RIDER CHIPS、KAMEN RIDER GIRLS@渋谷WWW

激突! RIDER CHIPS VS 仮面ライダーGIRLS ~兄妹バトル~ 渋谷WWW (2018/3/11)



KAMEN RIDER GIRLS(仮面ライダーGIRLS)のライブを観に行ってきました。
またかよと言われてもしょうがないですが、またです。毎週観てます(笑)

今回は仮面ライダー・シリーズの公式ユニットの「お兄さん」(オジサンじゃなくて)こと、RIDER CHIPSとのツーマン・ライブです。管理人はお兄さんの楽曲はKRGSと共演したB.A.T.T.L.E. G.A.M.Eくらいしか知りませんけど、野村義男(Gt)・寺沢功一(Ba)・宮脇“JOE”知史(Dr)という豪華な楽器隊メンバーは、HR/HMリスナー的にはピンとキまくる布陣。KRGSはもちろん、こちらも楽しみにしていました。スペシャルなコラボ・ステージもあるんでしょうし。

渋谷WWWは坂の上の入り口から地下階へとズンズン潜ってゆくような構造のハコで、なんだかこりゃあショッカーの秘密基地へと潜入するシチュエーションっぽくてサイコーですね(適当)。行ったことある人ならご存じでしょうけど、ホール部分はそこそこ急勾配な3段になっている、ちょっと変わった作りです。元映画館ですからね。
キャパ500人がソールドアウト。チップスのファン、それとチップスとKRGSの両方が好きな特撮ファンが多かったんですかね。女性比率は結構高いです。オイラは一番下の「階」の上手側・端っこの方からバトル観戦ざます。ステージをちょっと見上げるようなアングルね。


KAMEN RIDER GIRLS
『仮面ライダー』シリーズにちなんだ選曲でした。もっとも管理人はそっち方面の知識が乏しいので、単にKRGSの曲の中でもタイアップした曲を集めてきたなーという印象に留まりますけども。

前半は少し緊張していたかなー? 歌唱も動きも表情も、いつもより少し固かったような気がします。
もしかしたら緊張してるのは観ているこちらだったかもしれないけど。なんつーか、百戦錬磨のチップスとそのファンの前で、良いステージをみせてくれよな、という気持ちの裏返しみたいな。ってオイラが心配するようなことじゃないんだけどさ。

順当と言える(つまりあんまり意外性のない)セトリの中、スペシャル感があったのはやはり「コラボ・ステージ」で、チップスのRicky(Vo)を迎えてのPerfect GameはGIRLSとしても初めて披露する曲だったもよう。つーかこの曲、何に収録されていたっけ?って調べたら、シングル「Just the Beginning」でした。曲の存在自体を忘れかけてるわ。
もう1曲のコラボはもちろん、Ricky作詞作曲のB.A.T.T.L.E G.A.M.Eね。GIRLSによるグーチョキパー振り付けレッスン付きで。

しかしこの日は、過去最高(最低?)にMCがグダグだったな(苦笑)。
リーダー井坂仁美、かつてないほどのうわつきっぷりである。これも緊張のせいか? 間違いだらけで伝えたい情報が何なのか分かんなくなるほどだし、ラジオ収録の時のようなフリーダムさはファンじゃないとついていけんでしょうというテンション。あまりの無軌道さに、チップスファンのお姉さまの堪忍袋の緒が切れるんじゃないかと心配で心配で…ww
因みに、ひーちゃんミステイクに横から適宜ツッコミ訂正するのは、声優方面の活動もしている秋田知里と鷲見友美ジェナ。あの場面で精一杯のええ仕事してましたわ(笑)

メンバーそれぞれの個性や魅力がステージから伝わってくるのはいつもなんですけど、こと歌唱面でいうと、秋田の存在の頼もしさはやっぱり格別。
他のアイドル・ユニットとのイベントでは、歌といい、ダンスといい、見た目の麗しさといい、なんつーか負けるわけねぇって気持ちになるんですよ。別に勝負じゃないけど。でもバンドとの対バンだと、なぜか大丈夫かな?って心配になる。実力を不安視してるというよりも、生演奏じゃないというある意味“ハンデ”があるだけに、4人の生身のパフォーマンス(って何かエロい表現だなw)だけに頼らざるを得ない部分があるわけでね。
そんな時、秋田の存在は大きいですわ。いつもおっきいけど、とりわけね。落ち着いた低音Voには安心を感じるし、ハイまで余裕をもって出せる音域の広さがあるから聴いてて気持ちいいし。


そんなこんなや、次の曲はなんだろ?と考えながら観てたら、あっという間に終わっちゃった。1時間くらいやったっけ?
う~ん、この後のチップスのステージでまた別のコラボがあるんだろうと分かってはいても、9曲じゃものたりん。アレもコレももっとくれ。
そうそう、ここでの解禁ニュースとして、ファンクラブ創設と4月のワンマン公演開催が発表されました!
むをおおおお!

