JUDAS PRIEST「FIREPOWER」


JUDAS PRIEST「FIREPOWER」 (2018)

Rob Halford(Vo)が復帰して4枚目、Richie Faulkner(Gt)が加入して2枚目となる、鋼鉄神のスタジオ・アルバム。
プロデューサーにTom AllomとAndy Sneapってのが、話題性と機能性を兼ね備えているようでなかなか凄いですね。

しかしこのジャケにこのタイトルである。

FIREPOWERですよ?
ふぁいやーぱわーですよ?
火の力ですよ?
ポッと出の新人スラッシュ・バンドのデビュー作ならいざ知らず、大英帝国が誇る大御所HR/HMバンドの2018年作のタイトルがFIREPOWERですよ? 21世紀だぜ今は。

さすがである。


Rob復帰後の作品の中では、本作の評判はかなり良いようです。また、11月に行われる来日公演のチケットの売れ行きも好調なもよう。
でもオイラにとっては、ここ4作で一番響いてこない作品になっちまいました。プリーストの全作品を対象にしても、もしかしたらビリケツかも…、、、。あ、ごめん、1stと「POINT OF ENTRY」は持ってないや。

低評価の理由は、別にRobのハイトーンが炸裂してないからじゃないです。むしろ今のRobは、(本作のように)中音域を中心に攻めていったほうが良いところが出るでしょう。実際、このアルバムでのRobのパフォーマンスは素晴らしいと思います。威厳と気迫に満ちている。同時に、過剰に力を誇示していることもない、リラックスした余裕が感じられる。

じゃあ何が気に入らないのかって、曲がつまらんのですわ。エネルギッシュではあるけれど、ストレートでシンプル。歌メロがやたらそっけない。特にサビメロの肩透かし感は半端ないです。それまでの昂揚感がサビにきて失われるってどういうことよ? まぁプリーストは凝った歌メロで聞かせるバンドじゃないんだけどさ。
間奏もあっさりしているのが多いですね。派手なツインリードやキターッ!!ってなる美旋律がない。14曲と曲数が多いのもダレる原因かな。

ドラマティックな展開がほしいですね。あと暗い叙情。
⑦Guardiansをイントロとする⑧Rising From Ruinsが唯一といっていいそのタイプの楽曲(出色の出来!)で、これが無かったらほんと厳しいです。
あ、あとはバラードの⑭Sea Of Redもありました。Gtソロがとても泣いてて◎。


プリーストは1枚1枚作風が違うバンドなだけに、何を求めているかで評価が分かれるんですよね。
私の求めているものはここにはほとんど無かったです。

10月プリースト。

【お気に入り】
⑧Rising From Ruins
⑭Sea Of Red
⑫No Surrender
①Firepowerの間奏


スポンサーサイト

COMMENT 4

グラハムボネ太郎  2018, 10. 15 [Mon] 05:15

同じです!!

歌メロのつまらなさに私も一票(笑)
私もこのアルバムはダメでしたね。
世間での高評価は何をもってなのかがわかりません。もはや、出したことへの賛辞なのかなと。
歳をとろうが、若かろうが、『スゲー!』アルバムを聴きたいんです、特にジューダス プリーストは!

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2018, 10. 16 [Tue] 20:43

グラハムボネ太郎さん、

「司祭」なだけに(?)宗教的な崇拝の対象にもなりがちなバンドですから、「継続していること」だけでも一定の高評価は得られそうな気もしてます。実際年齢を考えると(リッチー効果もあってか)若々しいですし。
でも個人的な嗜好からするとどうもなぁ、、、とw

Edit | Reply | 

DD  2018, 10. 18 [Thu] 16:44

 というか、メンバーチョイスを過ってるような気がするのですが。

 Richieって、もともとDeedsのG。で、以前前座をやらせた、MaidenのSteveが曲化、演奏かは忘れましたけど高く評価してたようなのを覚えてます。

 となると、Maidenタイプのbandにいたほうがよかったはずで、となるときちんと弾けるのが今のところAndyしかいない、という点も気になります。(欧米の評価は当てになりません、何せ、一部を除いて曲を聴いて酔って騒ぐというのが主流なので)(それが引っかかって、今のPriestのalbumを聞いてないんです、きちんとした人を迎えるまでは)

 これで来日して、酷評されないといいのですが。このbandの曲って、きちんとリズムもリードも弾けないと曲が変わってしまうので。

 こんな感じです。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2018, 10. 28 [Sun] 23:13

DDさん、

生Richieを観ていないので個人的には何とも言えませんが、彼については悪い評価はほとんど耳にしませんね。バンドを生まれ変わらせてくれたというプラス評価はよく聞きますけど。
いずれにせよ、彼のGtの腕前や資質でアルバムの出来が左右されてるというよりは、単に私がこのアルバムのソング・ライティングに満足してないってだけの内容の記事です。

Edit | Reply |