった。聴覚のみならず、視覚の面からアピールした、新鮮な演出でした。


音源でもライブでも、あかねんとるみなの2人がものすげー歌唱力と表現力を有するのは、まぁすぐに分かりますわな。この日もキレッキレだった。るみなの器用さと心地良い声にうっとりし、あかねんの突き抜けるVoに昂る。ステージを観ながら、この2人が同じグループに居ることの奇蹟に思い至った時、思わずそのありがたさに涙出たよね。
で、だ。ライブだとここでさらに、桜子という「第三の女」の存在が効いてくるのよ。あかねん&るみなが超人なだけで、桜子も相当巧いです。おまけに、キャラや曲調に沿った忠実な歌唱が持ち味のちゃんころぴー(まえだゆう)が「第四の女」として…、って言い始めたらキリがなくなりますけど、まぁそういうことっす(何が?)。ちゃんは美人揃いのprediaにあっても、フォトジェニックっぷりが抜きん出ているしな。これも一種の奇蹟。
尊いわー。尊い…。。(しみじみ

個性豊かなメンバーが10人もいる、しかも曲ごと場面ごとに様々な表情を見せてくれるもんだから、ステージのあちらこちらへと目移りしまくるんですよね。管理人は柏と赤坂の2回ですけど、同じツアー中に何回も大人の遊び場にインしたくなる気持ちがよく分かります。複数回行っても飽きないし、逆に1回じゃ把握できないことだらけだし。
おまけにメンバ-同士のやりとりがめちゃくちゃ楽しいのよね。あくまで曲が中心、MCタイムを長めにとることは稀なんですけど、必ずその時間が楽しいものになってるもん。和ませるだけじゃなくて笑いをとれるアイドルってのはつよい。今回の、空港荷物検査でのちゃんころぴーの手裏剣騒動のくだりは秀逸でしたね。そこからの桜子のメンバー物真似な(笑) 上手いww


CDを聴くだけじゃなくて、MVを見るだけじゃなくて、それだけじゃ物足りなくって大人の遊び場にインしちゃうっていうのは、色々とそうさせる要素がprediaにあるからでして、それは歌の巧さだったりダンスのキレだったり美貌だったり、前述の「笑い」だったりするんですけど、今の彼女らの何が一番すげーのかって考えついたのは、
何やっても 「様になる」こと だなって。
今カノ/元カノの演出もそうだし、ドラマ仕立ての曲もそう。フックとなるキメ台詞もそうだし、イイ女/悪い女から、Close to youのような可愛さ全開の曲までの振り幅の広さもそう。何を見せてくれても付け焼刃的な拙さを感じなくて、そのどれもが様になってる。役者だ。本人たちの努力の賜物でもあるでしょう。
様になるから、曲の世界観に圧倒的な説得力が生まれる。
ここがつよい。

また、昨年から今年にかけてのprediaから強く感じるのは、「やりたいことをやれている集団の強さ」ですかね。初めてライブを観たのが2016年のミニアルバム「白夜のヴィオラにいだかれて」リリースに伴うツアーだったんですけど(レポは→コチラ)、その時の印象と比べると、放つオーラ(もしくはフェロモンw)の質が全く違うことに気づきます。
それはアルバムの感想でも書きましたけどね、「力強さ」や「確信」と表現できるものですわ。

そして上記prediaの強みが爆発したのが、エジプト・ミュージカル(笑)こと、クレオパトラの名演。
本編もそろそろ終盤、Paradiseの明るく弾けた空気を黒く塗りつぶすかのように響きわたる儀式染みた太鼓と呪文の詠唱。スモーク。遂に待ち望んだ曲が キタ━━(━(━(-( ( (゚∀゚) ) )-)━)━)━━!!!! ことを知り、全身にゾワワワーと鳥肌と悪寒が。肌寒さを感じるんだけど、同時に期待を覚えて身体の内側からカーッと熱くなる。こんな感覚はいつ以来か。
役柄に合わせて前髪パッツン&黒髪ストレートにしたまいまい(水野まい)=クレオパトラ様の「跪キナサイ!」が気高くキマり、演劇の幕が開く。

「 predia姉さん × 阿久津健太郎機長 × 竹中夏海先生 」の方程式が生み出した、この完璧な一幕をどう表現したらいいのか。
聴きたかった曲を生で聴くことができて感激することもあれば、ステージ上のミュージシャンのプレイに驚かされることもあるし、エンタメ・ショウならではの仕掛けにぶっ飛ぶこともある。でもこのクレオパトラの凄さってのは、一つ一つの要素の拘り方もそうなんだけど、作曲者/振付師/演者それぞれが、互いの意図を汲むことによって生み出されたものなんですよね。またそこには照明効果の絶大な威力も加わっていて、どれか一つでも欠けたらこの完璧さを構築することは出来なかったんじゃないか、と。掛け算だよ、掛け算。
つーかね、オフィシャルがアップしたこのライブ映像を見てくだせえよ(→コチラ)。そうすりゃ万事解決。

