ORPHANED LAND「UNSUNG PROPHETS & DEAD MESSIAHS」


ORPHANED LAND「UNSUNG PROPHETS & DEAD MESSIAHS」 (2018)

イスラエル産プログレッシヴ・メタル・バンド、ORPHANED LANDの6thアルバム。
前作「ALL IS ONE」(2013)リリース後、来日公演を前に中心人物であったYossi Sassi(Gt)が脱退。後任のIdan Amsalem(Gt)の加入後としては、初めてのオリジナル・アルバムです。

前作同様、数えられないほどのゲスト・ミュージシャンがクワイヤやナレーションやよく分からん楽器で参加しています。それらゲスト陣の参加に食われないで、しっかりとバンド自身の色が出ているのが彼らの良いところ。ゲストはあくまで彩りなんです。
とはいえその彩りがめっちゃ効果的に働いていることも事実なので、バンドのアレンジ・センスの非凡さに毎回驚かされるんですよね。

ブレない個性 is 強し。
本作でも、彼らにしか成し得ないオリエンタル・メタルが展開されています。今までに傑作しか出してないような気もしますけど、本作もまた傑作。このバンドの場合、リリース・ペースがそれほど早くもないので、作品毎の作風が似ているとしてもマンネリ化はしませんしね。

前作同様、1曲1曲がコンパクトに仕上がっているように感じます。9分、8分、6分台の曲がそれぞれ1曲ずつあり、ふつーの感覚だと「コンパクト」とはとても言えないんでしょうけど、全体の流れがスムーズなため聴いてるとあっという間。オケ/女性Vo/アコギ/ナレーション…etc…と、手を変え品を変えフックを提供してくる異様な曲作りの巧さが今作でもスゲー。各要素のバランスの良さが光る作品になってます。なんちゅー高レベルの洗練、そして独自性か。
Steve Hackett(Gt)が客演する壮大な叙事詩のような大作⑥Chains Fall To Gravityから、Hansi Kursch(Vo/BLIND GUARDIAN)の雄々しいVoが突き抜ける⑦Like Orpheusへの流れが白眉ですね。

Yossi不在の物足りなさを感じさせない、ギター・チームの踏ん張りも嬉しいところ。オーファンドランド全部入りなオープニング、①The Caveからしてリフ&ソロともに主張してます。④All Knowing Eyeでの歌うような泣きギターもたまらん。IdanかChen Balbus(Gt)か、どっちがリード担当か分からないですけど(2人ともか)、頑張ってます。

ポジティヴな色合いが濃かった前作と比べると、アグレッションが少し戻ってきてますかね。Kobi Farhi(Vo)がグロゥルを用いる場面も少し増えたかな。激しめの曲の中では、今後バンドの代表曲になってゆきそうな②We Do Not ResistAT THE GATES他のTomas Lindberg(Vo)が客演する⑫Only The Dead Have Seen The End Of The Warの2曲の存在感は強いです。後者のラストはなかなか衝撃的ですね。オケがガンガン盛り上げた後に続く、抜刀と人が倒れ込む音。静寂。そして、終曲⑬The Manifest - Epilogueにゆったりと流れてゆくエンディングが見事です。
また、メッセージはいつも以上に力強く怒りに満ちたものなんでしょうか、歌詞が伏字になっている(している)箇所もあります(音源ではピー音が被せられている)。

そしてバンドの顔たる、KobiのVoの神々しさよ。
清濁両方でずば抜けた表現力を示し、つまんない曲でも彼が歌えば名曲と化す。そんな風に言い切ってしまいたい素敵ヴォイスをお持ちの人が、つまんなくないどころか、フック特盛のラインを歌ってるんだからこれ最強でしょ。


似ているバンドがねぇ。
強いて言えば、コラボしたこともある同じイスラエルのAMASEFFERなんでしょうけど、あちらはVoが固定していないので、プロジェクトっぽいところがありますし。
唯一無二のバンドが彼らにしかできないことをぶつけてきた傑作。でも、繰り返しになりますけど、本作だけがそのキャリアの中で図抜けているわけじゃない。彼らはずっと継続している。訴え続けてる。ORPHANED LANDのその存在自体が奇蹟に感じるよ。
本作「も」また、素晴らしい作品です。

【お気に入り】
⑦Like Orpheus MVは → コチラ。
⑥Chains Fall To Gravity
①The Cave
②We Do Not Resist
④All Knowing Eye
⑪Take My Hand
⑫Only The Dead Have Seen The End Of The War


スポンサーサイト

COMMENT 0