<セットリスト>
1.Stormy Story
2.Let's Go RiderKick 2011
3.alteration
4.proud of you
5.咲いて
6.Perfect Game (with Ricky)
7.B.A.T.T.L.E G.A.M.E (with Ricky)
8.Just the Beginning
9.E-X-A (Exciting × Attitude)


RIDER CHIPS
「バトル」ということを意識してか、こちらは全て『仮面ライダー』シリーズの主題歌で固めたセトリでした。だったそうです。いくつかは耳にしたことがあったような気がしますが、管理人的にはほぼ未知の楽曲群。W-B-X ~W-Boiled Extreme~なんて知ってる曲のはずなのに、それと気づかなかったしな(笑)。

チップスのステージを観るに際してちょっと恐れていたことがあってですね、それはもしかしたら爆音なんじゃないかということ。
管理人のイメージとしては、ジャパメタ界隈で長年演奏してきたベテラン・バンド/ミュージシャンって、やたらでけぇ音で鳴らす傾向があるような気がするんですよ。
思うにそれはLOUDNESSOUTRAGEANTHEMSABER TIGER等の一部のバンドのせいで作られたイメージであり、もしかしたら自分の中の偏見かもしれないんですけど、そういう気持ちは確実にあるし、特にDrがうるさいのはすこぶる苦手。HR/HMを聴く人間であったとしてもね。

でもRIDER CHIPS、めちゃくちゃ心地良い音でした。WWWの音響の良さもあるでしょうけど、全楽器がクリアで聞き取りやすかったし、特定のパートが暴れ回ることもなくまとまっていた。パンチはあるけどうるさくないというかね。
この音作り、考えてみりゃ当然ともいうべき結果で、やってるのはテレビの主題歌ですから、そもそも歌を活かす演奏になっているはずなんですよね。それに曲自体はあんまりアグレッシヴじゃないってのもあります。ポップなロック。ざっくりとした音楽性でいえば、チップスよりもKRGSの方がよっぽどヘヴィで激しい、かつ曲によってはモダンでメタリックだったりしますし。

寺沢功一のBaがバンドをグイグイひっぱり、作曲家でありアレンジャーである渡部チェルのKeyが全体のサウンドをまとめあげる。Keyによる柔らかさや華やかさが要所々々でポイントとなっていますね。チェルちゃんはコーラスでも大活躍でした。
管理人が初めて聴くことになる、野村義男の(生)ギターは長々と弾くことこそないものの、ソロもカッティングも小気味いいのなんの。そして余裕たっぷり。
JOEはいつものJOE。忙しなく叩いてるのにクール。下から扇風機の風を浴びて、髪なびいてます。めっちゃなびいてます。

Ricky(Vo)の加入により、RIDER CHIPSは安定したラインナップになったしツアーができるようにもなったということで、彼はバンドの顔(看板二枚目だそうな by 野村ワル男)であるわけですけど、ファンからの歓声もRickyのものが最も大きかったです。というかほぼRicky。ソロ活動もやってるみたいだし、DASEIN時代からのファンもいるでしょうし。
KRGSとのコラボの時も感じたことですけど、彼は抑揚に乏しい歌メロをなぞると、途端に平坦な歌唱になりますね。ですが、ハマると強い。めちゃくちゃヒーロー物主題歌向きな良い声をしてますわ。声が太く存在感があるのに邪魔にならない。そして華やかで個性的。カッコつけなくても自然体にカッコイイという、歌唱だけじゃなくてフロントマンとしてもとても魅力的な人でした。

そして、KRGSのラジオにゲスト出演したときにも感じていたことですが、めちゃくちゃ“いいひと”。いいひとオーラがダダ漏れやんけ。野村ワル男に虐められたりGIRLSから「リッキーちゃん」「ラッキーちゃん」と弄られたりして、若干可哀想になりましたけど(笑)、ファンの人達からしたらそれが「お約束」みたいなものでしょうし、この構図は判官びいきな日本人の気質を刺激して、フロアを味方につけるにはめっちゃ有効でしたね。
ステージでの役割を心得てるというか、まぁ彼だけじゃなくてチップス・メンバー全員がそうでしょうけど、ファンを楽しませてナンボの人達のプロ意識を強く感じました。特にRickyと野村よっちゃんはさすが。つーか、よっちゃんの喋りクッソ面白いんですけど。
音楽的にも気持ち良かったけど、エンタメ的にも実に気持ちいいステージ。

総じてキャッチーで、楽しませる仕掛けを多く含んだ楽曲群でしたので、曲は知らなくても楽しめました。盛り上げ上手なRickyのおかげもあります。演奏がちょいちょい技巧をぶっ込んでくるのが、美味しいんですよね。楽器隊をもっと派手にフィーチャーしてくれても構わないんですけど、そういうのはワンマン公演でやってるのかもしれないなぁ、とも。

ウチのブログ的にイベント全体のハイライトはアンコール、チップス演奏によるKRGSのTime of Victoryでした。あぁーやっぱ生演奏イィッ! 音の躍動感が全然違うわ。チェルちゃん、演奏だけじゃなくてコーラスも参加してくれてて嬉しかったし。また、次のShiny daysで、マイクを置いてダンスに専念するGIRLSはキレキレだったし、なかなかレアなものを見せてもらいました。

仮面ライダー話/特撮話になると置いてきぼりになる管理人ですけど、そんなのは関係なく楽しめたイベントでした。チケ代はそこそこします(5,000円)けど、お釣りがくるくらい素晴らしいステージを魅せてもらいました。また一緒にやろう、もっと大きい会場で、次はツアーを周ろう、なんてワル男さんは仰ってましたので、今後の展開も期待しちょります。

<セットリスト>
01.ELEMENTS
02.Alive A life
03.Anything Goes!
04.Climax Jump
05.W-B-X ~W-Boiled Extreme~ (with 秋田知里)
06.Life is SHOW TIME (with 仮面ライダーGIRLS)
07.Switch On!
08.JUST LIVE MORE
09.SURPRISE-DRIVE

ENCORE
10.Time of Victory (仮面ライダーGIRLS、RIDER CHIPS生演奏)
11.Shiny days (with 仮面ライダーGIRLS)
12.情熱 ~We are Brothers~ (with 仮面ライダーGIRLS)


スポンサーサイト



COMMENT 0