物語の語り部たるメインVo2人はステージ左右に分かれて仁王立ち。左右対称、マイクを持つ手も逆。
左右対称なのはあかねん&るみなだけじゃなくて、全体的にそう。正にピラミッドを模しているかのようだ。その左右対称感を失わないように、フォーメーションに合わせて頻繁にマイクを持ち替える大臣&平民たるメンバー。
その中央にはパトラ様。
パピルスに描かれたヒエログリフ(象形文字)の如きカクカクした動きの振り付け。クールにキメた表情。間奏は魔導士とパトラ様の対決シーンか、7人を一網打尽にするパトラ様に震える。クライマックスは、「甘い毒で殺めて」の首絞めシーンから、パトラ様が進み出て「絶世の美しさだと崇めよ」「よ」のところで白光のスポットライトに串刺しにされる瞬間でしょうね。そこに被ってくるあかねんの絶唱。なんなんだこのかっこよさは。パトラ様と水野まい。これほんとに同一人物なのか? ほわ~~んって挨拶してたあのまいまいがだぞ!w
崇めた。
妄想世界を突き詰めた竹中先生。そして、先生が付けた、ともすれば滑稽に映りそうな振り付けをそうは感じさせずに、至高のドラマへと昇華させた、メンバーの熱演に拍手を送りたいですね。LEDレーザー乱舞も最高。

パトラ様に跪いた衝撃から立ち直る間もなく、繰り出された禁断のマスカレードSUPER WOMENのアッパーチューン2連発は、とどめを刺しにきている感じでしたね。
「過去・現在・未来 すべて越えて」「まだまだまだ ダイヤの輝きを手にしたい」と歌うSUPER WOMENで本編を締めて、日常に寄り添いそっと背中を押してくれるようなWake Upでパーティーを終える。このセットリスト、なんて心に響くものなんだろうか。「理想の未来 一緒にいたい あなたとずっと」だぜ?
最後の最後、ライブ中、唯一のフィジカルな特殊効果と言えそうな、ハート型のカードが紙飛行機のようにヒラヒラと舞い降りてきたのは、めちゃくちゃ素敵な演出だった。すっげー綺麗な光景でしたよ。


間違いなくいままで観たprediaの中で最高のprediaでした。
また、一つの大きなイベントが終了するや、必ず次の動きを告知してくれるのがありがたいです。8月にはシングル発売と、由比ガ浜のOTODAMA SEA STUDIOでの単独公演ですって。あとは『ガチプレ』のような、テーマに則ったとおぼしき3ヶ月連続公演。
まだまだSUPER WOMENの勢いは衰えんな。

<セットリスト>
01.Fabulous
02.刹那の夜の中で
03.The Call
04.Close to you
05.美しき孤独たち
06.Melty Snow
07.水曜日の嘘

***** 衣装チェンジ *****
08.Hotel Sunset
09.夜想曲~赤い残り香の誘い~
10.ヌーベルキュイジーヌ
11.DIAMOND HIGH HEELS
12.Secret of Light (今カノ軍=村上、沢口、まえだ、松本、岡村)

***** 衣装チェンジ *****
13.SHADOW PLAY (元カノ軍=湊、青山、林、水野、桜子)
14.Ms.Frontier
15.Addicted To Your Secret
16.Paradise
17.クレオパトラ
18.禁断のマスカレード
19.SUPER WOMEN

ENCORE
20.Dream Of Love
21.Wake Up

predia_20180430_setlist.jpg


写真の黄緑色の物体はラバーバンドなんですけどね、コレ、ファン有志の人が配っていたんですよ。ちょっと前にちゃんころぴーの誕生日ということで、一つ一つメッセージ入りで。それをソールドアウト分用意して(1200本くらい?)。すんごいね。
しかも配っているのが、まるで文化祭の実行委員のような爽やかな人たちで二度びっくりですよ (゚Д゚;)
prediaのライブって、フロアでの盛り上がり方や鑑賞のマナーも心地良いもので、これだけキャパが広がれば湧いてきそうなヘンテコな客が見当たらないのもびっくりなんですよね。「ファンはアーティストを映す鏡」なんて言いますけどね、ファンに恵まれているグループだとつくづく感じますね。
最高だわ。


スポンサーサイト

COMMENT 0